個別銘柄の分析

すかいらーくHD(3197)株価分析|ブレイク狙いのチャンス場面です。

すかいらーくHD(3197)の株価分析

 

まずは結論から

▼すかいらーく株まとめ▼

・チャート〇

・指標△

・業績〇

・ブレイク狙いのチャンス場面

それでは詳しく見ていきましょう。

すかいらーくの基礎知識

事業内容

出典:すかいらーく

ファミレス最大手です。

▼運営店舗▼

・ガスト

・バーミヤン

・ジョナサン

・夢庵

・その他多数

どれも安い&美味しいお店ですよね。

個人的にはガスト&バーミヤン派です。

 

事業内容(セグメント)

レストラン:97%

その他:3%

すかいらーく≒飲食業と思ってOKです。

個人では運営が難しい事業分野ですね。

*ちなみに個人経営の飲食店は高確率で赤字化します。独立したい方は飲食やアパレルは避けましょう。

 

すかいらーくの株価分析(現状)

株価の推移(チャート)

10年チャート出典:Yahoo!ファイナンス

上場来最高値の2,000円を突破して続伸している場面です。

ブレイク狙いの投資家には絶好のチャンス到来ってカンジですね。

2年チャートで見ると様子がよく分かりますよ↓

 

2年チャート出典:Yahoo!ファイナンス

上値抵抗線(2,000円ライン)をブレイクしてから急伸していますね。

この状態は(チャート的には)絶好の仕掛けポイントです。

後はどれだけ伸びるかにかかっていますが、それには相場全体の地合い&すかいらーくの業績が関係してきます。

 

参考指標

株価:2,172円

PER:38.95倍

PBR:3.22倍

配当利回り:0.87%

自己資本比率:39.5%

ROE:8.94%

EPS:58.04円

*2019/12/15のデータ

・指標的には割高

PER、PBRは高水準なので(悪材料が出たときなど)株価急落のリスクは高めです。

・財務状態△

有利子負債が多いのが少し気になりますね。流動比率も低いので財務状況は△と判断しました。

また、ROEが少し低めですが飲食業なので仕方ない部分もありますね。

*ROEはお金の使い方を示す指標

 

売上高の推移

2015年:3,400億円

2016年:3,511億円

2017年:3,545億円

2018年:3,594億円

2019年:3,663億円

売り上げは順調に伸びています。

高齢化が進む中、この売り上げは素晴らしいです。

 

当期利益の推移

2015年:94億円

2016年:151億円

2017年:182億円

2018年:155億円

2019年:114億円

減益傾向

人件費やら株主優待やらで出費も多い状況ですからね・・。

なかなか増収増益とまではいかないみたいですね。

 

すかいらーくの株主優待

出典:すかいらーく

・100株以上:年間6,000円分

・300株以上:年間20,000円分

・500株以上:年間33,000円分

・1,000株以上:年間69,000円分

(権利月:6月末・12月末)

この優待は個人投資家にかなりの人気です。

1,000株以上保有していれば毎月5,750円分の食費もGETできますからね。

また、専用のアプリを入れておけばお得なクーポンが届きますよ。

すかいらーくアプリ

すかいらーくアプリ
開発元:SKYLARK CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

 

まとめ: すかいらーくの株価予想(今後)

投資長の見解

今がまさに買い時!

 

今後の見通し

地合い+チャート形が良いので仕掛けるチャンスといえます。

株価が続伸した場合は「売買差益+優待」のW狙いもできますね。