「特定口座と一般口座の違いがよく分からない・・」

 

 

証券口座を開設する時に出てくるのが、「特定口座or一般口座を選択せよ!」という場面です。

 

ここで迷う人がいると思いますが、実は口座の種類は3つあります。

 

口座は3種類ある

・特定口座(源泉徴収あり)

・特定口座(源泉徴収なし)

・一般口座

 

それぞれの口座にはメリット・デメリットがあるので、適当に選んでしまうと、税金を余分に取られたり、確定申告が面倒になったりします。

 

3種類の口座の特徴、メリット・デメリットをしっかり理解して、あなたに最適な口座を選びましょう。

1番大きな違いとは?

株・投資信託で得た利益には税金がかかるので確定申告が必要ですが、どの口座を選ぶかは「税金の払い方」に最も大きく影響します。

 

 

つまり、どの口座を選んでいるかによって、「確定申告にかかる手間」「払う税金の金額」が違ってくるのです。

 

 

税金・確定申告に関する口座の違いをカンタンにまとめると次のようになります。

 

 

特定口座(源泉徴収あり)

・税金は利益から自動的に天引き

・確定申告しなくてよい

・利益にはすべて税金がかかる

*年間の利益が20万円以下でも税金が天引きされる

 

特定口座(源泉徴収なし)

・確定申告の書類(年間取引報告書)は証券会社が準備してくれる

・確定申告は自分でする必要あり

・利益に税金がかからないこともある

*年間の利益が20万円以下なら税金は不要

 

一般口座

・書類作成から確定申告まで全部自分でやる必要がある

・利益に税金がかからないこともある

*年間の利益が20万円以下なら税金は不要

 

 

株・投資信託で得た利益が年間20万円を超えた場合、確定申告して税金を払う必要があります。

 

そして、確定申告の時に必要なのが「年間取引報告書」なのです。

 

 

ちなみに、年間取引報告書の作成&確定申告を自分でするのは相当面倒です。

 

次のような資料を自分で作成するのはウンザリだと思います↓

出所:楽天証券

 

 

「じゃあ、証券会社が全部やってくれる特定口座(源泉徴収あり)を選べばいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

 

もちろんそれで良いのですが、多少なりとも損する場合があるので、その点も分かるように説明していきます。

 

 

特定口座(源泉徴収あり)

書類作成から確定申告までを証券会社がやってくれる特定口座(源泉徴収あり)はとても便利です。

 

投資家がすることは取引だけで、面倒な税金計算等は一切必要ありません。

 

 

・投資家はトレードに集中すればよい

・税金計算は一切不要

 

 

8割以上の人がこの口座を開設していますが、デメリットとしては払う必要のない税金まで払ってしまう場面が出てくることです。

 

 

特定口座(源泉徴収あり)のメリット・デメリットは次のようになります。

 

 

【特定口座(源泉徴収あり)のメリット】

特定口座(源泉徴収あり)最大のメリットは確定申告しなくてよいことです。

 

給料から税金が天引きされる源泉徴収と同じように、株で得た利益から税金が自動的に天引きされます。

 

 

もしも、その後で売却損が出た時には天引きされた税金から「還付」という形でお金が戻ってきます。

*還付も自動で行われる

 

このように、税金の出し入れが自動的に行われるので、投資家は取引に集中していれば良いというわけです。

 

 

【特定口座(源泉徴収あり)のデメリット】

特定口座(源泉徴収あり)の場合、譲渡益が20万以下のときは税金を払いすぎてしまうというデメリットがあります。

 

 

サラリーマンなどの給与所得者は株の利益が年間20万円以下であれば確定申告が不要です。

 

しかし、特定口座(源泉徴収あり)だと払わなくて良い税金まで自動的に天引きされてしまいます。

 

 

例えば10万円の利益を上げたら、本来は税金を納める必要はありませんが、自動的に2万円程の税金を払ってしまうのです。

 

少額運用の人などで年間の利益が20万円を超えない人にはデメリットとなります。

 

 

特定口座(源泉徴収なし)

この口座の場合、年間取引報告書は証券会社が作ってくれますが、源泉徴収がないため自分で確定申告しなければなりません。

 

ただし、年間の利益が20万円以下の場合は確定申告が不要なので、ムダな税金を払わなくて良いというメリットがあります。

 

 

【特定口座(源泉徴収なし)のメリット】

年間20万円以下の利益の場合、確定申告が不要なので税金を払わなくて良いことがメリットです。

 

少額で運用していて、年間の利益が20万円以下の人にはおすすめの口座です。

 

ただし、確定申告しなくて良いのは所得税だけであり、住民税の申告&納税は必要なので、多少面倒ではあります。

 

 

【特定口座(源泉徴収なし)のデメリット】

利益が年間20万円を超えてしまうと自分で確定申告することが必要です。

 

特定口座(源泉徴収あり)と比較して「確定申告の手間」がデメリットとなります。

 

 

一般口座

一般口座は自分で年間取引報告書を作成して確定申告まで行うことが必要です。

 

年間の利益が20万円以下であれば確定申告は不要ですが、年間取引報告書も自分で作る必要があります。

*未公開株を扱う場合には一般口座が必要

 

基本的に一般口座を作るメリットはあまりないので、特別な理由がない限りは特定口座を開設することをオススメします。

 

 

どれを開設すればよいのか?

「で、結局どの口座を開設すれば良いの?」と思っている方へのアドバイスは次のようになります。

 

 

・取引に集中して、税金関係の面倒な処理は証券会社におまかせしたい人

特定口座(源泉徴収あり)

 

・少額での運用で、ムダな税金は1円も払いたくない

特定口座(源泉徴収なし)

 

・国債・社債・未公開株を扱う予定がある

一般口座

 

 

3種類の口座の特徴をしっかりと理解して、あなたの目的に最適な口座を選びましょう。