「今の仕事を好きになれない・・」

「パワハラ上司が面倒でイヤだ・・」

 

会社に就職しても、その仕事・職場があなたにピッタリ合うとは限りません。

 

・職場の人間関係が悪い

・残業が多い

・給料が安い

・仕事にやりがいを感じない

・経営理念、社風が合わない

・将来が不安(業績が悪い)

・正当な評価がなされない

 

実際にはいろいろな問題が出てきて面倒ですよね。

 

でも仕事は人生に大きく関わる大切な部分ですから、そのまま放置することも避けたいものです。

新卒OL新卒OL

何か行動が必要ですかね?

兵士長兵士長

まわりはなかなか変化しないからな。

問題解決の方法が必ずしも転職することとは限りませんが、ここでは転職を前提とした話をします。

転職する2つの目的とは?

毎年300万人が転職している事実からも、今の仕事に満足していない人が多いことが分かります。

 

「仕事を辞めたい」と考えているのは決してあなただけではないのです。

 

しかし、転職の意味を何も知らず、また考えることもしなければ、高い確率で失敗してしまいます。

 

「こんなはずじゃなかった・・」

「給料は良くなったけど、今度は労働時間が伸びた・・」

 

このようにまた不満が出てきて、転職を繰り返すことになるのです。

 

なぜこのようなことになるのか?

 

それは転職がもつ「2つの意味」を理解していないからです。

転職する意味

①職業を変える

②労働条件を変える

JKミカJKミカ

何となくは分かるけど・・

兵士長兵士長

転職の本質をしっかり理解することが必要だ。

 

目的①:職業を変える

転職する1つ目の意味が「職業の変更」です。

 

人は仕事内容(職業)に不満がある場合に転職を考えます。

 

仕事そのものを変える時に考えるべきは次の2点です。

 

・あなたの好きなことは何?

・あなたの得意なことは何?

 

この2つは「あなたの才能開花」に関わる大切な部分です。

 

「好きかどうか」と「得意かどうか」は次の3種類の組み合わせがあります

 

・好き+得意

・好き+不得意

・嫌い+不得意

*得意なことを嫌いな人はあまりいないため除外

 

そして、一般的に次のような法則があります。

 

・仕事ができる人ほど「好き+得意」なことを仕事にしています。

 

・仕事ができない人ほど「嫌い+不得意」なことを仕事にしています。

 

後者がいわゆる、才能が活かせていない「転職すべき状態」というやつですね。

 

 

実際にはさらに「働く環境」が加わります。

 

一つ例を挙げると、ガリガリに痩せている人が相撲(すもう)をとっているような感じです。

 

どう見たって向いてない。

 

勝てっこない勝負をしている人があまりに多いのです。

 

「でも〇〇になりたかったから・・」

「はじめて就職したのが今の会社だったから・・」

 

よほど好きなことならそれでも良いかもしれません。

 

好きなことができる人生も捨てたものではないからです。

AボーイAボーイ

毎日好きなことができたら最高だよね。

兵士長兵士長

楽しい仕事を選べばいいだけだ。

でも、好きでもなく得意でもないことをやり続ける人生は地獄です。

 

やりたくないことを続ける毎日。

 

そして得意でないし見当違いの土俵にいるから結果も出ない。

 

転職や部署変更とは本来このような状態をリセットするために行うものです。

*人間関係のリセットもありますが。

また、ガリガリに痩せている人にも輝ける仕事(or得意な場所)が必ずあります。

 

それは〇〇かもしれませんし、△△かもしれません。

新卒OL新卒OL

〇〇や△△って何ですか?

兵士長兵士長

適性の探し方はこのあと説明しているぞ。

仕事や環境を変えただけで結果は変わります。

 

結果が変わればまわりの反応は変わります。

 

つまり、あなたの「得意なこと」、「いるべき場所」を見つければ人生は変わるのです。

JKミカJKミカ

私にも輝ける場所があるのかな?

兵士長兵士長

それを探すのが人生だ。

でも多くの人は何が自分に向いているのか分からないままもがき苦しんでいます。

 

がむしゃらに戦い続けているのです。

 

ガリガリに痩せているのに相撲の土俵に上がり続けているのです。

 

どうすればそのような状況を変えることができるのか?

 

その時に必要なのが、「あなたの強みを知ること」です。

JKミカJKミカ

「強み」って?

兵士長兵士長

お前の才能だ。

あなたの強み(才能)とはなんでしょうか?

 

このように聞かれてもよく分からないと思います。

 

「得意なことなんて思いつかないよ・・」

「とくに才能なんてないのでは?」

 

もしあなたがこのように思うのであれば、それは実にもったいないことです。

 

なぜなら、あなたは「才能」を眠らせた状態だからです。

JKミカJKミカ

でも才能なんてどうやって見つけるの?

兵士長兵士長

スマホがあれば簡単な方法があるぞ。

あなたの得意な場所を探すには才能診断テストを受けてみるのが確実です。

 

本来ならプロにコンサルしてもらうのがベストですが、無料で気軽に受けられるグッドポイント診断があります↓

出所:リクナビNEXT

 

大まかな診断では18種類の中からあなたの強みを5つ把握できます↓

出所:リクナビNEXT

 

さらには、膨大なデータに基づいて詳細な診断結果が得られます↓

出所:リクナビNEXT

診断結果は8,000通り以上もあり、あなたの得意な仕事、居るべき場所が分かります。

 

診断を受けるにはリクナビNEXTの会員登録が必要ですが1分で終わります。

 

登録も診断も無料なので時間があるときにあなたの強みを把握しておきましょう。

 

 

そして、強みを知ったらその才能を活かせる仕事、職場に移るのです。

 

「今の仕事は向いているのか?」

「今の部署にいることは正解なのか?」

 

結果を見てすぐに転職or部署異動する必要はありませんが、自身の強みを知っておくことは大切です。

 

かの有名な戦略家「孫子」も言っています。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

 

「己を知ること」

 

それが人生を豊かにするための第一歩なのです。

 

 

 

目的②:労働条件を変える

転職する2つ目の意味が「労働条件を変えるため」です。

 

人の転職理由(不満に感じたり、望むもの)は次のようなものがあります。

 

・給料

・労働時間

・やりがい

・将来性

・人間関係

・評価制度

など他多数

 

おそらくあなたの転職理由も入っているはずです。

 

「何が不満で仕事を辞めたいのか?」

「そして、具体的に何を望むのか?」

 

まずはここをはっきりさせることが大切です。

新卒OL新卒OL

目的の明確化ですね。

兵士長兵士長

転職して望むことだな。

ただ、実際に転職を考える時はどれか1つの理由だけに焦点を当てるのではなく、「複数項目のバランス」を考えることが大切です。

 

 

この「バランス」は漠然と考えていても分からないため、具体的な数値を使うことが必要です。

 

次のような六角形に、「あなたが仕事をする時に大切なこと」を書き込んでいきます。

 

 

現在の状況についてそれぞれの項目に点数をつけていきます。

 

持ち点を各5点として、今の仕事を合計30点満点で評価するのです。

 

例えば私の場合↓

 

給料:手取り30万弱、新卒にしては普通かな・・・3点

やりがい:やりがい皆無、今すぐ辞めたい・・・1点

労働時間:地獄の無限労働・・・1点

人間関係:どこの会社にもウザい奴はいるだろう・・・3点

評価制度:ぶっちゃけ昇進なんかどうでもいい・・・4点

安定性:公務員は安定だけが取り柄・・・4点

 

これを表にすると次のようになります。

評価項目 点数 理由
給料 3 手取り30万弱、新卒にしては普通かな
やりがい 1 やりがい皆無、今すぐ辞めたい
労働時間 1 地獄の無限労働
人間関係 3 どこの会社にもウザい奴はいるだろう
評価制度 4 ぶっちゃけ昇進なんかどうでもいい
安定性 4 公務員は安定だけが取り柄

 

そして、この結果をグラフで表現してみます。

何やらいびつな六角形になりましたが、30点満点で16点です。

 

そして、今度は転職したらこれをどのようにしたいのか書き込みます。

 

ただし、この時に多い間違いが次のようなものです↓

*「このようにしたい!」という希望を赤色で記入しています。

 

全項目で4点、合計24点とする間違い。

 

何がダメなのか?

 

それは合計点が16点から24点に8点も増えているところです。

AボーイAボーイ

転職したら点数は増えるんじゃないの?

兵士長兵士長

点数を「増やそう」とすると失敗するぞ。

「転職するんだから点数が増えて当たり前でしょ?」と思うかもしれません。

 

しかし、「転職すればすべての項目がパワーアップする!」というのは思い込みです。

 

実際には、転職しても合計点を増やすことはできません。

 

また、現実にもすべての項目をパーフェクトに満たすような職場は存在しないのです。

JKミカJKミカ

理想が高すぎて失敗するパターンね?

兵士長兵士長

結構多いから気を付けるように。

したがって、このような思い違いをしたまま転職に踏み切ると、転職後に必ず何らかの不満が出てしまいます。

 

「給料は上がったけど、長時間労働になってストレス増えたじゃん・・・」

「業績は安定してるんだけど、今度の仕事ってやりがい無いんだけど・・・」

 

このようなことになって転職を繰り返す人が続出するのです。

 

 

ですから、転職する時の考え方としては、「どの項目を重視して、どこは妥協するのか?」をはっきりと決めておくことが大切です。

 

 

例えば外資系の証券会社なら給料は高いですが、成果を求められるため日々のプレッシャーは増すでしょう。

 

さらには突然リストラされる不安定さもあります。

 

つまり、給料をとれば精神的なストレスを我慢しなければならないのです

 

要は「あなたが何にストレスを感じるか?」が重要なのです。

 

「何は我慢できて何は我慢できないか?」を把握することがまずは必要なのです。

 

 

転職する理由が見えてきたでしょうか?

 

 

つまり、転職する目的は「点数配分を変えること」なのです。

 

今の持ち点は16点。

この点数配分をあなたのストレスが最も軽い状態に調整するのです。

 

 

私の場合ですと持ち点は16点で、重視するのは「自由な時間」と「人間関係」です。

 

逆にその他の項目はあまりストレスにならないので、点数配分を次のように変更します↓

つまり、「総合点は変えずに、黒い六角形(現状)を赤い六角形(理想形)に変えること」

 

これが転職の正体なのです。

新卒OL新卒OL

まさに目的の明確化ですね。

兵士長兵士長

目的を狙い撃つ感じだな。

ちなみに私が赤い形を希望した理由は次のようなものです。

 

私はもともと起業するつもりだったので、定年まで働く気はありませんでした。

 

そのため最も重視するのは「自由な時間」。

 

すべての時間を「辞めるつもりの仕事」にとられると起業の勉強や準備ができないからです。

 

さらには、意味のない飲み会などの「煩わしい人間関係」がストレスになるのも嫌だったのです。

 

そして逆に、長く続ける気のない仕事に対する「安定性」や「評価」などどうでもいいことだったのです。

 

 

このように分析すると、私にとって最もストレスになっていたのは、ブラック企業が課してきた「超長時間労働」であったことが分かります。

 

「1日中働き続けてたら何もできない・・・」

 

ここが最大のネックだったわけです。

 

ここさえ何とかすれば、「起業の準備をしながら仕事もできる!」ということです。

 

 

つまり、

①仕事をどのような位置付けにするのか?

②何を重視するのか?

③何を我慢するのか?

 

この3点を明確にすることが転職活動の第一歩なのです。

 

 

あなたも転職する前にはこのような「自己分析」を行い、あなたの思いを確認すると共に、何がストレスになっているのか?

 

そして、どの項目なら我慢できるのか?を把握するようにしましょう。

 

 

「全ての条件を満足できる職場に行ける!」と期待すると転職は失敗します。

 

逆に、すべきことを明確に理解してストレスを減らせるように調節できると転職は成功しますよ!

 

 

 

有利に転職する方法とは?

転職の意味は理解できたでしょうか?

 

転職する目的は次の2点でした。

 

・職業を変える

・労働条件を変える

 

AボーイAボーイ

この2つなら簡単だね。

兵士長兵士長

自分でやるのは難しいぞ。

 

「転職の本質が分かったからもう大丈夫!」と思い、あなた1人で転職を進めるとおそらく上手くいきません。

 

つまり、これを普通の人が1人で行うのはほとんど無理なのです。

JKミカJKミカ

なんで無理なの?

兵士長兵士長

データやノウハウがないからだ。

転職はあなたの「個性」によるオリジナルな現象ではなく、これまでの膨大なデータを参照することで成功します。

つまり、思い込みで「何となく」やると失敗してしまうのです。

 

そこで登場するのがリクルートをはじめとする「転職のプロ」です。

 

・転職を求めているあなた

・人材を求めている企業

 

この2者をマッチングさせてくれます。

 

多くの転職をサポートしてきた企業には膨大なデータも成功するノウハウもあります。

 

・成功する転職戦略

・うまくいかないパターン

・効率的な書類作成

 

そして何よりプロは最新の転職情報を持っています。

 

このようなプロにあなたの希望を伝えることで転職の成功確率が格段に上がるのです。

新卒OL新卒OL

プロの助けが必要ですね。

兵士長兵士長

転職を成功させたいなら必ずプロと協力するように。

 

では具体的にあなたはどのような行動をとればいいのか?

 

転職するときに活用すべきツールは次の2つです。

 

・転職サイト

・転職エージェント

 

JKミカJKミカ

なにが違うの?

兵士長兵士長

それぞれメリットとデメリットがあるぞ。

 

 

転職サイト(1人で自由に転職)

「どんな求人があるのか見てみたい」

「自分のペースで転職を進めたい」

 

このような場合は「転職サイト」が最適です。

 

転職サイトでは基本的にあなたが1人で情報を集め、転職を進めます。

 

良さそうな求人があれば応募することもできますが、スケジュール管理もあなたが1人で行うことになります。

 

職務経歴の書類などの添削をしてもらうことはできますが、担当が付いて「二人三脚」という感じではありません。

 

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットはあなた1人で自由に転職活動ができること。

 

情報収集から応募書類の作成、企業への面接など、誰かに何かを言われることなく、あなたのペースで進めていけます。

 

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリットはあなた1人で転職活動を進める必要があることです。

 

これはメリットでもありデメリットにもなります。

AボーイAボーイ

どうしてデメリットなの?

兵士長兵士長

転職のノウハウを活かしきれないことだ。

転職活動成功の秘訣は情報力とノウハウの活用にあります。

 

あなた1人で転職活動をする場合、どうしてもノウハウを完全に活かしきれません。

 

・最新情報

・相手企業が求める人材

・書類の作成方法

・面接対策

 

このような情報は転職サイトで完全に集めることは難しいということです。

 

また、要職や高額報酬の優良案件は非公開になっており、転職サイトには載っていないこともあります。

 

スケジュール管理なども1人でする必要があり、少し面倒かもしれません。

 

 

オススメの転職サイト

転職サイトを利用するときは上でも紹介した「リクナビNEXT」がおすすめです。

出所:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTのメリットは次の3つ

 

・あなたの強み(才能)が分かる

・限定求人が85%もある

・スカウト登録できる

 

【あなたの強みが分かる】

あなたにも強み(才能)がありますが、自分ではなかなか分からないものです。

 

そんな時にはリクナビNEXTのグッドポイント診断を活用しましょう。

 

【限定求人が85%もある】

圧倒的な求人数があるので、地域や職種を問わずあらゆる転職者にマッチできます。

 

その中でもリクナビ限定の求人が多いため、他のサービスとの併用もできます。

 

 

【スカウト登録できる】

職務経歴や希望条件を登録しておくと、企業側から直接オファーが届くことがあります。

 

良い企業からアプローチがあれば転職を考えたいときにも有効です。

 

リクナビNEXTは実際に転職した人の8割が使っているオススメの転職サイトです。

 

 

転職エージェント(プロと二人三脚)

「絶対に転職を成功させたい」

「転職活動をサポートしてほしい」

 

このような場合は「転職エージェント」がおすすめです。

 

転職エージェントでは業界に精通したキャリアアドバイザーがつきます。

 

非公開求人も多数あり、スケジュール管理も任せることができます。

 

求人を閲覧するだけの転職サイトとは異なる転職エージェントのメリットを説明します。

 

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用するメリットはかなり大きいものです。

 

・完全無料で利用できる

・あなたにピッタリの企業が分かる

・非公開求人を紹介してくれる

・書類審査の通過率が上がる

・面接の通過率が上がる

・労働条件の交渉を行ってくれる

・面接のスケジュール管理

 

JKミカJKミカ

かなり多いね。

兵士長兵士長

簡単に説明するぞ。

 

完全無料で利用できる

転職エージェントは企業からの成果報酬なので、あなた(求職者)は無料で活用できます。

 

最新情報の提供から転職サポートまですべて無料なのは大きなメリットです。

*転職サイトも無料です

 

あなたにピッタリの企業が分かる

転職エージェントでははじめに面談をすることで、あなたの望みを聞いてくれます。

 

そして、その情報をベースにして転職先を紹介してくれるので、企業とのミスマッチが防げます。

 

非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントは非公開としている求人情報を多く持っています。

*企業は応募の殺到を避けるために非公開求人にしているものがある

 

転職エージェントを利用することで、そのような質の高い求人を紹介してもらえます。

 

書類審査の通過率が上がる

転職エージェントは企業がどのような人材を求めているのか?を熟知しています。

 

そのため、履歴書を作るときには相手側の意図に合う人材であることをアピールできます。

 

また、推薦状を作ってくれる転職エージェントもあるので書類の通過率が上がります。

 

面接の通過率が上がる

転職エージェントでは「模擬面接」を行うことで、面接の雰囲気に慣れることができます。

 

企業に合わせたアピールポイントもアドバイスしてもらえるので面接の通過確率を上げることができます。

 

労働条件の交渉を行ってくれる

面接の場では中々難しい給料交渉などを代行してくれます。

 

その他の労働条件の交渉も任せることができるので、交渉が苦手な方にはおすすめです。

 

面接のスケジュール管理

多くの人は働きながら転職の準備もするのでとても大変です。

 

しかし、転職エージェントは相手企業との日程調節も行ってくれるので、転職にともなうストレスを軽減できます。

 

相談にのってくれる

「本当に転職すべきなのか・・」

「円満退社するためにはどうすれば・・」

 

このような転職に伴う悩みを相談できます。

 

多くの転職者の悩みを知っているエージェントに相談することで、解決策を見つけることができます。

 

転職エージェントのデメリット

1人で自由に転職活動を進めたい人は転職エージェントに向いていないかもしれません。

 

「アドバイザーとの連絡が面倒・・」

「自分のペースで行動したい。」

 

このような場合は転職サイトを活用しましょう。

 

 

オススメの転職エージェント

転職エージェントを選ぶときは、各エージェントのもつ「強み」を見ることがポイントです。

*あなたにも強みがあるように、転職エージェントにも強みがあります。

 

あなたの属性を最も得意とするエージェントを活用しましょう。

 

首都圏・関西圏の20~30代

首都圏・関西圏の20~30代におすすめなのが「マイナビエージェント 」です。

人事、採用担当との太いパイプをもっているマイナビエージェントで転職を成功させましょう。

 

 

看護師の場合

あなたが看護師の場合は看護師専門のエージェントを活用することをおすすめします。

 

看護師なら「ナースフル 」がオススメ↓

 

【ナースフルのメリット】

・業界トップクラスの求人数があり、好条件の求人が多い

・看護師専門のキャリアアドバイザーによるサポートが受けれる

・転職のプロであるリクルートが運営している

 

リクルートのもつ情報、ノウハウをベースに、退職交渉から入社までサポートしてもらえます。

 

看護師、准看護師、保健師、助産師はこちらのサービスを活用しましょう。

 

 

薬剤師の場合

あなたが薬剤師の場合は薬剤師専門のエージェントを活用することをおすすめします。

 

薬剤師なら「薬キャリ 」がオススメ↓

 

【薬キャリのメリット】

・業界最大級3万件以上の求人がある

・薬剤師専門のキャリアアドバイザーによるサポートが受けられる

・薬剤師の派遣登録もできる

 

薬キャリ最大のメリットは各地域専任のキャリアアドバイザーが病院からドラッグストアと業態を網羅している点です。

 

「現住所や転居先で仕事を見つけたい。」

「調剤薬局に行きたい!」

「ドラッグストアに派遣希望!」

 

このような要望に応えてくれます。

 

 

これらのエージェントは看護師や薬剤師の転職に特化したものです。

 

非公開求人をはじめとする情報も備えた特化型の転職エージェントを活用しましょう。

 

 

転職まとめ

転職する2つの意味は理解できたでしょうか?

 

この記事の内容をまとめると次のようになります。

転職の本質

・職業を変える

→あなたの強みを知り、好き+得意を仕事にしよう!

・職場を変える

→労働条件を変えるときは何を重視するのか考えよう!

 

そして実際に行動する時にはプロに協力してもらうことが大切でした。

 

転職の本質をしっかり理解して、明確な目的を持つことであなたの転職は成功するでしょう。