*NISAとNASAは似ていますが関係ありません。

 

「ムダな税金はビタ一文払いたくない!」

 

「制度を上手く利用して儲けたい!」

 

 

このような時はNISA(ニーサ)を使うのがBESTです。

*NISA枠での儲けなら利益から税金を取られることもありません。

 

 

NISAには力を入れている証券会社も多く、投資家を呼び込むために手数料の無料サービスを実施しています。

 

 

ただ、NISAを活用して儲けるためにはNISAのルール、メリット・デメリットをしっかり理解することが必要です。

 

そこで、この記事ではNISAの特徴・利用方法からNISAの手数料がお得(無料)な証券会社を紹介します。

NISAとは?

「さっきから言ってるけど、NISA(ニーサ)って何なの?」という方へ向けて、まずはNISAという制度の概要を説明します。

*NISAを熟知している人は飛ばしてOKです!

 

 

NISAとは、「毎年一定額の非課税投資枠が設定され、株や投資信託で儲けた利益に対する税金が免除される制度」です。

 

 

文章では分かりにくいですが、例を挙げてみると簡単に理解できます。

 

 

たとえば、株で100万円儲けたら税金を約20万円取られるため、実質的な儲けは約80万円になってしまいますよね?

 

【通常の投資】

利益(100万円)-税金(20万円)=実質的な儲け(80万円)

 

 

しかし、NISA枠で儲けた100万円には税金がかからないため、100万円全額が儲けになるのです。

 

【NISA枠での投資】

利益(100万円)=実質的な儲け(100万円)

 

 

つまり、NISA枠での利益には余計な税金がかからないのです。

*NISA=非課税投資枠

 

税金(利益の約20%)が免除されるとかなりお得ですから、この新たな制度(NISA)を上手く利用すれば、投資での儲けを簡単に増やすことができるのです。

 

 

NISAの重要ポイント

細かいルールを説明するとキリがありませんが、NISAを理解する時に重要なポイントは次の4つです。

 

①対象は日本に住む20歳以上の人

 

②NISA口座の開設は1人1口座だけ

 

③非課税になるのは株・投資信託の譲渡益&配当金

 

④最大600万円の投資額に対して最長5年間が非課税期間

*1年間に120万円の非課税枠がもらえる

 

 

NISAのルールはかなり細かいので、よく分からない部分はGoogle検索や証券会社のNISA専用ダイヤルに問い合わせてみましょう。

 

 

 

NISAで買える商品とは?

NISA枠で買える金融商品は次の3種類があります↓

 

・国内株式

→IPO(新規上場株)、J-REIT、国内ETF

 

・投資信託

→株式型、債券型、バランス型、コモディティー型

 

・外国株式

→海外株式、海外ETF

 

 

つまり、いつも売買しているほとんどの商品がNISAの対象だということですね。

 

 

NISAのメリット

NISAのメリットは投資した商品(株・投資信託など)に対する利益・配当金について非課税となる点です。

 

 

NISAのデメリット

あまり知られていませんが、NISAには次のようなデメリットもあります↓

 

・NISA口座内で発生した利益・損失と他の口座(特定・一般)で発生した利益・損失を損益通算できない点。

 

・損失の繰り越し控除ができない点。

 

 

メリット・デメリットもしっかり理解して、NISA枠を上手く活用していきましょう。

 

 

NISAオススメの証券会社

では、NISAを使うのであればどこの証券会社が良いのか?

 

 

結論からいうと次の5社がオススメです。

 

 

 

 

なぜこの5社が良いのか?

 

その理由はNISA枠における株式売買手数料が完全無料だからです。

 

 

上記いずれかの証券会社にNISA口座を開設すれば、税金&手数料がWで無料になるのです。

 

 

 

以上、この記事ではNISAの特徴とNISA口座を開設するとお得な証券会社について説明しました。

 

 

ただ、NISA枠を上手に使って儲けを増やすためには「投資で勝つこと」が前提にあります。

 

NISAのルールも大切ですが、その前に投資戦略もしっかりと決めておく必要があることを忘れないようにしましょう。