ここではノーリスクで株主優待の権利を得ることができる「つなぎ売り」という売買手法について解説します。

 

 

基本的に株価は権利日前には上昇し、権利落ち日に下落します↓

 

 

権利付き最終日に現物株を持っていれば株主優待はGetできますが、翌営業日の権利落ち日には株価が下がってしまいます。

 

株主優待はGetできても株価が下がって損しては意味がありません。

 

 

しかし、株主優待だけはしっかりGetできて株価が下がっても損しない方法があります。

 

それがつなぎ売りという売買手法であり、つなぎ売りをを使えば株主優待だけをノーリスクでGetできるのです。

 

 

 

つなぎ売りの具体的手順は3Stepなのでとても簡単です↓

 

 

①権利付き最終日の寄り付き前までに両建て注文を出す

 

*「両建て」とは現物買いと信用売りを両方持つことであり、株価変動リスクを避けることができます。

 

 

株主優待の権利を得る目的で現物買いを入れると同時に、株価変動のリスクを回避する目的で信用売り(空売り)を入れます。

 

 

ここでのポイントは、「現物買い」と「信用売り」を「同じ値段」で「同じ株数」だけ約定させることです。

 

 

例えば100株ずつ注文するのであれば、権利付き最終日の寄り付き前までに「現物買い100株」、「信用売り100株」をそれぞれ「成行き注文」で発注しておけばOKです。

*こうしておけば寄り付きと同時に現物買いと信用売りが同じ値段で同じ株数だけ約定して、両建てが完成します。

 

 

②権利付き最終日は何もせず保有する

 

手順①で行った両建て状態のまま放置しておき、権利付き最終日には何もしません。

*同日中に現物株を手放してしまったら権利をGetできないので注意しましょう!

 

 

 

③権利落ち日以降に「現渡」で取引を完了する

 

 

権利付き最終日の翌日(権利落ち日)以降に「現渡」して、つなぎ売りの取引は完了です。

 

*現渡とは手順①で行った両建て注文の「現物株」で「信用売り」を返済することです↓

 

同じ値段で「買い」と「空売り」を持っていたので、「現渡」すると株価変動による損益は±0円になっているので、株主優待等の権利だけをGetできます。

 

 

この一連の取引で得られる実質的な利益は次のようになります↓

 

利益配当金・株主優待の権利取引手数料

 

 

利益を大きくするためには「いかに取引手数料を安くするか」が大切ですが、実は手数料をとても安くできる方法があります。

 

 

 

【取引手数料を安くする方法】

取引手数料を安くする方法とはSBI証券アクティブプランを活用するものです。

 

 

アクティブプランを利用すると、1日「現物10万円+信用10万円の合計20万円」までの手数料が無料です。

 

 

すると、手数料は貸株料の10万×3.9%×2日分=21円のみで済みます。

 

この方法を使えば、21円で株主優待だけをGetすることが可能なのです。

 

 

ちなみに10万円以下で買える株主優待銘柄の調べ方は次のようになります↓

 

SBI証券公式ホームページにある「国内株式」→「株主優待検索」をクリックすると、次のような検索画面が表示されます↓

 

 

 

このページを下へスクロールして行くと、次のような検索画面があります↓

 

 

この機能を活用すれば、投資金額に合わせた株主優待案件を簡単に検索することができます。

 

 

さらにこのページでは、優待内容の分かりやすい一覧機能もあります↓

 

 

欲しい株主優待をジャンル別に検索できる便利な機能です。

 

 

さらには優待権利確定月まで簡単に検索することができます↓

 

 

以上のような便利機能が使えるSBI証券のアクティブプランを活用することが優待タダ取りのコツです。

 

 

ここで紹介した「つなぎ売り」は知っていれば誰でも簡単に実行できる投資の豆知識に過ぎませんが、リスクコントロールという投資家に絶対必要な能力を体験できる貴重な場面でもあります。

 

 

このように確実に勝てる方法を積み上げることが投資で勝ち組に入る秘訣であり、生涯勝ち続けるための方法です。

 

ギャンブルと投資の違いを実感するための良い練習なので、投資初心者は経験してみると良いでしょう。