IPO(新規公開株)への投資は難しい知識が必要ないので、初心者でもすぐにできます。

 

その投資戦略は極めてシンプルなものです。

 

①抽選に申込む

②当選したら買う

③初値で売る

 

たったこれだけで勝率が約90%というから驚きです。

*2017年のIPO勝率

 

下手にテクニカルやファンダメンタルなどの分析をするよりよほど高い勝率で、過去5年間のIPO投資の戦績は約80~90%になります↓

*すべてのIPOを100株ずつ売買した場合の試算

 

 

ただし、「IPO=新規公開株」という名前の通り、IPOはまだ株式市場に上場していない株なので普通の取引画面から購入することはできません。

 

 

IPOを買うためには、IPO専用の手順を踏む必要があるのです。

 

 

ではどうすればIPOに投資することができるのか?

 

ここでは、SBI証券を例に挙げて、IPOに申し込む手順を詳しく説明していきます。

IPO投資の5Step

まずはIPO投資の流れをざっくりと説明します。

 

大まかな流れとして次の5Stepを踏むことになります。

 

 

【Step1:IPOスケジュールの把握】

→各証券会社でIPOのスケジュールが発表されます。

*申込み期間・仮条件(価格帯)・上場日など

 

【Step2:応募する】

→申込み期間(ブックビルディング期間)中に狙いのIPOに応募します

 

【Step3:抽選】

→申込み株式数が発行株式数を上回った場合は抽選になります

*ほとんど抽選になります

 

【Step4:購入申込み】

→当選したら購入の意思表示をします

*ここで購入をやめることもできます

 

【Step5:上場】

→成行き注文を出して初値で売り、利益を確定します

 

 

どうでしょう?

 

IPO発表から購入・売却までの概要は理解できたでしょうか?

 

では次にこの5Stepの詳細な説明をしますよ。

 

 

【Step1.IPOスケジュールの把握】

IPOのスケジュールは上場日の約1ヶ月前に発表されます。

 

この時にまず把握すべきは次の情報です。

 

・上場する市場

・申込み期間

・当たり本数

・売出し価格帯(仮条件)

・抽選結果発表

・上場日

 

 

そして、実際に応募する期間までは約半月ありますので、この間に上場予定のIPO株についての重要情報を調べます。

 

 

「えっ、そんな難しいこと分からないよ・・」と思うかもしれません。

 

 

しかし、調べるといっても見るのは次の3点だけです。

 

IPOの注目ポイント

・業績が赤字かどうか

・公開株数が多いかどうか

・公募価格が買い条件の上限かどうか

 

 

なぜ、この3点を見るのか?

 

その理由は、このどれかに該当するIPOは公募割れする確率が高いからです。

*公募割れ=初値が購入価格を下回ること

 

 

公募割れする銘柄を買うと損してしまいますから、その確率を下げるための作業だと思ってください。

 

 

ちなみに、IPOに当選しても買うかどうかはその時に選べます。

*ただし、当選を辞退した場合、証券会社によってはペナルティーとして1か月間の新規公募に参加できないなどの制裁があるので注意しましょう。

 

 

 

【Step2.応募する】

それでは実際にSBI証券からIPOに申込んでいきましょう。

 

①ログインして「取引」をクリック↓

 

 

②「新規上場」をクリック↓

 

 

③希望のIPO銘柄の「申込」をクリック↓

 

 

④必要情報の入力↓

 

・申込株数

SBI証券の抽選方法では申込株数が多い方が有利なので、資金量に余裕があれば1000株、2000株と注文しておくことをオススメします。

 

 

・希望価格

価格の枠には狙いのIPOの仮条件である「1,600~2,000円」の範囲で希望価格を入力しますが、ここは「ストライクプライス」を選択します。

 

ストライクプライスとは「どんな価格でも買う意思があります」という意味で、仮条件価格の上限値を指します。

 

ストライクプライスを選択しておかないと当選するのは難しいのが現状なので、ここはストライクプライス一択です。

 

 

・IPOチャレンジポイントの使用

IPOチャレンジポイントとはSBI証券独自のサービスで、IPOの抽選に外れた回数に応じて加算されていきます。

 

貯まったポイントを使ってIPOに申込むと当選確率を高めることができるので、本命銘柄が出た時のためにも貯めていきましょう。

 

 

・取引パスワード

通常と同様に取引パスワードが必要です。

 

 

以上の項目を入力したら「申込確認画面へ」をクリックします。

 

 

⑤申込み確認↓

申込み内容を確認したら、「申込」をクリックします。

 

 

⑥申込み完了画面↓

 

以上でIPOへの申込みは完了です。

 

 

【Step3.抽選】

 

IPO投資で1番難しいのが抽選に当選することです。

 

当選確率を高める方法はありますが、最終的には「運」が必要になってきます。

 

 

また、当選するまで何度でも機械的に申込みを続けていればいつかは当選するので、「ダメでもともと当たれば儲け」くらいの気持ちで応募しておきましょう。

 

 

抽選結果の発表は次の部分に書いてあります↓

 

メールで抽選結果を送信する設定にしていない場合、SBI証券にログインして確認する必要があります↓

ほとんどの場合、「落選」と表示されていますが、当選する可能性もあるため、必ず確認しましょう。

*せっかく当選しても放置してしまうと、購入資格がなくなりますので注意してください

 

 

【Step4.購入申込み】

当選した場合は購入の意思表示を行う必要があります。

 

先程の申込みページに購入意思表示の期間が書いてあるので、期限内に購入の申込みをしましょう↓

 

上の場合、6/13~6/15の間に正式な購入の意思表示を行いましょう。

 

 

 

【Step5.上場】

基本的に、購入したIPOは上場日に寄付きと同時に売ります。

 

「もっと値段が上がるかも!」

「もっと儲かるかも!」

 

 

このように思うかもしれませんが、IPOの投資戦略を思い出してください。

 

①抽選に申込む

②当選したら買う

③初値で売る

 

 

IPO戦略は「初値で売る」が最終ミッションです。

 

そして、この戦略を機械的に繰り返した時の勝率が80~90%なのです。

 

 

IPO投資は1回限りの勝負ではなく、長い戦いなのです。

 

それはまさに将棋のプロ棋士が戦い続けるように、生涯を通しての戦績になります。

 

 

抽選にハズレることがほとんどですが、繰り返すと得する行動を取り続けることが資産増築へとつながっています。

 

 

とくにSBI証券はIPOチャレンジポイントが貯まるので、いつかは必ず当選できます。

 

IPO投資をはじめる時はSBI証券から申し込みをスタートすると良いでしょう。