「空売りで大儲けしたい!」

「買いだけでなく売りでも利益を出したい!」

このように考えている人もいるでしょう。

たしかに空売りは儲かりますが、稼ぐためには知識が必要です。

そこで、この記事では正しい空売りのやり方を3Stepでお伝えします。

この記事の流れ

Step1.空売りのチャンスパターン

まずはどのような場面が空売りのチャンスパターンなのか理解しましょう。

 

Step2.スクリーニング方法

空売りチャンスが分かればスクリーニング方法(見つけ方)は簡単です。

 

Step3.実践的な空売り方法

空売りには正しい「仕掛け方」があります。

Step1.空売りのチャンスパターン

空売りには大きく3つの使い方があるので、チャンスパターンも3種類です。

①:ヘッジの空売り

現物株の値下がりによる損失を回避するための空売り

 

②:トレンドフォローの空売り

テクニカルチャート上で下降トレンドにある銘柄に仕掛ける空売り

 

③:天井圏での空売り

急騰銘柄で天井圏の値動きを確認したら仕掛ける空売り

いずれの空売りもその目的が違うため、探すべき銘柄も異なります。

・それぞれの空売りはどのような銘柄に仕掛ければ良いのか?

・空売りを仕掛ける適切なタイミングは?

この2点を意識しながら進めていきましょう。

 

①ヘッジの空売り

ヘッジの空売りは基本的に現物株の担保の上に仕掛けていく「最も安全な空売り」です。

兵士長兵士長

ヘッジの空売りは値下がりリスクへの保険的な使い方をするものだ。

たとえばあなたはAという銘柄(現物株)を1,000株持っていると仮定します。

銘柄Aは配当金も高いので、持っているだけでお金を生み出してくれる「資産」です。

安い値段で購入できた場合、含み益も乗っている状態です。

しかし、上昇した後にはほぼ必ず「調整の下げ」が入り、含み益が激減してしまう場面が来ます↓

上昇トレンドにあった株価がトレンドラインを割っているのが分かるでしょうか?

大きな陰線がトレンドラインを突き抜けており、ここから下落に転じると予想できます。

新卒OL新卒OL

せっかくの含み益が消えてしまいますね。

兵士長兵士長

株価は上がれば下がるからな。

もちろん株を売却して利確するという方法もあります。

しかし、配当金狙いの場合や相場全体が上げトレンドの時はホールドを続けた方が良いこともあります。

そんな、「現物株は持っておきたいけど、含み益の減少を回避したい」という場面で使うのが「ヘッジの空売り」です。

赤い矢印のタイミングで空売りを仕掛けておけば、その後の下落を利益に変えることができます。

つまり、ヘッジの空売りはチャート上で「下降トレンドへの転換?」という場面で仕掛けます。

ちなみに銘柄Aを1,000株持っていた場合、仕掛けるヘッジ空売りは1,000株以下です。

JKミカJKミカ

なんで1,000株以下なの?

兵士長兵士長

持っている現物株の数より多く仕掛けたら、「ヘッジ(保険)」にならないからだ。

現物1,000株の担保があれば予想が外れてしまっても「現渡し」で対応すればよいので、空売りを仕掛けるリスクはありません。

上手く仕掛けが打てたら下落が利益に変わるので適度に利確していきましょう。

 

②トレンドフォローの空売り

兵士長兵士長

次は空売りで積極的に利益を狙うパターンだ。

トレンドフォローとは、下落トレンドに入っている銘柄の下げの波を狙う空売りです。

例えば次のチャートを見てみましょう。

大きな窓開け下落をきっかけとして株価が下降トレンドに転換しているのが分かると思います。

下降トレンドの波は25日移動平均線(赤い線)に接すると力なく下落を繰り返すパターンです。

つまり、トレンドフォローの空売りを仕掛けるのは次図赤丸の部分です↓

株価が「戻り」と呼ばれる「下落の押し目」に差し掛かったタイミングで空売りを仕掛けます。

一見上昇しそうですが、一旦下落トレンドに入った株価はそう簡単には復活しません。

兵士長兵士長

一度発生したトレンドはある程度の期間は継続するぞ。

下落中の大型銘柄をピンポイントで狙い撃つ空売りで確実に利益を取っていきましょう。

 

③天井圏での空売り

兵士長兵士長

最後に大技を紹介しておこう。

滅多にチャンスはありませんが、ピンポイントで技が決まれば一撃必殺となるのが「天井圏での空売り」です。

相場で賑わいを見せ、急上昇した銘柄の中には高い確率で「天井圏の値動き」が発生します↓

*ラオックス(8202)

*蛇の目ミシン(6445)

天井圏の値動きが発生すると、その後高確率で株価が下落していくため、ここで空売りを仕掛けます。

JKミカJKミカ

どうやってタイミングをとるの?

兵士長兵士長

天井圏には独特の値動きがある。

天井圏の値動きには共通した特徴が見られます↓

*ラオックス(8202)

*蛇の目ミシン(6445)

つまり、天井圏では株価が激しい上下動を始め、1度付けた高値を2度(更新しようと)試す値動きが発生します。

そして、2度目の高値更新に失敗した後で株価は力なく失速し、一気に下落していくのです。

これは何も株式市場に限ったことではなく、仮想通貨相場でも見られます↓

*ビットコインの値動き

このことを知っていれば暴落を回避できますし、逆に空売りを仕掛けることで利益を得ることもできるのです。

天井圏は値動きが華やかなので多くの初心者が「買い」を選択してしまいます。

しかし、このタイミング(天井圏)はプロからすれば「売り時(現物売却+空売り)」なのです。

 

Step2.空売り銘柄のスクリーニング方法

空売りに適した銘柄は3種類ありました。

空売りチャンス

①ヘッジの空売り

②トレンドフォローの空売り

③天井圏での空売り

ここでは狙いの銘柄を「どうやって見つければ良いのか?」を説明します。

①ヘッジの空売り

ヘッジの空売りには「現物株の所持」が前提なので、いきなり空売りを仕掛けることはありません。まずは現物株を買い、チャートでトレンドを観察しましょう。

 

②トレンドフォローの空売り

下降トレンドの発生は「テクニカルチャート分析」で発見します。

株価チャート実践帳などでテクニカル分析を学び、日々のチャート観察を続けましょう。

 

③天井圏での空売り

市場で大きな注目を集めている銘柄を探せばすぐに見つかります。普通に証券ツールを見ていても分かりますが、Yahoo知恵袋やツイッターで話題になっている銘柄を見るのが正解です。

いずれの空売りチャンスも基本的にはテクニカルチャート分析で発見します。

日々の銘柄観察(3分くらいでOK)をしていれば発見できるでしょう。

 

Step3.実践的な空売り方法

以上のように、空売りを極めれば短期間で大きな利益を狙うチャンスがいくつもあります。

ただ、空売りは大きなリスクを伴うため、中途半端な知識で使うと非常に危険です。

投資戦略に空売りを組み込むのであれば、最低でも空売りの基本的な知識が必要です。

JKミカJKミカ

どうやって勉強すればいいの?

兵士長兵士長

空売り教材の内容をインプットすべきだな。

空売りは「買い」以上に奥が深い戦法になるので、使う前には以下の書籍に目を通しておくと良いでしょう。

空売り本はたくさんありますが、断片的な知識を学んでもあまり効果はありません。

体系立ててまとめられた本で学び、空売りの基礎知識を網羅しておくことが必要です。

AボーイAボーイ

そういえば「空売り」の知識ってほぼ0かも・・

兵士長兵士長

無知で空売りを使うと危険だぞ。

オニールの空売り練習帳なら空売りに必要な知識が一通り学習できます。

第1部:いつどうやって空売りするか?

第2部:空売りの構造

第3部:最高の空売りモデル

これだけの内容を一通り学んだら、次にすべきは実際のチャートを見ながらの「検証作業」です。

なぜなら空売りは「買い」以上に勇気が必要となり、タイミングがズレてしまうと大きなリスクを伴うからです。

AボーイAボーイ

たしかに「買い」より「空売り」の方が怖いね。

兵士長兵士長

しっかりリスク管理するように。

何度もチャートを見て「絶対のタイミング」が取れるようにイメージすることです。

ただし、ここでいう「タイミング」とは決して「資金を一度に投げ込め」という意味ではありません。

買いポジションを作るとき同様に、空売るときも資金を分割して平均約定値を高くすることを目指します。

上昇するにつれて売り上がるイメージが大切です。(1-1-2-3などの建玉)

しっかりとリスクを管理しながら売りポジションを作っていきます。

この辺りの考え方はうねり取り教材で学んでいれば分かるはずです。

そして、常に資金に余力を残しておくことで勝率を高めることができます。

また、上手くいかなかった時のことも考え、どれだけのリスクをとるのか明確に決めておきましょう。

窓際係長窓際係長

空売りはリスクも高いですもんね。

兵士長兵士長

買いのようなホールド戦略はとれないぞ。

 

空売りまとめ

空売りに限らず、仕掛けは必ず「チャンスが出現したタイミング」で行います。

とくに株式投資では自分でチャンスを作ることができないため、そのほとんどが「待ち時間」となります。

兵士長兵士長

しびれを切らして動いても勝てないぞ。

上で紹介した3パターンは相場でよく出現するチャンスパターンなので、定期的にチャートをチェックしておきましょう。

新卒OL新卒OL

つまり、空売り銘柄は「チャート形」で見つけるってことですね。

兵士長兵士長

その通り。定期的にチャートをチェックするように。