前回」は主要ラインで値段が撥ね返されるときに板上で読み取れる様子について解説しました。

この記事では主要なラインをブレイクして株価が続伸or続落する時に板上で起こる変化についての説明をします↓

前回の内容が理解できていれば、続伸or続落パターンもすぐに理解できるでしょう。

JKミカJKミカ

今回は「ラインブレイク」ね。

兵士長兵士長

基本的な考え方は同じだ。

株価がラインをブレイクする時も、巨人が個人をワナに嵌め、資金をむしり取る構図は変わりません。

相場にはテクニカルトレードを信望するテクニカルカモトレーダーが数多く存在しているので、ライン上は巨人にとって絶好のカモ狩りポイントになっているのです。

*さすがのカモといえど何の意味もないところで売買したりはしませんが、テクニカル分析はカモの行動指標となっています。

ライン付近になるとカモトレーダーの動きが活発化し積極的にトレードを開始するのです。

支持線や抵抗線と呼ばれているラインがありますが、そのような主要ラインが株価を支えるのか、もしくは株価の動きを止められず続伸or続落となるかは巨人の売買にかかっています。

窓際係長窓際係長

やはり注目すべきは「巨人」ですか。

兵士長兵士長

巨人観察はデイトレの基本だ。

巨人がラインで値動きを反転させたいのであればそうなる確率は高く、ラインをぶち抜く気であれば多くの場合、株価は続伸or続落となるのです。

このことは何度も言ってきたので十分理解できていると思います。

ここでは株価がラインを割って続落する場合の板読みについて解説を行います。

まず次のチャートを見てみましょう↓

前日最安値(前日SL)は多くのトレーダーが意識する重要ラインです。

ここを下へぶち抜けば、トレードの支え(根拠)を失ったテクニカルトレーダーが損切りを入れはじめます。

加えて追っかけ空売りを入れる提灯トレーダーの動きも活性化するので株価が大きく続落することが分かっています。

したがって巨人は多くのカモを嵌めるべく1日目に売れるだけ売りまくっています↓

上図中央の緑枠に囲まれた部分の値動きは方向性がなくフラフラとしていますが、これは巨人による仕込みが行われているからであり、ここでは奴らに大きな値動きを発生させる気はありません。

ちなみに2日目に株価が反応して値段がはね返されているのは、次図のように1日目にワナにかかったカモたちが同値撤退をしているからです↓

*前回の説明で、ワナにかかったカモたちが損切りできていないことは解説済み。

1日目にトレードしていたカモトレーダーは2日目もモニター画面を見ているでしょうから、ここで値段がはね返されていることの説明がつきます。

しかし、このような小幅な値動きは無視し、巨人が発動させる大きな値動きを狙っていくのが効率的です。

以下の青丸ポイントで板上に読み取るべき変化を考えてみましょう↓

前回の説明が理解できていれば、次の3つのことに注目することができるはずです。

①サイズの小さな個人の買いが目立つ

②巨人の買い注文が出なくなる

③一瞬のうちに値が動く

前回とほとんど同じ内容です。

兵士長兵士長

前回の内容を応用すれば簡単だ。

①サイズの小さな個人の買いが目立つ

板読みができないカモトレーダーにはライン付近のチャートは次のような見え方になっています↓(青色矢印部分に注目)

小さな陽線が出現し、いかにも値段がはね返されそうに見えてしまいます。

「これは反転上昇に違いない」と勘違いしたカモトレーダーは迷わずここで買い注文を入れてきます。

しかし、巨人はそんなこと完全にお見通しですからここにワナを仕掛けるのです。

見せ板などのワナがライン上に張られるのはこのような理由でもあります。

 

②巨人の買い注文が出なくなる

巨人は売りを仕掛けていますから大きなサイズの買い注文は出てこなくなります。

 

③一瞬のうちに値が動く

そして最後に、チャートしか見ていないテクニカルカモトレーダーに損切りする間を与えないように、一瞬にして主要ラインをぶち抜いてきます↓

ここに大きな陰線が立っているのは偶然ではなく、巨人の意図が働いているからです。

そして、損切りできなかったカモトレーダーにはさらなる悲劇が待ち受けています↓

これがラインブレイクの実態であり、チャートしか見ていないテクニカルトレーダーがいかに不利なのかよく分かります。

この事実を知らないうちはいくらテクニカル分析の勉強をしてもデイトレで勝つことはできません。

デイトレーダーにとって板読みは最低限の心得なのです。

*板読みができれば、チャートしか読めないカモトレーダーより有利な立場で戦うことができます。

デイトレにおける板読みの重要性が理解できたら、次は板読みの練習方法とあなたの板読みレベルについて把握しましょう↓

株◆歩み値・板読みの練習方法とは?◆板情報の見方・読み方⑧