当サイトでは株式投資で資産を作る方法」を解説しています。

 

資産とは不労所得を生み出してくれる「金のなる木」のことです。

JKミカJKミカ

お金がなる木を持っていたら働かなくても暮らしていけるってこと?

兵士長兵士長

その通り!そのような暮らしを悠々自適(ゆうゆうじてき)と表現する。

資産を所有すれば、あなたには労働以外の収入源ができます。

そして資産からの収入が大きくなれば、文字通り「働かなくても暮らしていける」ということです。

 

資産を持つ人のことを「資産家」と呼びますが、資産家は多くの資産を所有することで労働から解放され、自由な生活を送っているのです。

資産は不労所得を生み出してくれますから、何らかの資産を持てば、あなた自身が働かなくてもお金が増えていきます。

 

つまり、経済的自由を獲得するためには「資産」を持つことが必要不可欠なのです。

JKミカJKミカ

うちは資産家じゃないからお金持ちになるのは無理なの?

兵士長兵士長

資産作りに家柄は関係ないぞ!

このように聞くと、「でも私の家は資産家じゃないから、資産をもつことなんてムリなのでは?」と思う人がいるかもしれません。

 

しかし、資産を育てる力は「家柄」で決まるものではありません。

 

たとえ今は何も持っていなくても、あなたも「資産」を育てることができるのです!

 

では、どうすれば資産を持つことができるのでしょうか?

 

 

資産を作り出すために必要なものは、「お金を自分のために働かせる力」です。

*詳しくは次の名著参照↓

お金のために働くのではなく、「お金を自分のために働かせる」ことができれば資産を育てることができます。

 

 

そしてその結果、資産があなたに経済的自由をもたらしてくれるのです。

名著には詳しい方法論までは書いてありませんが、株式投資で確実に資産を作る、つまりお金を自分のために働かせる方法があります。

 

 

約3年の修業期間と300万円の授業料を支払って完成した投資手法が、これから株式投資で資産を作るあなたの参考になればと思い、当サイトにて詳しく解説しています。

AボーイAボーイ

兵長の投資手法を教えてくれるの?

兵士長兵士長

手法の前にまずは株式投資の全体像をつかむことが大切だ!

具体的な投資戦略の前に、まずは株式投資の全体像を理解しましょう。

まずはじめに「資産作りの場所として株式相場が最適である3つの理由」から説明していきます。

株式投資で資産を作る理由

資産作りの土壌として最適な場所が株式相場」です。

JKミカJKミカ

どうして株式投資で資産を作るの?

兵士長兵士長

相場には初心者に最高の環境が整っている。

経済的自由を獲得するためには不労所得を生み出す「資産」を形成することが必要ですが、資産には株式以外にも様々なものがあります。

AボーイAボーイ

不動産も資産だよね?

兵士長兵士長

その通りだ。

 

では、なぜ資産作りに株式投資が最適なのか?

 

 

その理由は次の3つに集約されます。

株式相場で資産を育てる3つの理由

①少額の資金で開始できる

②リスクコントロールが簡単

③ネット上で完結するので手間いらず

JKミカJKミカ

よく分からないわ・・

兵士長兵士長

これから説明していくぞ。

株式相場で資産を育てる理由について、もう少し詳しく説明します。

 

 

【株式相場で資産を育てる理由①】

少額の資金で開始できる

資産作りに最も大切なのは、正しい知識に加え、あなたの投資家としての経験値です。

 

資産作りは運まかせのギャンブルゲームとは違うため、「投資家自身の成長」が必要になるのです。

 

 

そして、あなた自身が成長するためにはある程度の時間がかかります。

*すぐに大金を手にできるのはギャンブルの特徴ですが、そのお金はいずれ消えてしまいます。

 

 

ちなみに、株式投資で100%勝てるようになるまでに私が辿った道のりは次のようになります。

【従順な奴隷:アリ】

アリの特徴

・年収500万円

・休みがない

・せっせと働いてもコツコツ貯まらない

・疲れが取れない

・朝がつらい

・仕事に行きたくない

・パワハラを受ける

 

まじめに勉強ばかりしていた私は気が付けばアリになっていました。

AボーイAボーイ

兵長はアリだったの?

兵士長兵士長

アリのように働いていたという意味だ。

自由な時間がなく家と職場を往復するだけの日々で、朝から晩まで働いている状態です。

 

 

働きアリだった私がいつも考えていたことがあります。

 

「いつまで働かなければならないんだ・・・」

「この生活の先に未来はあるのか?」

 

 

アリはいくら働いてもお金が貯まらず、労働地獄が続くステージです。

*法律は労働者に厳しい設定になっています。

 

 

しかし、資本主義社会のアリがせっせと働いてもいっこうにお金が貯まらない本当の原因は、お金の使い方が分かっていないから」です。

お金は稼ぎ方以上に「使い方」が重要です。

 

つまり、資産構築のためにお金が使えるようになれば、この状況を打開し運命を変えることができるのです。

 

要は、「資産家になるための行動」が取れるかどうかにかかっています。

AボーイAボーイ

つまり、「金のなる木」を育てろってことだよね?

兵士長兵士長

そういうことだな。

経済的自由を獲得するためには資産を持つことが必要であることに気付けば次の段階に移ることができます。

 

 

【反抗期:ヒヨコ】

ヒヨコの特徴

・副業を始める

・会社を辞めるため独立を夢見る

・宝くじで自由を夢見る

・資産運用を始める

・お金について学び始める

・FXに興味をもつ

・バイナリーオプションを始める

・情報商材を買いまくる

・ノウハウコレクターになる

 

 

以上のことは反抗期の私が取った行動です。

 

奴隷から抜け出すためには資産を所有することが必要であると認識しつつも、目先の利益に踊らされている状態です。

 

 

資産運用を開始したものの、我流で何となく行動するため全く結果が出ません。

 

 

投資で勝つためには正しい知識が必要だと理解はしているのですが、何が正解なのか分からないためシロサギの言う事を何でも信じてついていきます↓

*恥ずかしながら、数えきれないほどのシロサギ被害にあっています。

 

 

 

その結果↓

 

 

 

【気付いたら:カモ】

数百万~数千万レベルの損失を出し、我に返ります。

*私の場合は約300万円の損失でした。

 

しかし、この頃になると自分で考え始めます。

 

本やセミナーなどが全く当てにならないことを痛感し、自ら考え始めるのです。

 

 

「勝ち続けるためにはどうすればいい?」

 

 

そして、本気で考え、実践を繰り返すことでマネーリテラシーが向上していきます。

*マネーリテラシーとはお金を使う能力のことです。

 

 

【自分で飛べるかも?】

強力な手法を知り、蓄積された長年の失敗経験から相場で有利な行動が取れるようになり、ベテラン化している自分に気づきます。

 

この段階ではまだ大きな利益は出せないものの、負けることがなくなります。

 

 

資本金の減少が停止し、高い再現性をもって利益を積み上げることができる自分に気づきます。

 

また、感情に振り回されることがなくなり、理詰めで行動できるようにもなっています。

 

 

そして、資産を作るために必要なことを完全に理解し、行動できるようになると↓

 

 

【投資家】

投資家の特徴

・マネーリテラシーが高い

・株式投資で資産が作り出せる

・株式投資の勝率100%

・積み上げてきた失敗が本当の財産

 

 

この段階まで来ればあなたも株式投資のプロになっています。

 

私は勝率が100%になるまでに3年かかりましたが、全くの初心者であっても正しい方法で投資すれば最短でプロの投資家になることができます。

 

 

株式投資の「目的」とそのための「手段」を身に付ければ簡単に勝ち組に入れるのです。

 

 

したがって、本当に資産形成を目指すのであれば今すぐにでも経験を積むべきなのです。

 

ただこの時に問題なのが、投資資金が少ないこと。

 

元手がなければ経験を積むことができず、いつまで経っても経験値0のままです。

AボーイAボーイ

たしかに経験を積まないと成長しないよね。

兵士長兵士長

実際にお金を扱う訓練が必要になる。

しかし、株式投資ならこの状況を簡単に打開することができます。

 

証券口座を開設して少額の資金を投入すれば準備はOKです。

*大金を持っていても、少額から始める方が良い。

 

後は当サイトで紹介している貯蓄型投資法に従って、資産銘柄を購入すればすぐにでも経験を積むことができます。

不動産その他の投資に比べ、少額の資金で素早く開始できることが株式投資のメリットです。

 

 

そして、たとえ少額でも実際に株式を保有することであなたの意識は確実に変わります。

 

株式投資についての情報を集めて勉強するようになると同時に、相場での出来事も他人事ではなく、あなた自身のこととして経験することができます。

 

 

つまり、まずは実際に行動することが大切なのであり、一歩を踏み出さない限り何も変わりません。

*これは株式投資だけに限ったことではありませんが。

 

 

そして強力な手法に従って投資すれば、資産作りを開始できるだけでなく、本当の財産となる「経験」を積むこともできます。

 

まずは株式相場に関わり、たとえ少額の資金量でもあなたが「投資家」となることが大切なのです。

JKミカJKミカ

つまり、まずは実践経験を積めってことね?

兵士長兵士長

そういうことだ!株式投資は運だけで勝ち続けることはできないからな。

 

 

【株式相場で資産を育てる理由②】

リスクコントロールが簡単

投資をギャンブルと勘違いしている人は多いですが、投資やビジネスとは「どれだけ儲かるか?」ではなく、「どれだけのリスクをとるか?」が大切です。

 

つまり投資の本質はリスクをコントロールするところにあります。

兵士長兵士長

強い投資家はリスクコントロールがとても上手いぞ。

不労所得の代表格である不動産投資は始めるのに大きな資金が必要であることに加え、リスクのコントロールが難しいことがネックです。

 

 

フルローンを組んで不動産投資をする人がいますが、これはあまりに危険な賭けと言っても過言ではありません。

それは投資の本質であるリスクがコントロールできない状態を自ら作り出す行為だからです。

 

 

ローンとは借金であり、購入した不動産が空室その他のリスクに直面し、キャッシュフローがショートしてしまうとゲームオーバーになります。

 

実際にこのような事態に直面する人もいますが、それは投資の本質であるリスクコントロールができていなかったからです。

AボーイAボーイ

レバレッジの掛け過ぎってやつだよね?

兵士長兵士長

上手くいかなかった場合のリスクを考えることが大切だ。

対する株式投資にも当然リスクはあります。

 

 

資産構築に特化した投資手法を用いればほぼ絶対に勝てますが、投資先企業に倒産orそれに準ずる自体が発生すればアウトです。

*ただし、投資先は日本経済を支えている超大型クラスの企業です。

JKミカJKミカ

投資先の企業が潰れたら借金になってしまうの?

兵士長兵士長

余力内の投資であればその心配はない。

経営基盤の安定した超大型企業の倒産確率はほぼ0ですが、「万が一」が発生した場合でも株式投資は有限責任という特徴をもっています。

AボーイAボーイ

有限責任って何?

兵士長兵士長

損するのは投資した額までってことだ。

余剰資金による投資でリスク量をコントロールすれば借金になる心配もありません。

*借金は複利がマイナスに作用する「負債」の代表格

 

 

不動産経営で取るリスクに比べ、リスクがコントロールしやすいことに加え、株式投資にはほぼ絶対に勝てる手法が存在します。

 

 

しかし、ほとんどの人はこの手法の存在を知らず、「何となく」投資しているのが現状です。

兵士長兵士長

繰り返すが、投資は運だけで勝ち続けることはできない。

多くの人は投資の目的も定まらないまま相場に資金を投げ込んで、ギャンブルゲームをしている状態にあるのです。

さらには損切りは良い事だと勘違いしているばかりか、感情の虜になって支離滅裂な投資行動を取っています。

*投資の目的および投資戦略が明確でない状態では何がしたいのか分からないような行動になってしまいます。

兵士長兵士長

ギャンブルの勝敗を握っているのは「運」だ。

「資産作りvsギャンブルゲーム」ではそもそもやっていることが違います。

 

これは言ってみれば、株式相場という同じフィールドで違うゲーム(堅実な資産運用vs運任せのギャンブルゲーム)を行っている状態です。

 

 

ギャンブルゲーマーを相手に資産作りができることは株式投資の大きな魅力です。

 

 

【株式相場で資産を育てる理由③】

ネット上で完結するので手間がかからない

投資初心者の中には、本業が忙しくてあまり時間がない!」という人もいるでしょう。

 

 

不動産投資なら、経営方法の学習時間に加え、実際に物件を見に行く時間も必要になります。

 

高い手数料を要する手続きもあり、キャッシュフローについての知識も必要になります。

 

 

しかし、株式投資であれば面倒な手続きはほとんどなく、全てをネット上で完結できます。

*ネット証券は手数料も安い

時間や場所を制限されることなく資産作りできることも株式投資の魅力です。

 

 

 

以上、株式相場で資産作りを行う理由をまとめると次の3点でした。

①少額の資金で開始できる

②リスクコントロールが簡単

③ネット上で完結するので手間いらずがかからない

JKミカJKミカ

なるほど、そういうことね!

兵士長兵士長

理解できたようだな。

このような理由から、初心者が資産作りを開始するのであれば株式投資が最適といえます。

 

 

実際に株式を保有して相場と関わることが第一ステップなので、まだ証券口座を持っていないのであればまずは口座開設からはじめましょう。

【おすすめの証券会社】

SBI証券

*取引きツールの見やすさ・使いやすさで選ぶならSBI証券

 

GMOクリック証券

*手数料の安さで選ぶならGMOクリック証券

 

また、実際に資金を投入する前に投資目的」を明確に定め、目的達成のための投資戦略」を明確にしておくことが必要です。

 

 

当サイトの投資目的は資産の形成」

 

投資戦略は資産構築に特化した貯蓄型投資法」です。 

*貯蓄型投資法の詳細は後述。

 

 

株式投資の始め方|初心者でもできる資産の育て方!

では早速、「株式投資で資産を作る方法」について説明しましょう。

 

実は、ここで紹介する方法は多くの勝ち組投資家が実践してきたことなのです。

 

そして、あなたにそのような資産構築法をお伝えする最大の理由は「実績が証明済み」だからです。

新卒OL新卒OL

まずは成功者から学べってことですね?

兵士長兵士長

その通り。我流ではなく「実績ある方法」を身に付けるんだ。

つまり、成功に辿り着く1番確実な方法は「実際に成功している先人の辿った道のりを歩くこと」なのです。

 

 

投資初心者にとって株式相場は壁外(未知の領域)にあたります。

 

よくわからない未開の地を地図やコンパスを持たずに歩くと高確率で遭難してしまいます。

 

 

明確な目的地も分からないまま、樹海をさまよい続けても「成功」へは到達しないのです。

具体的な行動指針もなく相場に迷い込んだら最後。

手持ちの資金は消えてなくなります。

 

 

しかし、もう何人もの先人が通った道順を辿るだけなら誰でもできます。

あなたが歩くべき道は「道なき道」ではなく、「確実に成功へ辿り着ける道」なのです。

 

これからお伝えする5Stepは成功した個人投資家が何人も通ってきた「成功への地図」です。

窓際係長窓際係長

地図を辿るだけなら簡単そうですね。

兵士長兵士長

成功への最短経路を行くぞ。

もしあなたが初心者で、成功への道順が分からなくても、この地図があれば「成功」という目的地に辿り着くことができます。

 

意外と知られていないその内容について、これから詳しく解説させていただきましょう。

 

 

資産を育てる道順(5Step)

まずは株式投資で資産を作るための流れを解説していきます。

 

カンタンにその流れを紹介すると、次の5Stepです。

 

資産構築の流れ

Step1.株式投資を深く知る

Step2.証券口座を作る

Step3.投資手法を身に付ける

Step4.損益記録をつける

Step5.利益率を伸ばす

株式投資を始めるなら、そもそも株式投資の仕組みを深く知る必要があります。

 

その後、証券口座を作って、投資手法を身に付け、株を買っていきます。

この時に必ず投資記録を付けて、資産の増減をチェックします。

 

あとは投資に役立つ「知識」を身に付けて、利益率をUPしていく流れです。

新卒OL新卒OL

この流れはイメージしやすいですね。

この流れで実践していくのが、株式投資で資産を作るための最短ルートだと言えるでしょう。

 

 

スマホ1台あればOK!

JKミカJKミカ

ところで、私はスマホしか持ってないけど大丈夫かな?

兵士長兵士長

スマホが1台あれば十分勝てるぞ。

 

「スマホしか持ってないけど大丈夫かな?」

 

このように思う人がいるかもしれません。

 

というのも、株式投資に対する次図のようなイメージが先行しているからです。

モニターを何台も並べて、1日中パソコン画面に張り付いているデイトレーダー。

 

投資をよく知らない初心者であれば、「こんな人に勝てるの?」と思うかもしれません。

 

 

しかし、この人がしているのはデイトレ・スキャルピングなどの「マネーゲーム」です。

 

マネーゲームとは、一瞬のチャンスを狙い撃ちするスナイパー同士の駆け引きです。

 

 

でも、心配は無用!

 

 

なぜならこのブログで紹介するのはデイトレではなく「資産運用」ですから、あなたがデイトレーダーと戦うことはありません。

窓際係長窓際係長

戦わなくて済むのですか?

兵士長兵士長

時間軸が違うから大丈夫だ。

あなたは自分のペースで安全・確実に「資産」を育てれば良いのです。

 

 

つまり、スマホが1台あれば、あなたはプロの投資家として資産を育てることができるのです!

 

 

 

【Step1】株式投資で稼ぐ方法・仕組みは?

では早速、株式投資で資産を作るための5Stepを実践していきましょう。

 

まずはStep1として、「株式投資の仕組みと稼ぎ方」を知ることから始めます。

 

 

株式投資の仕組み

JKミカJKミカ

株を買ったらなんで儲かるの?

兵士長兵士長

株で儲ける方法は主に2つある。

そもそも株を買ったらどうして儲かるのでしょうか?

 

まずは、株を売買すると儲かる仕組みを理解しましょう。

 

 

株で儲かる仕組みは主に次の2つです。

 

①売買差益(キャピタルゲイン)

②配当金(インカムゲイン)

 

それぞれの稼ぎ方について説明していきます。

 

 

①売買差益

売買差益とは分かりやすくいうと「値上がり益」のこと。

 

つまり、安く買った株を高く売ることで出る儲けのことです。

例えば10万円で買った株を100万円で売ると、90万円の儲けが出ますよね。

 

この90万円が売買差益(儲け)というわけです。

 

安く仕入れて高く売るのはビジネスの基本なので、この仕組みはとても分かりやすいと思います。

 

 

 

②配当金

配当金とは現物株をもっている株主がもらえるお金のことです。

 

企業は株主へのお礼として年に1~2回、配当金という名前のお金を還元します。

 

例えば日産自動車(7201)の現物株を40万円ほど持っていると、次のように配当金がもらえます。

 

その額は約8,000円

 

 

この金額を多いと思うか少ないと思うかは人それぞれあると思いますが、40万円を銀行に預けていても利息は100円もつきません。

AボーイAボーイ

超低金利って言うんでしょ?

兵士長兵士長

ゼロ金利に近い状態だ。

しかし、株式の形にしておくと8,000円以上もお金が増えるのです!

 

その差、実に80倍以上。

 

銀行の金利と比べると配当金パワーの威力がよくわかりますよね。

 

 

ちなみに、どれくらいの配当金がもらえるかは投資先の企業によって様々です。

 

投資先の配当利回りを知るためには、「〇〇(企業名) 配当金」で検索すれば一発です。

 

配当金ランキングもあるので参考までにどうぞ↓

Yahooファイナンスの配当金ランキング

 

 

 

株式投資で稼ぐためには?

上で説明したように、株で儲ける方法は2つです。

 

つまり、あなたは次の2つの方法を実践して資産を作っていきます。

 

 

①安く買って高く売る

(売買差益狙い)

 

②現物株を保有して配当金をもらう

(配当金狙い)

 

 

いずれの方法でも稼げるのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

【株で儲ける方法①】

安く買って高く売る(売買差益狙い)

【メリット】

売買差益のメリットは短期間で大きな利益を上げることができる点です。

 

ではどれくらい儲かるのか?

 

確実に「これだけ!」ということはできませんが、1週間で10%以上の値上がりは普通に起きます。

 

たとえば、コレ↓

1週間程前に仕込んで放置していた株が8%ほど値上がりしていました。

 

もちろん何でもないところに適当に投資したわけではありませんが、18万円くらい投資しておけば、1週間で1万円以上の儲けが出るのです。

AボーイAボーイ

じゃあ、180万投資したら10万儲かるってことだよね?

兵士長兵士長

そういうことだな。

当然、投資額が大きくなればその分儲けも大きくなります。

 

 

このような「売買差益」を狙う場合はチャンスとなる瞬間があるので、上手く売買タイミングをとれば短期間で大きな儲けを得られます。

 

 

チャンスのタイミングをとるための数値群であるテクニカル指標の使い方については、「Step5:テクニカル分析一覧」の中で詳しく解説しています。

 

 

【デメリット】

売買差益を狙った投資のデメリットは何といっても「値下がりリスク」

 

つまり、買った株の値段が安くなってしまうことです。

AボーイAボーイ

儲かる反面、リスクもあるってことだね。

兵士長兵士長

その通り。

そして、株価が下がると「含み損」を抱えることになります。

 

たとえば10万円で買った株が半額になると5万円の「含み損」を抱えることになります。

 

 

含み損とは次のように、「仕入れ値からどれだけ値段が下がったか?」を表しています↓

479,200円で買った株が値下がりして、451,000円になると、上図赤丸のように、差し引き28,200円の含み損が出ています。

 

 

ただ、含み損はあくまで「その時点での潜在的な損」を表しているだけで、決済しない限り損失にはなりません。

 

 

しかし、多くの人はこの「含み損」への対処法を誤ってしまい、投資で損失を出してしまいます。

AボーイAボーイ

含み損は早く損切りすればいいんでしょ?

兵士長兵士長

それは半分正解だが半分は間違っている。

では、含み損はどのように扱えば良いのか?

 

その方法については「Step3:投資手法を公開!」で詳しく解説しています。

 

 

【株で儲ける方法②】

現物株を保有して、配当金をもらう(配当金狙い)

【メリット】

配当金はどのようにすればもらえるのか?

 

それは、「ただ現物株を持っているだけ」です。

 

つまり、優良企業の株を「ただ持っているだけ」でお金がもらえるのです。

配当金狙いのメリットはまさにココ。

 

株をもっているだけで不労所得を手にすることができるところです。

 

 

当ブログで目指している「経済的自由」とは不労所得を生み出してくれる「資産」の構築にあります。

極端な話、利回り5%の株式を1億円分保有したら年収500万円が「何もしなくても」Getできます。

 

あなた自身が働かなくても「資産」がお金を生み出してくれるので、あなたは自由な時間もGetできます。

JKミカJKミカ

遊んでてもお金が増えるってことね?

兵士長兵士長

株が資産になる理由はここにある。

つまり、配当金(不労所得)のメリットはあなたに経済的自由を与えてくれるところにあります。

 

 

【デメリット】

配当金狙いのデメリットは資金効率が低いことです。

 

安く買って高く売る「売買差益」の投資なら、1週間で10%増えることは普通ですが、配当金は年間で3%ほど増えるだけです。

兵士長兵士長

配当金だけで暮らすためには大きな元本が必要だ。

銀行預金の金利に比べれば少なくとも10倍以上はお得ですが、配当金は短期間で大儲けを狙うものではありません。

 

当ブログでいう「カメのような戦法」とは、実はこの「資産」を育てるために必要となるのです。

 

 

【Step2】証券口座を開設する

ここでは実際に株を買うための準備を行います。

JKミカJKミカ

株ってどこで買うんだっけ?

兵士長兵士長

株は証券会社から仕入れることになる。

 

株を買うためには「証券口座」が必要になります。

 

 

「証券口座って何?」と思うかもしれませんので、まずは証券口座の説明から。

 

 

証券口座を分かりやすく説明すると次のようになります↓

 

・銀行にお金を預けるために必要なのが「銀行口座」

・証券会社にお金を預けるために必要なのが「証券口座」

 

 

いかがでしょう?

銀行口座の証券会社版だと思ってもらえたらOKです。

 

 

では、なぜ証券口座が必要なのでしょうか?

 

 

株取引をする時に証券口座が必要な理由をカンタンに説明します。

 

 

 

【証券口座が必要な理由】

企業の株式は、「証券取引所」に上場されています。

しかし、あなたは証券取引所から直接株を買うことはできません。

 

 

ではどうすれば株を買うことができるのか?

 

 

その時に登場するのが「証券会社」です。

 

 

投資家は証券取引所から株を買えないため、証券業協会に加盟している「証券会社」に売買の仲介をしてもらう必要があるのです↓

 

 

つまり、あなたは証券会社を通して株を買うことになります。

 

その時、株を買うために必要なお金を預けておくのが「証券口座」なのです。

 

 

また、あなたが持っている株を売った時にもらえるお金は証券口座に振り込まれます。

 

さらには、あなたの持っている現物株が生み出してくれる配当金も証券口座に振り込まれるのです。

 

このように、証券会社はあなたの投資生活を仲介してくれる存在なのです。

ですから、株を買うためにはまず証券会社に口座を持つことが必要となるわけです。

 

 

ちなみに証券会社の選び方で悩む人がいますが、あなたと証券会社(サービスや取引ツール)の相性は実際に使ってみなければ分かりません。

 

 

口座開設は無料なので、まずは口座を開設して実際に使ってみることが最も実践的な方法になります。

 

 

私は何社も口座を持っていますが、特にオススメなのが以下の2社です。

 

SBI証券

最大手の証券会社でありメイン口座として使っています。

取引ツールの見やすさ・使いやすさで選ぶならここで決まり!

**初心者が投資経験を積むために最適な単元未満株も取り扱っています。

 

 

GMOクリック証券

口座開設後の3ヶ月は手数料が無料のキャンペーン中。手数料の安さで選ぶならここで決まり!

**キャンペーン期間はご確認ください。

 

 

口座開設には申込みから1週間ほど時間がかかるので、まだ1つも証券口座を持っていない人は早めに申し込みをしておきましょう。

 

 

口座開設の手続きができたら、次はいよいよ投資手法を身に付ける段階です。

 

 

【Step3】投資手法を身に付ける

ここまでで株を買う準備はできましたが、投資戦略がない状態で株を買うことはおすすめできません。

 

その理由は、株式投資は出たとこ勝負のバクチではないからです。

 

 

勘やセンスではなく、ほぼ絶対に勝てる「ロジック」に従って投資行動をとることが必要になります。

 

 

そのため、ここからは他の相場参加者と差別化するためにも、絶対に負けない投資戦略を身に付けていきましょう!

そもそも、投資とは戦略をベースにして行う「作業」です。

 

ですから強い戦略をベースに売買すれば基本的に資金は減りませんが、何も考えずに「何となく」株を買うと高い確率で負けてしまいます。

 

 

ただし、実現できないような「机上の空論」を投資戦略とは呼びません↓

「1日で資金を2倍に増やしたい!」

「投資資金の全力BETで大儲けを狙いたい!」

 

 

このような発想で相場に臨むと高確率で資金は減少します。

 

一時的に増えることがあっても、長い目でみれば確実にお金は減ってしまいます。

その理由はロジックが「机上の空論」だったからです。

 

 

では、どのような「ロジック」なら、投資戦略として機能するのか?

 

 

実はこの問いに対する明確な答えは存在しません。

 

投資戦略が機能するかどうかは「投資家の能力&投資家と戦略との相性」によって決まってくるからです。

 

 

「どういう意味?」と思うかもしれませんので、まずはここを説明しておきます。

 

 

たとえば、モニターを5台くらい並べて1日中パソコンに張り付いているBNFさんという人がいます。

 

この人はテクニカル分析その他の指標を観察しながら、最も効率が良い株へと自由自在に資金を移動させていきます。

 

6年後、彼は160万円の元手を7,500倍の120億円にしました。

 

 

彼の投資手法は一部ネット上に公開されていますが、この戦略を普通の人が使うのはムリです。

 

判断力・精神力などあらゆる要素を兼ね備えている天才だけが使いこなせる戦略だからです。

 

 

そして、能力が足りない私のような凡人が彼のマネをするとどうなるか?

 

 

資金が減るのです。

 

つまり、投資資金の減少は投資戦略がうまく機能していないことを表しています。

 

 

続くStep4では売買記録をつけて、投資資金の増減を把握するように説いていますが、これは「投資戦略があなたとマッチしているか?」を確認するためでもあります。

 

 

資金が減少を続けるようだと、何かおかしなことをしているので問題点を改善することが必要なのです。

 

 

さて、では話を投資戦略に戻しましょう。

 

当ブログで解説している投資戦略は私のような凡人でも使えて、資産を構築する上ではこれ以上ないものだと自負しています。

 

 

しかし、その手法があなたにも完璧に合致するかどうかは分かりません。

 

 

ここで紹介している考え方や手法はあくまで私の性格やライフスタイルに合ったものです。

 

ですから、あくまで「このような考え方もあるのか!」ぐらいに受け取ってもらえれば幸いです。

 

 

資産構築の具体的な考え方&投資手法は、「Step3:投資手法を公開!」で解説しています。

 

 

 

【Step4】損益記録をつける

投資戦略が明確になったら実際に株を買っていくのですが、その前に忘れてはいけない重要事項があります。

 

それは「売買記録を付けること」です。

 

 

実はこの売買記録、あなたが思っている以上に重要です。

 

 

「いちいち記録をつけるのは面倒だよ・・・」

「資産推移だけ見とけばいいんじゃないの?」

 

このように考えて記録をつけない人も多いはずです。

 

 

しかし、この世で「プロ」と呼ばれる人たちは全員何らかの記録を付けています。

 

 

では、なぜ記録を付けなければならないのか?

 

その理由は、記録がなかったら「自分が何を考えてどんな行動をしたのか」が分からないからです。

 

 

先程もお伝えしましたが、投資とはバクチではなく「理論」です。

 

 

ですから、「何時何分に何円でどの銘柄をなぜ買ったのか、もしくは売ったのか?」

 

この問いに答える必要があります。

 

そうでなければ、結局は「何となくのトレード」を繰り返すことになってしまうのです。

 

 

これは例えるなら、テストの答え合わせをしない受験生。

テストは正解したところより、間違った問題が大切。

 

というか、間違った問題はお宝です。

 

なぜなのか?

 

その理由は、自分の弱点を知ることができるから。

 

そして、自分の弱点が分かれば行動を修正できるからです。

 

 

テストを受けることで自分が分かっていないところ、つまり弱点を発見することができます。

 

しかし、その「弱点」を振り返らなければ成長できません。

 

何度も同じようなミスを連発し続けることになってしまいます。

 

 

これは株式投資でも同じです。

 

ミストレードを振り返らない人は成長できません。

 

株で大成功した歴代の個人投資家も例外なくミスをしています。

 

むしろ、利益は出せても完璧なトレードができることはほとんどありません。

 

時にはミスることもありますし、タイミングを間違えることもあります。

 

 

しかし、それを記録に残しておけば自分のミスを振り返ることができるのです。

「〇〇という思い込みで××という銘柄を買ってしまった。次からは・・・」

「この時は△△という理由からここで売ってしまった。次からは・・・」

 

 

記録とは宝です。

 

記録があれば、たとえミスってしまってもその失敗を糧にして成長することができます。

 

 

これは何事も同じです。

 

はじめは上手くいかないかもしれませんが、その足跡を必ず記録に残しておきましょう。

 

記録は確実にあなたを成長させてくれますよ。

 

 

 

というわけで、以下、投資記録の付け方について解説します。

いくつかあるので、あなたの好きな方法でOKです!

 

 

【投資記録の付け方①】

売買ノート

まず、記録の典型として「売買ノート」があります。

 

アナログ的な方法ではありますが、実際に手で触れることのできる紙媒体はおすすめです。

 

 

「でも、売買ノートってどんな感じで書けばいいの?」と思うかもしれません。

 

ノートのイメージがつかめない場合は次の画像を参考にしてみましょう↓

出所:Yahooの画像検索「株 ノート」

 

 

色々なノートがあり、記録の付け方も人それぞれですね。

 

特に決まった書き方はないので、あなたが見やすければOKです!

 

 

ただし、最低限記録しておくべき情報は盛り込んでおきましょう↓

 

【最低限必要な情報】

・売買日時

・銘柄&銘柄コード

・現物・信用(買い・売り)

・購入株数

・決済株数

・金額(買い値、売り値)

・差引金額(損益)

・トレード根拠

・トレード計画

 

損益記録を付ける目的は「根拠ある投資行動」を取るためであり、売買行動を理論的に分析するためです。

 

その時に必要な情報を残しておくことが記録の意味です。

 

はじめは書き方がイマイチ分からないかもしれませんが、記録を付けていくうちに自然とあなたのオリジナル色が出てくるので大丈夫ですよ!

 

 

【投資記録の付け方②】

Excelで表作成

これも一般的な方法ですが、Excelを使った売買記録も多くの人が行っています。

 

ノートと同様に、Excelによる記録方法も多くのサンプル画像がありますので見てみましょう↓

出所:Yahooの画像検索「株 Excel」

 

 

実にユニークな売買記録が並んでいますね。

 

これは記録の付け方がノートからExcelに変わっただけで、盛り込む情報は基本的に同じです。

 

きれいで見やすい表であれば、振り返る時にも分かりやすいものになるでしょう。

 

 

ただ、「Excelを自由に使いこなせない・・・」という人には少し面倒な方法かもしれません。

 

そんな時は次のような無料アプリを活用すればカンタンです。

 

 

【投資記録の付け方③】

スマホの無料アプリ

最新の無料アプリである【マイトレード】 を使えば、売買行動をカンタンに記録できます。

 

 

「売買記録が大切なのは分かったけど、ノートを書くのはちょっと面倒・・・」

「Excelで表作成するのは難しそう・・・」

 

 

このような場合はスマホにアプリをインストールすればOK!

 

 

あとはアプリが全自動で売買記録をつけてくれるのです↓

 

これを見れば、売買タイミングから資産推移まで一目瞭然。

 

さらには、「なぜここで買ったのか?」という売買根拠もメモできるようになっているので、振り返りも実にカンタン。

 

 

スマホ1台あれば売買だけでなく、資金管理までできてしまうのです。

 

ノート、Excelと並んでアプリという選択もあるということですね。

 

 

 

【Step5】利益率を伸ばす

Step3で身に付けた投資手法を使えば、あなたが全くの初心者であってもカンタンに勝ち組に入ることができます。

 

「あれ、株で勝つことって簡単じゃん!」

 

こうなったら後は同じ作業を繰り返すだけで資産は勝手に増えていきます。

 

 

さらにあなたはStep4で「売買記録」も付けていますから損益曲線が緩やかな右肩上がりになることに気付くでしょう。

 

多くの人が資金を減らしていく中、あなたは着々と資産を増やしていくのです↓

この段階まで到達したらあなたはきっと気付くはずです。

 

投資とはワクワクするものでもドキドキするものでもなく、ただの「単調作業」であることに。

 

 

では、この次に何をするか?

 

 

それが、「利益率のUP」です。

 

より正確な売買タイミングをとれば、利益率を格段に上げることができるのです。

 

 

ではどうすれば最適な売買タイミングが分かるのか?

 

 

あなたに最適な売買タイミングを教えてくれる強力な味方、その名を「テクニカル分析」といいます。

 

 

おそらくあなたも何らかの指標を見たことがあると思います。

 

 

1番有名なテクニカル指標の「ローソク足チャート」はどうでしょう?

このようなグラフを1度は見たことがあると思います。

 

このテクニカルチャート、実は相場で非常に人気があります。

 

 

その理由は、見やすさ・分かりやすさに加えて「パターン化できること」です。

 

 

人間は何らかの現象をパターン化するのが大好きなので、テクニカル分析は相場で圧倒的な支持を得ているのです。

 

そして使い方も超カンタン!

 

①テクニカル分析でチャンス発見!

②株を買う

③値上がりして利益Get!

 

実際にはもっと色々なことを考えますが、カンタンに説明すると上のようになります。

 

つまり、テクニカル指標を使って投資するタイミングを測るのです。

 

テクニカル指標はローソク足チャート以外にも色々あります。

 

テクニカル指標の例

・移動平均線

・MACD

・ボリンジャーバンド

・ストキャスティクス

・RSI

 

投資家はそれぞれに得意なテクニカル指標を使って売買するのです。

 

私の場合は25日移動平均線からの乖離率を目安に投資行動を取りますが、何か1つでも得意なテクニカル指標を身に付けておくと利益率を大きく伸ばすことができますよ。

 

 

 

テクニカル分析使用上の注意

ただここで1つ意識しておいてほしいことがあります。

 

それは、「投資戦略の本質部分までテクニカル指標に委ねるべきではない」ということです。

 

 

たしかにテクニカル分析は見やすく分かりやすいツールで、利益率を高めてくれます。

 

身に付ければ役立つことは間違いありません。

 

 

しかし、問題となるのは「テクニカル分析はハズレることも結構ある」という事実。

 

 

実はこの、「ハズレた時にどうするか?」がとても重要。

 

 

「ハズレたら損切りすればいいんじゃないの?」

 

このように思う人は多いでしょうし、多くの投資書籍にもそのように書いてあります。

 

 

「ハズレた時は迅速に損切りして、次の株を狙いましょう!」

「損は小さく、利益は大きく伸ばしましょう!」

 

このような思想を「損小利大」といい、たいていの本にはこのように記してあります。

 

 

しかし、ここで1つの疑問が生まれます。

 

 

損小利大の教えは有名で、ほとんどの人が知っているはずです。

 

それにも関わらず、株式投資の勝ち組はわずか5%という事実。

 

 

つまり、次のような疑問です。

 

 

投資書籍の教えはほとんどの人が実践できないのではないか?

テクニカル分析に全てを依存した「損小利大戦法」は相場では通用しないのではないか?

 

 

この真偽を確かめる方法はありませんが、少なくとも私のような凡人には無理でした。

 

凡人がテクニカルだけで勝ち続けることには無理があるのです。

 

ですから、ここで私がまず伝えたい事は「テクニカル分析単独では使わないように」ということです。

 

 

ただ勘違いしないでほしいのは、「単独で」使わないように!ということです。

 

 

ではどのように使えばよいのか?

 

 

それは、Step3で身に付けた投資戦略をベースとして「補助的」に使ってほしいのです。

 

テクニカル分析は有効な指標なので、「単独」ではなく、「補助的」に使うことで資産増加のスピードを高めることができます。

 

 

そのことを意識しながらテクニカル分析を学んでみましょう。

 

きっとあなたの資産増加スピードが高まるはずです。

 

重要なテクニカル指標と使い方は「Step5:テクニカル分析一覧」にまとめておきます。

 

 

株式投資の始め方|まとめ

以上、株式投資で資産を育てる流れをザックリと解説してきました。

 

資産構築の流れ

Step1.株式投資を深く知る

Step2.証券口座を作る

Step3.投資手法を身に付ける

Step4.損益記録をつける

Step5.利益率を伸ばす

 

私はこの方法で現在100%の勝率をキープしています。

 

資産は短期間で作ることはできませんが、ゆっくりとでも確実に進撃していきましょう。

 

気が付けばあなたもプロの投資家になっていることでしょう。