「デイトレってどうやって戦うの?」

「デイトレの具体的な手法が知りたい!」

 

デイトレに限らず株式投資には一定の「勝ちパターン」が存在します。

 

似たような動き・似たような状況が何度も登場するので、実践経験を積むと同時に勝ちパターンを習得することが大切です。

 

今回紹介する「勝ちパターン」は次のようなチャート形です↓

*リバーエレテク(6666)

AボーイAボーイ

どこで仕掛けても勝てるね。

兵士長兵士長

チャート形が出来上がっていれば簡単だが、実際は色々考える必要があるぞ。

一見すると簡単そうですが、実際のチャートが出来ていく中で何を考えてどのように行動すればよいのか?

 

デイトレ戦略はいくつも存在しますが、ここでは手法の一例を紹介します。

Step1.発見

デイトレードの第一ステップは仕掛ける銘柄を見つけることです。

 

値動きの激しい銘柄を狙うのがデイトレの大原則なので、証券ツールのランキング表で候補となる銘柄を探しましょう。

JKミカJKミカ

どうして値動きが大きな銘柄を狙うの?

兵士長兵士長

大きな利益を得るためだ。

ほとんど値動きがない銘柄を選ぶと、大損もしにくいですが肝心の利益が取れません。

 

逆に、市場から注目されている銘柄は資金が出入りしやすい状態にあるため損もしやすいですが、大きな利益をとっていけます。

新卒OL新卒OL

リスクも大きいってことですね?

兵士長兵士長

変な仕掛け方をしなければ大丈夫だ。

デイトレの戦略は人それぞれですが、ここでは原則通りに値動きの大きな銘柄を狙っていきます。

 

 

ちなみに、今回の銘柄を実際に「発見」した時のチャート形は次のようになっています↓

AボーイAボーイ

朝イチでよく見かける形だね。

兵士長兵士長

ランキングで発見した時にはこのような状態になっているはずだ。

この状態で仕掛ける人がいますが、それは完全に悪手です。

AボーイAボーイ

「追っかけ商い」ってやつでしょ?

兵士長兵士長

よく分かってるじゃないか。

勢いよく上昇している株を追いかけるようにエントリーする「追っかけ商い」は初心者がよくやるミスです。

かけこみ乗車が危険なように、追っかけ商いはとても危険です。

 

なぜ「追っかけ商い」はダメなのか?

 

それはリスクレワードが最悪だからです。

 

この図は止まって見えますが、実際には値動きも激しく、資金管理ができるような状態ではありません。

 

さらには、ここから下がる銘柄も数えきれない程多いのです↓

つまり、ここへ仕掛けを打つとかなり高い確率で損してしまうのです。

 

では、どうすれば良いのか?

 

大きな値動きを発見した後はいったん「観察」に入るのが正解です。

 

 

Step2.観察

大きな値動きが確認できたら、銘柄を監視リストに入れて様子を見ます。

 

何を観察するのかというとまずはチャート形です。

AボーイAボーイ

板読みはしないの?

兵士長兵士長

いきなり板読みは疲れるからな。

明らかな下落がはじまり、チャート形が崩れてしまった銘柄は「見切り」でよいでしょう。

 

ただ、ほんのごく一部の銘柄では「上昇パターン」に入ることがあります。

JKミカJKミカ

どうやって見分けるの?

兵士長兵士長

チャートの形+出来高でスクリーニングするぞ。

通常、株価は出来高の減少とともに下がっていきます。

*ラオックス(8202)

 

・出来高が上がると株価が上がる

・出来高が下がると株価も下がる

 

これが「普通」の現象です。

 

しかし、出来高が減少しても値が下がらず「横ばい状態」に突入することがあります。

出来高が小さくなっても株価がラインを割ってきません。

 

このような「前兆モード」に入っている銘柄をいち早く見つけ、板情報の観察に入るのです。

JKミカJKミカ

板読みも必要なの?

兵士長兵士長

チャート形だけで攻めるよりも勝率が高まるぞ。

なぜ板情報を見る必要があるのか?

 

それはこれが意図的な値動きであれば巨人が関与している可能性があるからです。

相場の巨人相場の巨人

バレちゃった?

兵士長兵士長

バレバレだ。

デイトレの鉄則は「巨人の動きを把握して便乗すること」です。

 

自然発生するランダムな値動きに賭けるのではなく、巨人が作り出す意図的な値動きに便乗する方が圧倒的に勝てるのです。

 

ここでいう「観察」とはもちろん、「巨人が何か不自然な動きをしていないか?」を板読みで確認するという意味です。

 

 

Step3.仕掛け

仕掛けを打つタイミングは次のようにして決めます。

 

①出来高が極めて小さい

②株価が下がってこない

③ローソク足が小さい

④板情報に不自然な動きがある

*①~④の全てを満たさなくても仕掛けることはあります。

 

とくに「④巨人の動き」を確認できるとデイトレでの勝率は跳ね上がります。

 

その時の地合いや許容できるリスクなど、他の要因も考慮してエントリーしましょう。

 

 

Step4.利確

株価が上昇を開始したら利確体制に入りますが、すぐに利確してはいけません。

 

利益確定のタイミングはとても難しいですが、利食いが早いと長期的にはマイナスになってしまうでしょう。

 

ただし、ストップ高まで伸びる保証はないため上昇に伴う分割利確」が現実的だといえるでしょう。

 

そして、もし値段が下げてきても損はしないように「同値撤退」を下限ラインに設定しておきましょう。

このようにかなり細かい作業が必要ですが、デイトレの9割以上は「待ち」の時間です。

 

・仕掛ける銘柄の出現を待つ

・仕掛けるタイミングを待つ

・板読みで確認をとる

・仕掛けたら上昇するのを待つ

 

勝率が高いタイミングを狙い、また勝率の高い根拠(巨人の動き)をもとに他の参加者と我慢比べをしている状態です。

JKミカJKミカ

おいしいとこだけもらうのね?

兵士長兵士長

下手に動くとカモられるぞ。

そして株価が反対方向に進み始めたら迅速に損切り、資金を守っていきます。

 

 

以上がデイトレの流れであり、ここで紹介した「勝ちパターン」は実戦で何度も登場します。

AボーイAボーイ

勝ちパターンに入っているチャートを探せばいいの?

兵士長兵士長

板読みを身に付けて勝率を高めることも必要だ。

ただし、デイトレで安定的に勝つためには板読みの能力が必要です。

 

チャートパターンや状況からの仕掛けでも勝つことはできますが、デイトレにおける勝敗の鍵は板読みが握っています。

 

板読みができないうちはリアルマネーは入れず、モニターを見てレベルアップに努めましょう。

 

板読みに関する知識は以下記事参照↓

板読みデイトレード総まとめ!短期投資に必要な知識・ツールを徹底解説します。