「これからデイトレを始めたいけど、資金はどれくらい必要なの?」

「デイトレで儲かる確率・役立つ本やツールが知りたい!」

 

デイトレは株式投資の花形なので、興味を持つ人も多いと思います。

AボーイAボーイ

デイトレで勝てたら大儲けできるしね!

兵士長兵士長

現実は厳しいぞ。

この記事ではデイトレに必要な資金を始め、初心者が知っておくべき「デイトレの真実」について解説します。

 

以下のポイントを意識しながら進めていきましょう。

この記事の流れ

【必要な資金】

デイトレの練習はデモトレード(模擬訓練)では意味がありません。

実戦経験を積むために最低限必要な資金量とその理由をお伝えします。

 

【儲かる確率】

華やかなイメージとは異なり、デイトレは過酷なゲームです。

初心者が知りえない「真実」をお伝えします。

 

【勉強に必要な本】

デイトレを始める前に読んでおきたい本を紹介します。

何も知らないまま相場に資金を投入すると必ず後悔するので、まずは最低限必要な知識を身に付けましょう。

 

【役立つツール】

デイトレは情報戦といっても過言ではありません。

何となく適当にエントリーするのではなく、確かな情報に基づいて根拠ある行動をとることが必要です。

デイトレで勝つために必要なツールを紹介します。

資金はいくら必要か?

これからデイトレに参戦する初心者がまずはじめに認識すべきは、「最初からは勝てない」ということです。

JKミカJKミカ

えっ、そうなの?

兵士長兵士長

当たり前だ。

はじめてすぐに利益を出し続けるのはごく一部の「天才」だけです。

 

厳しいようですが、あなたがはじめに手にすべきは利益ではなく「実践経験」です。

 

この実戦経験を積むにあたって、模擬訓練、いわゆるデモトレードでは意味がありません。

兵士長兵士長

デモはほとんど役に立たない。

本当の力を身に付けるためには、実弾(リアルマネー)で闘う必要があります。

 

そして、この時にいくら資金が必要なのか?

 

結論からいうと10~30万ほどあれば十分でしょう。

AボーイAボーイ

それくらいでいいの?

兵士長兵士長

トレードする銘柄にもよるがな。

では、なぜ10~30万円ほどの少額からデイトレするのが良いのでしょうか?

 

次はその理由を説明します。

 

デイトレの練習方法

基本的にはどのような銘柄をトレードしてもOKですが、初心者のうちは板の厚い大型銘柄で腕を磨くのがベストです↓

例えば、三菱UFJ(8306)などは東証一部の大型銘柄であり、かつ板がぎっしり詰まっています。

*デイトレの本質は「板読み」にあるため、最終的には板情報を読み取る力が必要になります。

 

板が厚い銘柄は値段が急変しにくいため、初心者が腕を磨くのに最適です。

 

 

さらには、この銘柄(三菱UFJ)では値段が小数点以下1桁まであるのが分かると思います

この「小数点以下までの単位があること」が経費を押さえて練習する時のポイントです。

 

たとえば1株700円の銘柄を最低取引単位の100株買った場合、約7万円必要になります。

 

そして、もし10ティックほど損してしまっても(0.1円単位まであるので)損失は100円で済みます。

 

 

しかし、これが次のような銘柄であればどうでしょう?

*ブロレド(7034)

注文は10円単位で並んでおり、現在株価付近では値段が30円も飛んでいます。

 

さらに株価は8,000円と高いことに加え、板に出ている注文が少ないことが分かるでしょうか?

新卒OL新卒OL

100~200株ずつしか注文がないですね。

兵士長兵士長

このような状態を「板がスカスカ」と表現する。

このような銘柄は値段が急変する可能性を秘めた上級者向けの銘柄です。

 

もし、この銘柄で10ティック損したら1回のトレードで1万円以上の損失が出てしまいます。

 

もちろん、勝ったときの儲けも大きくなりますが、投資で大切なのは攻撃よりも防御です。

兵士長兵士長

利益を積み上げるのは大変だが、損失はすぐに拡大するぞ。

戦い方が分からない初心者のうちはこのような銘柄に関わるのは止めた方が良いでしょう。

 

 

つまり、上記2つの例を比べてみると

①UFJなら1トレード100円の損

②ブロレドなら1トレード10,000円の損

 

同じように1回練習しただけなのに、100倍の経費が掛かってしまうのです。

 

 

もちろんリスクが大きければその分儲け(リターン)も大きくなりますが、デイトレは運でたまたま勝てるようなものではありません。

 

投資は完全なる実力世界ですから、「何となくエントリーしちゃえ!」ではギャンブルになってしまいます。

 

理論的に考え、実践を繰り返すことによって「本当の力」を高めることでのみ勝ち続けることができるのです。

 

 

 

資金量を増やすタイミングは?

デイトレで資金量を増やすタイミングは、あなたの収支が安定してプラスに転じた時です。

 

あなたはトレード内容を記録していき、損益曲線をよく観察する必要があります↓

損益曲線はあなたの資産推移と同時にあなたの投資家としての「実力」を示しています。

 

この曲線が右肩上がりになるようだと、あなたは十分な実力を備えてきたことが分かります。

AボーイAボーイ

グラフはウソつかないんでしょ?

兵士長兵士長

数値で客観分析することが大切だ。

資金量を増やす時には「何となくそろそろ良いだろう」ではなく、必ず損益曲線を確かめましょう。

 

客観的な指標で確認をとることで安全にステップアップしていけるのです。

 

 

 

デイトレで儲かる確率は?

上記のようなステップで実力を付けていくのですが、デイトレの生存確率は極めて低いのが現実です。

 

一般的に株の勝ち組は5%と言われていますが、デイトレはさらに低いものと思われます。

JKミカJKミカ

厳しすぎない?

兵士長兵士長

そういう世界だ。

一見華やかに思えるデイトレですが、儲けに目が眩んで大金を投入すると悲劇が起きるのでとても危険です。

 

 

そして、もし勝てるとしてもはじめは負けることを避けては通れないでしょう。

 

ですから、始めは資金量を少額に押さえておき、実践経験を積む中で知識・経験を蓄えていきましょう。

 

 

 

勉強に必要な本は?

何の知識もないままデイトレに参加してもまず勝てません。

 

リアルマネーを投入する前には必要最低限の知識を身に付けておきましょう。

 

デイトレ初心者におすすめの本は次のページを参照してください↓

株のデイトレード本を紹介!絶対におすすめの2冊は閲覧注意レベル

 

 

 

デイトレードに有効なツールは?

最後にデイトレを始めるなら準備しておきたいツールを紹介します。

 

どれもデイトレの必需品なので、まだ持っていない場合はすぐに準備しましょう。

 

トレードツール

【松井証券】

デイトレは1日に何度も取引するので、「取引手数料」が高くなってしまいます。

 

1回の取引手数料が100円と仮定しても、1度の売買で200円かかります。

 

これを1日3回やると、1日の取引手数料は600円。

 

1ヶ月の取引手数料は18,000円になります。

JKミカJKミカ

手数料だけで18,000円は高すぎでしょ?

兵士長兵士長

これを無料にする方法がある。

あまりに高い取引手数料ですがこれを無料にする方法があります。

 

それは、松井証券 を経由して取引することです。

 

松井証券は1日信用という制度があり、これを使えばデイトレの取引手数料が無料になります。

 

1日に何度取引しても無料なのでデイトレをする前には必ず松井証券に口座開設しておきましょう。

 

 

【GMOクリック証券】

デイトレで勝ち組に入るためには「板読み」の能力が必要です。

兵士長兵士長

チャートだけで勝つのは無理だぞ。

板読みとは文字通り板情報を読むことで対戦相手の状況を把握することですが、狭い範囲の情報だけでは読み取れないことが出てきます。

SBI証券の取引ツールはとても使いやすいですが、表示できる板情報は現在株価の付近だけです。

 

 

板読みは広範囲の情報を読み取るため、GMOクリック証券 が提供している「フル板」というサービスが便利です↓

より広い範囲で注文の出方を見ると、相場で何が起きているのか把握できます。

 

 

また、GMOクリック証券には「同一気配約定情報」というツールがあります↓

これは簡単にいうと歩み値を要約したものです。

 

 

歩み値とは絶え間なく流れている約定情報です↓

これは板読みにとって重要情報なのですが、凝視し続けるとかなり疲れます。

 

その時に、先程紹介したツールを使えば、「売り方と買い方の優劣」が一瞬で判断できるのです。

 

慣れるのに多少の時間はかかりますが、板読みの補助ツールとして取り入れておくことをおすすめします。

 

 

記録ツール

【損益管理アプリ】

デイトレはかなり過酷な競争なので、どんなに頑張っても勝てるとは限りません。

兵士長兵士長

むしろ生き残る方が難しいだろうな

投資家は基本的にトレード記録を付けますが、デイトレでは損益記録が極めて重要な意味を持ちます。

 

 

その理由は、おかしなことをしていると損益曲線が右肩下がりになり、あっという間に資金が減ってしまうからです↓

損益曲線が右肩下がるようなら、すぐに何らかの対策を講じる必要があるのです。

 

逆に損益曲線が右肩上がりの状態であれば、あなたは勝ち組にいることが分かります↓

この状態ならあなたの戦略がうまく機能していることが分かります。

 

 

つまり、デイトレに参加している間は常にトレード記録を付けて、損益曲線を注意深く観察する必要があるのです。

 

 

ただ、1日に何度も取引する場合は手書きで記録を付けるのがかなり面倒になります。

 

後回しにすると忘れてしまい、分からなくなる可能性もあります。

 

そんな時に便利なのが【マイトレード】 という損益管理アプリです↓

出所:【マイトレード】

このアプリをスマホに入れておけば、トレード記録から資産推移までを全自動で記録・グラフ化してくれます。

新卒OL新卒OL

見やすくてきれいな画面ですね。

兵士長兵士長

最新のアプリだ。

マイトレードの詳細は以下記事にまとめてあるので参照してください↓

株の損益記録はノートでもエクセルでもなく「アプリ」が便利!スマホを使った投資記録の付け方を紹介します

 

 

 

まとめ

デイトレードは生存確率が極めて低い過酷な競争です。

 

時間も労力もリスクも高いので基本的にはおすすめしていません。

AボーイAボーイ

兵長はスイング派だよね。

兵士長兵士長

安全確実な資産作りも検討しよう。

しかし、あなたがデイトレーダーを目指すというのであれば誰もとめることはできません。

 

どうしてもデイトレに挑戦するのであれば、最低限ここで紹介したツール&知識を装備しておくことをおすすめします。