IPO投資では、各証券会社によって「買付資金が必要となるタイミング」が違います。

 

 

「資金が必要なタイミング」とは、たとえば次のような意味合いです。

 

 

・SMBC日興証券

→ブックビルディングの時に申込み分の買付余力が必要

 

・SBI証券

→抽選実施時に申込み分の買付余力が必要

 

・野村証券

→当選後、購入申込み時に申込み分の買付余力が必要

 

 

適切なタイミングで口座に資金がない場合は抽選に参加できなくなってしまうため、IPO投資はスケジュール管理に加えて「資金が必要なタイミング」も大切なのです。

 

 

逆に、各証券会社ごとのルールを熟知していれば、適切なタイミングで資金移動してIPOの当選確率をUPできます。

 

ここでは、IPO投資の基礎知識として「資金が必要なタイミング」についてまとめておきます。

資金が必要なタイミング

IPOの抽選は基本的に次のような順序で行われます。

 

Step1.需要申告

Step2.抽選実施

Step3.購入申込み

*この順番で行われる抽選方式を「前期型」と呼びます。

 

 

つまり、IPO投資において資金が必要なタイミングは大きく3パターンに分けられるのです。

 

①需要申告時

②抽選実施時

③購入申込み時

 

以下、この3パターンについて説明していきます。

 

 

 

①需要申告時に資金が必要な証券会社

需要申告の段階で申込み分の資金が必要な証券会社が多数を占めています。

 

SMBC日興証券

マネックス証券

大和証券

楽天証券

カブドットコム証券

みずほ証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

 

 

ただし、この中でも厳密には次の2パターンのルールがあります。

 

【Aパターン】

「申込み」から「抽選実施」までの期間中、申込み分の買付余力が拘束される「資金拘束」がある証券会社

 

・SMBC日興証券

・マネックス証券

 

 

【Bパターン】

申込み時には買付余力に資金が必要ですが、資金拘束は発生せず、抽選実施時に資金が必要となる証券会社

 

・大和証券

・楽天証券

・カブドットコム証券

・みずほ証券

・三菱UFJモルガン・スタンレー証券

 

 

Aパターンの証券会社からIPOに申し込む時は一定期間の「資金拘束」を考えた立ち回りが必要になってきます。

 

一方、Bパターンの証券会社からIPOに申し込む時は、抽選実施時だけ資金を口座に入金しておけばOKです!

 

 

 

②抽選実施時に資金が必要な証券会社

「需要申告時」には資金は必要ありませんが、実際に抽選が行われるタイミング(抽選実施時)に資金が必要な証券会社は次の2社です。

 

SBI証券

松井証券

 

 

たとえばSBI証券では、次のようなルールになっています。

 

【SBI証券のIPO抽選】

需要申告:資金不要

抽選実施:資金が必要

購入申込み:資金が必要

 

 

つまり、SBI証券であれば重要申告だけなら10,000株でもOKです!

 

ただし、実際の抽選時に10,000株買えるだけの資金が買付余力にない場合は「抽選対象外」となってしまいます。

*抽選対象外となると、そもそも抽選に参加できませんし、SBI証券のメリットであるIPOチャレンジポイントももらえません。

 

 

また、松井証券ではIPO抽選の流れが他社とは違います。

 

【松井証券のIPO抽選】

需要申告

購入申込み

抽選実施

*このような抽選方式を「後期型」と呼びます

 

IPOのルールは証券会社ごとで微妙に違うので注意が必要です。

 

 

 

③購入申込み時に資金が必要な証券会社

「需要申告時」ではなく、「購入申込み」のタイミングで資金が必要となる証券会社は次のものです。

 

野村証券

岡三オンライン証券

岩井コスモ証券

 

このパターンも次の2つに分かれます。

 

Aパターン

→資金0円でも抽選に参加でき、当選した後の「購入申込み」で資金が必要

 

Bパターン

→そもそも「購入申込み」の後に「抽選」が行われる(後期型)

 

 

AパターンとBパターンの違いをカンタンに説明しておきます。

 

【Aパターン】

たとえば、野村証券では「抽選申込み時」&「抽選実施時」には資金0円でOKです!

 

そして、実際に当選した後に必要な買付資金を入金して「購入申込み」を行えば良いのです。

 

抽選申込み時:資金不要

抽選実施時:資金不要

購入申込み:資金が必要

 

 

【Bパターン】

Bパターンの代表例は岩井コスモ証券です。

 

そもそも抽選実施のタイミングが、購入申込みの後に行われるBパターンは「後期型」と呼ばれています。

 

・前期型:申込み→抽選

・後期型:抽選→申込み

 

 

【後期型のIPO抽選】

需要申告

購入申込み

抽選実施

*上で説明した松井証券のパターン

 

 

後期型の証券会社は次の5社です。

 

岩井コスモ証券

松井証券

GMOクリック証券

楽天証券

カブドットコム証券

 

 

前期で落選した時の「すべり止め」として後期型の証券口座を持っておくと、IPOの当選確率を高めることができます。

*前期型で落選したらすみやかに資金を移動して後期型を狙うことができます。

 

 

 

以上、ここではIPO投資において「資金が必要なタイミング」について説明しました。

 

IPO投資の肝は当選するためのスケジュール管理と資金移動にあります。

 

証券会社ごとのルールを活用して効率的な立ち回りをしていきましょう。