「株取引をするのに証券口座が必要だけど、いくつもの証券会社を比較するのは正直面倒・・」

 

このように思っている方もいると思います。

 

 

そして、どれだけメリット・デメリットを調べてみたところで、実際に使ってみなければ分からないのもまた事実です。

 

そんな時はとりあえず口座開設数が多い証券会社を使ってみるのも1つの方法です。

*「口座開設数が多い=多くの人から支持されている」とも考えられます。

 

この記事では証券会社を口座開設数が多い順にランキング形式で紹介していきます。

口座開設数の多いネット証券ランキング

1位:SBI証券384万口座

最大手のSBI証券は人気・実力No.1のオールマイティーなネット証券といえます。

 

SBI証券が不動のNo.1となっているのは様々な理由が挙げられます。

 

・国内株式手数料が安い

・IPO(新規公開株)引受社数が多い

・投資信託取扱数が多い

・夜間取引可能

・外国株への投資可能

・単元未満株の売買可能

 

No.1ネット証券で始める株式投資【SBI証券】

 

 

 

2位:楽天証券225万口座

国内最強の個人投資家であるBNFさんが使っていた取引ツール「マーケットスピード」を有するのが楽天証券です。

 

また、日本経済新聞の新聞や雑誌が無料で見れる日経テレコンをはじめとした多くのサービスがあります。

 

・取引ツールの「マーケットスピード」が人気

・手数料の1%が楽天ポイントで還元

・楽天会員なら口座開設が30秒で完了

 

 

 

3位:松井証券109万口座

少額運用やデイトレーダーに人気の証券会社である松井証券には独自のサービスが豊富です。

 

・1日の売買代金が10万円以下なら手数料が無料

・返済期限が当日のデイトレード専用の1日信用取引が人気

・NISA口座の売買手数料が永久無料

 

松井証券

 

 

4位:カブドットコム証券105万口座

三菱UFJグループの証券会社であるカブドットコム証券はサポート・サービス面で初心者向けといえます。

 

・高機能ツールkabuステーションはスキャルピングに必須の取引ツール

・MUFG独自レポートの無料配信

・アナリストによる動画解説あり

・IPOの抽選が平等に行われる

・プチ株なら1株単位から購入可能

・月500円からの積立投資可能

 

カブドットコム証券

 

 

5位:マネックス証券102万口座

米国株の取扱い数が多いマネックス証券では米国株・中国株の買付手数料が実質無料です。

 

アップルやFacebookなどの世界的大企業への投資を考えている場合はマネックス証券が役立ちます。

 

・米国株取扱い数No.1

・トレードツールである「トレードステーション」が秀逸(デイトレ用)

 

マネックス証券

 

 

6位:GMOクリック証券31万口座

口座開設数こそ少ないものの、手数料の安さを考えるならGMOクリック証券は外せません。

 

・デイトレに必須のフル板機能あり

・学びに役立つ分析ツールが豊富

・投資チャンネル(1日5回)

 

GMOクリック証券

 

 

 

以上、ここでは各証券会社を「口座開設数」で紹介しました。

 

証券会社選びに迷っている場合、まずは大手に口座開設して実際に使ってみましょう。