「買ったとたんに株価下落・・。」

「損切り続きで資金が溶けた・・。」

 

こんな経験ってありませんか?

 

・買ったら下がる

・売ったら上がる

 

実はこれって当たり前のことなんです。

JKミカJKミカ

どうして当たり前なの?

兵士長兵士長

株の値動きを思い出してみろ。

ご存知の通り、株は「上げたり下げたり」しながら進みます。

 

ありえない値動き

・一直線に上がる株

・一直線に下がる株

株価は必ず波打ち、その方向を当てることはできません。

*程度の差こそあれ、株価は上下動します。

 

ではどうすれば良いのか?

どうすれば株で勝てるのか?

 

それは、「上げても下げても良い状態」にすることです。

 

「はっ?そんなこと出来るの?」と思うかもしれません。

 

はじめは私も信じられませんでした。

「当て屋」のうちは勝てない

多くの負け組と同じように、初心者時代の私は「株の値動きを当てることに夢中」でした。

 

テクニカル分析の本を山のように買い漁り、ひたすら値動きを「予想する方法」を探していました。

JKミカJKミカ

普通じゃないの?

兵士長兵士長

予想屋ではいつまで経っても勝てないぞ。

うねり取りの使い手で株の大成功者である立花さんは著書の中で次のように言っています。

 

・「当て屋」から脱却せよ!

・「技術」を身につけよ!

*立花さんの著書↓

立花さんの言葉通り、私はどんなに学んでも株の値動きを正確に予想することはできませんでした。

 

当たる時もあればハズレる時もある

 

それはまるで天気予想のようにつかみどころのない感覚でした。

JKミカJKミカ

「つかみどころのない感覚」って?

兵士長兵士長

勝てる確信がないって意味だ。

値動きを「当てること」に意識がいっているうちに資金はどんどん減っていったのでした。

 

 

救世主との出会い

どれだけ予想する術を求めても負け続けた私を救ってくれたのは1冊の電子書籍でした↓

それが赤枠の「波乗り投資法」です。

 

しっかりしたPDF+動画解説がついてなんと1,000円という低価格。

 

はっきりいって最初はあまり当てにしていなかったのですが、内容を学んでみるとビックリでした。

 

「株価は予想するものではない。」

「上がっても下がっても勝てる。」

 

この教えは8割方本当でした。

*改善点は後述します

 

この教材で私は具体的な投資手法を学び、これまでの自分がいかに「思い込み」の中にいたのか思い知ったのでした。

 

 

救世主の教え

詳しい内容は本(とくに解説動画)を見たらすぐに分かりますが、ここではとくに重要なポイントを解説します。

 

①1つの銘柄を売買する

これは多くのプロがやっていることですが、取引銘柄を1つに絞ります。

 

本当のリスクヘッジとは複数銘柄に資金を分散することではなく、「1つの銘柄に資金を分散する」ことです。

JKミカJKミカ

1つの銘柄でどうやって分散投資するの?

兵士長兵士長

資金を分割投入する」って意味だ。

 

②資金を分割して売買する

初心者がよくやる「資金の一括投入」はリスクのコントロールが難しく、塩漬けor損切りに追い込まれやすい性質があります。

JKミカJKミカ

一括投入はダメなの?

兵士長兵士長

資金管理が難しいぞ。

高値で買いを入れてしまうと損切り以外に打つ手がなくなります↓

しかし、資金を分割して売買するだけで簡単に資金管理ができるのです↓

1打目がハズレてもまだ資金が残っていますから、2打目、3打目と買いを入れることができます。

JKミカJKミカ

1打目はどうするの?

兵士長兵士長

放置しておけばOKだ!

*資金を分割しているので、はじめから資金管理が出来ています。

2打目を入れると平均約定値が下がり、株価が上昇したら含み益が乗ります↓

JKミカJKミカ

「平均約定値が下がる」って?

兵士長兵士長

「買い値を下げる」ってことだ。

これは無計画なナンピンではなく、投資戦略なので何の問題もありません。

 

「予想は外れるもの」という前提で投資金を分割投入するのです。

 

平均約定値が下がるイメージ↓

*波乗り投資法では平均約定値のコントロールには言及していません。

平均約定値のコントロール方法(建玉操作)の詳細は株は技術だ、一生モノ!参照

 

③含み損は出たまま利益だけを確定

(普通の)投資書籍には次のように書いてあります。

 

「含み損はすぐ切り、利益は伸ばせ」

 

JKミカJKミカ

これが正解?

兵士長兵士長

実践できればいいが。

この「損小利大」の教えを実践するのはとてもムズカシイのが現実です。

*9割の人が負けているという現実より

 

しかし、この本には「含み損は放置して含み益を確定していけ」とあります。

 

一見、「そんなことしたら損が膨らむのでは?」と思うかもしれません。

 

でも、(実践してみると)実はこの方が理に適っていることがわかります。

兵士長兵士長

教材の教え通りにやってみれば分かるはずだ。

実際、含み損は放置しておけばいずれ消えてくれますし、そこまで拡大することはありません。

*資金も分割投入しています

 

さらには、うねり取りの技術(建玉操作)を使えば平均約定値を下げることも簡単です。

 

含み損は確定しなければ何の害もありません。

 

神経質に損切りせず、「放置」しておくのが正解です。

*この戦略では「放置」が正解という意味です。

新卒OL新卒OL

含み損は無視するんですか?

兵士長兵士長

無視ではなく、「コントロール」するんだ。

一方、含み益を放置しておくといずれ消えてしまいます。

 

本当は利益こそ、「こまめに」確定していくべきなのです。

波乗り投資法

・含み損はコントロール

・含み益をコツコツ確定

これが「予想しない投資法」の本質です。

 

 

改善ポイント

波乗り投資法を実践する中で発見した改善点」を紹介します。

 

改善点①:空売りはヘッジのみ

一番の改善ポイントは「空売り主体の攻めはしない」ことです。

 

空売りには6ヶ月の返済期限があるので、含み損を放置することができません。

 

ヘッジの空売りなら「現渡し」で対応できますが、空売りなら損切りになってしまいます。

 

この損切りによる負けは大きな損害となり、コツコツ積み上げた勝ちを吹き飛ばしてしまいます。

 

なので、空売り主体の攻めはせず、ヘッジ空売りのみで攻めることをオススメします。

 

改善点②:現物買いのみにするのも手

空売りはヘッジ売りのみに限定することに加え、買いも現物のみにすれば勝率が100%に近づきます。

 

 

まとめ

いずれにしても、株価の「予想」をしている内は勝てません。

 

・いかに早く株価は予想できないことに気付くか?

・予想が当たってもハズレても勝てる投資戦略を学ぶか?

 

株で勝つかどうかは投資戦略にかかっているということです。