「株式投資を始めたいけど、いきなり何十万も投資するのはちょっと怖い・・」

 

「大金を投入すると値動きが気になって夜も眠れない・・」

 

 

このような時におすすめなのがミニ株(単元未満株)です。

 

 

普通に買うと何十万もするような銘柄でも、ミニ株(単元未満株)なら1万円もあれば投資できてしまいます。

 

ここではミニ株のメリット・デメリットに加え、ミニ株投資ができる証券会社とその手数料について解説します。

ミニ株とは?

通常、株は「100株単位」からの購入ですが、ミニ株(単元未満株)なら「1株単位」から買うことができます。

 

・通常なら100株単位で購入

・ミニ株なら1株単位から買える

 

 

例えば、ソフトバンクに投資したい場合、通常なら7,762円×100株≒80万円は必要になってきます。

 

しかし、ミニ株(単元未満株)であれば7,762円×1株≒8,000円ほどあればOKなのです!

 

【ソフトバンクの株を買う場合】

・通常なら80万円ほど必要

・ミニ株なら8,000円でOK!

 

 

いきなり80万の大金を投入するのは怖いかもしれませんが、8,000円であれば冷静な判断ができると思います。

 

ミニ株は投資初心者が株に慣れるために最適のサービスといえるでしょう。

 

 

ミニ株のメリット

ミニ株のメリットは少ない金額で投資経験が積めること。

 

本当の意味で投資経験を積むためにはデモトレードなどではなく、実弾で戦うことが必要です。

 

 

しかし、いきなり数十万という大金を動かすと大抵の初心者はビビって判断を誤ってしまいます。

つまり、投資初心者が負ける最大の要因は株価の乱高下に伴う感情の揺れなのです。

 

欲や恐怖に支配されると正常な判断ができなくなり、支離滅裂な行動の末、損切りに追い込まれてしまいます。

 

 

しかし、ミニ株で扱う金額は1万円以下。

 

たとえ株価が半額になっても含み損は5千円で済みます。

 

 

5千円の含み損であれば、おそらくあなたは何も感じないでしょう。

 

「まあ、そのうち上がるんじゃないの?」

 

これくらいの余裕があるはずです。

 

そして、この「無心状態」こそが投資で勝つために必要な精神状態なのです。

 

 

80万円近い大金を運用するのは怖くても8千円なら楽勝。

 

つまり、ミニ株であれば心の余裕があるため理性的に戦えて勝率も上がるのです。

 

 

ミニ株のデメリット

ミニ株のデメリットは投資金額が少ないため儲けも少ないことです。

 

1万円を投資して10%の利幅が取れても儲けは1,000円程です。

*ここから税金を取られ、手数料をやられますから、実質的な儲けは数百円程度です。

 

 

しかし、ミニ株投資での本当の利益は「経験値」です。

 

ここは目先の儲けを狙うのではなく、しっかりと「勝てる感覚」を身に付けていきましょう。

 

 

ミニ株投資ができる証券会社

ミニ株投資ができる証券会社は次の4つです。

 

・SBI証券

・マネックス証券

・株ドットコム証券

・SMBC日興証券

 

各証券会社におけるサービス名と手数料は次のようになります。

 

 

 

サービス名

1万円

10万円

20万円

SBI証券

S株

50円

500円

1,000円

マネックス証券

ワン株

50円

500円

1,000円

株ドットコム証券

プチ株

100円

636円

1,306円

SMBC日興証券

株式ミニ投資

700円

700円

700円

 

10万円以上は手数料が高いので、ミニ株投資をするなら資金は1万円以下がおすすめです。

 

それぞれの手数料は次のようにして決まっています。

 

 

【SBI証券】

約定代金×0.500%(税込0.540%) 最低手数料:50円(税込54円)

※1注文の約定代金に対して手数料が決まります。

出所:SBI証券

 

 

【マネックス証券】

出所:マネックス証券

 

 

【株ドットコム証券】

約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算

例)55,000円の約定代金の場合、20,000円までは100円

残り35,000円に対しては4(40,000円以下)×67円=268円

合計368円(税抜)の手数料となります。

出所:株ドットコム証券

 

 

【SMBC日興証券】

出所:SMBC日興証券

 

 

投資できる銘柄の数に大きな違いはないので、手数料で選ぶのであればSBI証券かマネックス証券がおすすめです。

 

ちなみに、SBI証券の「アクティブプラン」を選択すれば、10万円以下の取引手数料が無料になりますよ↓

出所:SBI証券

 

 

さらには、株ドットコム証券なら単元未満株を毎月一定額ずつ積立投資できる「プレミアム積立」というサービスがあります。

 

積立投資は投資の基本であり、資産を作るときの鉄則なのでこの機会に経験してみるのも良いでしょう。

 

 

以上、ここではミニ株について説明しました。

 

ミニ株は初心者が投資経験を積むには最適のサービスなので、積極的に活用していきましょう。