「これから儲かる株を見つけたい!」

「誰よりも早く成長株に投資したい!」

 

これは多くの投資家の願いではないでしょうか?

 

ただし、PERやPBRばかり見ていても本当に価値のある企業は見つかりません。

JKミカJKミカ

じゃあどうやって見つけるの?

兵士長兵士長

もっとまともな方法があるだろ。

割安株を見つけるために本当に大切なのは数値分析ではなく「消費者としての視点」です。

 

だれでも持っている「お客さんの立場」から考えることがとても重要なのです。

JKミカJKミカ

どういうこと?

兵士長兵士長

株がどうやって成長するか考えてみることだ。

会社の分身である株式は多くの人(お客さん)に支えられて成長します。

 

そして、会社が成長を続けるために必要なことはただ1つ。

 

 

・人に価値を提供すること

 

 

多くの人に必要とされる商品やサービスには必ず「ファン」がつきます。

ファンはリピーターとなって、その会社の商品やサービスを使い続けてくれます。

 

このような人(リピーター)が増えることで、会社の売り上げは右肩上がるのです。

そうなると当然、会社の分身である株式(株価)も右肩上がりに成長し続けるということになります。

 

 

ということは、次のような考えに至るでしょう。

 

 

過去に成長した会社はどのような商品やサービスを提供したのか?

 

つまり、誰よりも早く成長株を見つけるためには、時代背景も含めて「どのような商品がヒットしたのか」を知ることが必要なのです。

 

このページでは多くの人に価値を提供しているすばらしい会社を紹介します。

売れる商品・サービスの鉄則

企業が成長するためには人に求められる商品・サービスを提供することが必要です。

 

そして、多くのリピーターに支えられて企業(株式)は成長していきます。

 

つまり、株が成長するかどうかは「企業の活動内容」を見ることが大切です。

JKミカJKミカ

活動内容って?

兵士長兵士長

どんな仕事をしてるかってことだ。

企業の仕事は商品やサービスを見れば分かります。

*スマホで検索すれば大抵のことは分かります。

 

では実際、どのようにして成長企業を見つけるのか?

 

ヒントは「ドラえもん」に凝縮されています。

 

「あんなこといいな、できたらいいな」

 

これはつまり、「マーケットインプロダクトアウト」の意訳表現です。

新卒OL新卒OL

マーケットインプロ・・?

兵士長兵士長

要は「お客様ありき」ってことだ。

簡単にいうと、商品・サービスが売れるためには鉄則があります。

売れる商品・サービスの鉄則

Step1.お客さんのニーズありき

Step2.商品・サービスの提供

 

これはドラえもんで考えるとよく分かります。

 

Step1.のび太が困る

「ドラえも~ん、助けて~」

Step2.道具を出して問題解決

 

この流れが必要なのです。

JKミカJKミカ

いつものパターンね。

兵士長兵士長

売れる商品は必ずこの流れに乗っている。

逆に、のび太が困っていないのにドラえもんの方から道具を出すことはありません。

 

何の問題も抱えていないのび太に道具は必要ないからです。

*困っていないのび太はさほど道具に興味を示さないでしょう。

 

これはリアル社会でも同じ。

 

Step1.人が困る(悩み、問題)

「ドラえも~ん、助けて~」

Step2.どこかの企業が商品、サービスを開発して問題解決

 

 

人は困っているからこそ、商品・サービスに飛びつくのです。

 

 

まずはこのように、「多くの人の悩み、願望に添う商品か否か?」

 

ここを見ます。

 

次に、「その商品がどれくらい人の生活に影響を与えるものなのか?」

 

ここを考えます。

*過去の事例や時代背景なども考慮する

 

 

そして、ドラえもんでも何度も登場するような道具は要チェックです。

 

・タケコプター

・どこでもドア

・タイムマシン

 

このレベルの商品になると莫大な売上げを出す「超ヒット商品」になるからです。

 

実社会でいうと多くの人が依存レベルで使ってしまうようなもの。

 

・自動車

・スマホ

・LINE

・アプリ

・???

*あなたもよく知っているはずです。

 

こういったものを提供する企業は伸びます。

 

 

ですから少なからず、必要になる視点は次のようなものです。

 

・様々な会社がどのような事業を行っているのか?

・それは困っている人の役に立つのか?

・人を熱狂的に楽しませるものか?

・必需品になりそうか?

 

このような観点から考えていきます。

 

ここでは様々な企業による「人の役に立つ商品・サービス」を紹介します。

 

 

東証一部

東証一部の中にも成長株はあります。

 

また、大ヒット商品を出して一部に格上げした企業もあります。

 

どのような商品、サービスで人の役に立っているのか?

 

一部上場企業の活動はとくに市場規模が大きいものが多いですよ。

 

 

リクルートHD(6098)

長期的に上げトレンドにあるリクルートHD(6098)は持ち株会社です。

 

事業内容は3つに分類されますが、中でも有名なのは「転職サポート」ですね。

 

「ブラック企業に就職してしまった・・」

「転職して天職に就きたい!」

 

JKミカJKミカ

ここが人の悩み(ニーズ)ね?

兵士長兵士長

その通り。「マーケットイン」の部分だな。

このようなニーズをもつ人に対して、また「優秀な人材を確保したい!」という企業に対して価値を提供しています。

 

仕事は人生に大きく関わる重要な部分であり、転職者は年間300万人です。

新卒OL新卒OL

すごい人数だね。

兵士長兵士長

それだけ市場規模(マーケット)も大きいってことだ。

 

あなたは今の職場に満足していますか?

 

もし転職を希望する時は、リクルートをはじめとする転職のプロがサポートしてくれますよ↓

転職の本質とは?天職に就くために必要な3つの考え方を徹底解説!

窓際係長窓際係長

私は今の会社で十分ですね。

兵士長兵士長

あんたには無縁の企業かもな。

 

 

EIZO(6737)

安定した成長をしているEIZO(6737)は映像環境ソリューションを提供する会社です。

JKミカJKミカ

「ソリューション」ってなに?

兵士長兵士長

問題を解決することだ。

配当利回り2%なので、資産銘柄としては物足りないかもしれません。

 

投資戦略としては長期よりは短期のスイングトレード向きですね↓

株価は同じ価格帯を上下動する性質をもっているため、25日移動平均線からの乖離率を目安に売買すれば簡単です。

 

 

ただ、EIZOはこれからの社会に必須となる「モニター」を製造しています。

*EIZO社製モニター

 

JKミカJKミカ

モニターなんてどこにでもあるじゃん。

兵士長兵士長

EIZOのモニター技術はレベルが違うぞ。

EIZOのモニター性能は従来のものとはレベルが違います。

 

それはまさに「人の悩みを解決する」にふさわしいものです。

実際、EIZO社製のモニターは目の痛みに悩んでいた私の問題を解決してくれました↓

株◆モニター増設時のおすすめは目にもやさしいEIZO社製で決まり!◆

 

あなたはEIZO社製のモニターを使ったことがあるでしょうか?

 

おそらく1度でも使うと、その性能に惚れ込んでしまいますよ。

 

 

北の達人コーポレーション(2930)

テンバガー(10倍株)へと成長した北の達人コーポレーション(2930)は北海道にある会社です。

 

事業内容は健康食品、化粧品、雑貨、ネット通販と様々ですが、その中でも大ヒットしたのがアイキララ という商品(アイクリーム)です↓

30代になるとコラーゲン(タンパク質)の減少による目のくぼみ、しわが発生しやすくなります。

 

また目元のクマに悩んでいる人は多く、販売当初は売り切れ状態となったほどです。

JKミカJKミカ

お肌の悩みは深そうね。

兵士長兵士長

その通り。男でも悩むからな。

 

やはりこのレベルの商品はなかなか開発できないのでしょう。

 

株価に大きく寄与しているものと考えられます。

 

そして、大企業ならではの無料電話サポート

 

本当にお客さんのためを考えている素晴らしい企業だと思います。

 

 

さらには全額返金制度を付けることで、お客さんの心理的ハードルを下げています。

JKミカJKミカ

満足できなかったら返金してもらえるの?

兵士長兵士長

その通り。通販では当たり前の販売戦略だな。

つまり、テンバガー(10倍株)に成長するような企業は次の条件を満たしています。

 

・圧倒的な商品開発力

・お客さんへの誠実な対応

・第三者機関からの高い評価

 

アイキララに限らず、北の達人のポリシーは「本当に良いものだけを作ること」です。

*他にはハンドクリームなどもあります。

 

結果的には株が成長するのも当然だったのかもしれませんね。

 

 

東証二部

現在構築中です。

しばらくお待ちください。

 

 

ジャスダック

現在構築中です。

しばらくお待ちください。

 

 

マザーズ

現在構築中です。

しばらくお待ちください。

 

 

非上場

現在構築中です。

しばらくお待ちください。

 

 

時代背景

商品、サービスの売れ行きは「時代背景」に左右されます。

 

例えば「メルカリ」などはスマホの普及がベースにあります。

 

その他、人々の意識が変わることで売れ始める商品もあります。

 

「防災関連商品」などはその代表格といえるでしょう。

 

 

防災関連

地球温暖化の影響もあり、日本の環境は激変しているように思われます。

 

そんな中、多くの地震・台風による災害を経験したり見聞きした人々は防災意識が高まっています。

防災意識の高まりによって売れる商品は次の記事で紹介しています↓

【株式投資】南海トラフ大地震発生時の戦略を徹底解説します。

何かの問題が発生した時や人々の意識が向かう方向には企業が成長するためのチャンスがあります。

 

これから成長する企業を見つけるためのヒントになりますよ。

 

 

成長株の見つけ方まとめ

いかがでしょう?

 

21世紀の日本には実にすばらしい会社がたくさんありますね。

 

中にはテンバガー(10倍株)へと成長した企業もあります。

 

このような過去事例を見ていくことでどのような商品がヒットしたのか良く分かります。

 

時代背景も考慮しながら、これからのヒット商品に投資しましょう。