【はじめに】

株式投資初心者が5%の勝ち組に入るために意識すべき最重要事項があります。

 

 

これを知っているかどうかで、あなたの投資人生は180度異なったものになるため、これから株式投資に参加する初心者は、株の始め方を本やブログなどから勉強する前に、次の「真実」を心に留めておきましょう。

 

 

 

 

【株式投資の真実~勝敗を分けるもの~】

 

株で勝つことは偶然でもなければバクチでもありません。

 

勝つべくして勝てる手法とそれを支えるマインドセット経験をプラスすれば、あなたも5%の勝ち組に入れます。

 

 

 

 

【あなたが勝てないのは強力な手法を知らないから】

 

株で勝ち続けることができるのは、ほぼ100%手法のおかげです。

 

 

まずは強い手法を知ること。

 

 

これは、株式投資というゲームで勝つために、絶対に必要です。

 

 

 

独自に編み出してもよいが、それはあなたがよほどの天才でない限り無理でしょう。

 

 

 

相場参加者のうち、実に95%は敗者となります。

 

つまり、ほぼ勝てないのです。

 

 

 

勝てない投資家のほとんどが「我流」で「何となく」投資を行い、その結果、当然の如く資金を減らします。

 

 

 

しかし、この世界で成功している投資家たちは強い投資手法を使っています。

 

 

 

私も、ある手法を知ってから勝てるようになりました。

 

 

 

それまでは全く勝てる兆しがなく、3年近く相場を彷徨っていましたが、「強い手法を知る」、ただそれだけのことで投資成績は好転したのです。

 

 

 

この体験をもって、私は株式投資の初心者が最初にすべきことは「強い手法」を知ることであると確信しました。

 

 

 

 

株式投資の世界でいう「手法」とは、数学における公式将棋における定石に等しい存在です。

 

 

 

 

公式を知らなければ、数学の問題は解けません。

 

定石を知らなければ、将棋で勝つことはできません。

 

 

同様に、強力な手法を知らなければ、株で勝つことはできないのです。

 

 

 

 

更には、公式や定石は自分で編み出すものではありません。

 

それはあなたがよほどの天才でない限り無理でしょう。

 

 

 

しかし、心配は無用です。

 

 

 

公式や定石と同じように、相場の世界において、強い手法はもう何年も前から存在しているからです。

 

 

 

あなたはまだ知らないだけです。

 

 

 

 

【間違った認識を捨てる】

 

株式投資の勝敗に最も大きな影響を与えるのは、間違いなく「手法の差」です。

 

 

したがって、どんなに相場経験豊富なベテランであっても、強力な投資手法を使う相手には勝てません。間違った方法で投資を続けても資金が減るだけで結果がでることはないのです。

 

 

いつかは勝てるようになるのでは?などと思い、「我流」を続ける人もいるでしょうが、「何となく」投資しても勝ち続けることは絶対に不可能です。

 

 

巷の投資書籍では「損切り」を美学のように推奨し、損切りができるかどうかが勝敗を分けるかのような表現をしていますが、これが誤解をまねく原因となっています。

 

 

損切りが必要なのはマネーゲームをする時だけであり、資産構築型の投資手法に損切りは必要ありません。

 

 

「損切り」とはあなたの投資資金を減らすことであり、株式投資をする目的に逆行した行為です。

 

 

損切りは良い事だと誤解したまま、間違った行動を続けていても資金が増えることはありません。

 

 

 

【強い手法に基づいた投資~相場の真実~】

 

相場であなたが取った行動の結果は、すぐさま投資資金の増減として反映されます。

 

正しい行動が取れていれば元本は増えますが、間違った行動を取れば資金は減っていきます。

 

もしあなたの元本が減っているようであれば、それは何か間違った行動を取っているということです。

 

逆に、強力な手法に基づいて投資を行うと資金は減りません。

 

 

勝ち続けるとは、極めて高い再現性を持って似たような投資行動を取り続け、当然のように勝ち続けることを意味しています。

 

 

勝てるかどうか分からないようなバクチではなく、確実に勝てる確信を持って投資行動を取っているということです。

 

 

その自信と確信はどこからくるのかというと、情報力の差です。

 

ここでいう「情報」とは他でもない「株式売買の方法」つまり「強力な手法」のことを意味しています。

 

 

上で述べた例を出すと、ある数学の問題を解く時に、強力な方法(=公式)があるにも関わらず、それを知らない人は「我流」で問題に挑み、問題が解けないという結果になります。

 

 

公式に当てはめれば、何も考えずに一発回答できるにも関わらず、「知らない」というだけで回答できません。

 

そして、当の本人は公式の存在に気付いていないという状況が、相場で勝てない人の取る投資行動とそっくりです。

 

 

ほとんど何も考えずに、ただ淡々と似たような行動を取っていれば資金は勝手に増えていくにも関わらず、ただその方法を「知らない」というだけで投資資金を減らすという本来の目的とは全く逆の結果をまねいてしまうのです。

 

この結果は、能力の違いではなく、情報格差がもたらすものです。

 

 

あなたも勝ち組投資家に入るつもりであれば、強力な手法を身に付けることが最優先なのです。