【読まれやすい行動パターンにご用心!】

あなたは逆指値注文を使ったことがあるでしょうか?

 

 

逆指値注文は証券会社の取引ツールに搭載されている便利な機能です。

 

 

「この値段まで下げてきたら売ろう。」

「この値段まで上げてきたら買おう。」

 

 

個人投資家の中にはこのような戦略で株の売買を行っている人もいることでしょう。

 

窓際係長窓際係長

それはまさに私のことですね。

兵士長兵士長

逆指値注文の愛用者は多いはずだ。

 

ほとんどの投資指南書には、損切りが大切だ」と書いてあるため、損切り注文を逆指値で出している人も少なくありません。

 

 

しかしある特定の状況下において、人は意外と似たような行動を取ってしまうものであり、それは読まれやすい行動パターンになっています。

 

 

そして相場の巨人は、そんなあなたの魂胆など全てお見通しです。

 

相場の巨人相場の巨人

行動パターンが分かれば狙い撃ちできるからな。

 

ここではそんな、巨人が仕掛けてくる攻撃の一例を見てみましょう。

 

 

 

【ストップ狩りとは?】

ある日、25日移動平均線から大きくマイナス乖離していたアークン(3927)は突如上昇に転じ、ストップ高を付けました。

*当日の3分足チャート↓

新卒OL新卒OL

上のチャートは3分足ですね。

兵士長兵士長

上図は3分足。一方、日足チャートはマイナス乖離の状態だぞ。

激しいマイナス乖離により、需給の差も大きく乖離していたのでしょう。

 

売り手不在の中、買い手が殺到した結果と考えられます。

 

株式市場株式市場

さすがに下がり過ぎていたか。ここから上昇か!?

 

全市場注目の中、運命の日が幕を開けました。

冒頭で紹介したチャートのように、寄り付きこそギャップダウン(株価が前日終値より下げた状態で寄り付くこと)となりましたが、すぐに上昇に転じ、三角持合いという名の押し目を経た後、さらに続伸。

 

再度の三角持合いの末、株価はストップ高を付けました。

兵士長兵士長

テクニカル的な解説を入れると次のようになる。

これだけきれいな上昇トレンドなら、上手く買いを入れることに成功し、利益を伸ばせているデイトレーダーも多いことでしょう。

 

 

上昇開始の早い段階でリスクを取りに行けた人は、「もう十分!」と考え、どこかで利確した人もいるでしょう。

 

 

しかし、買いに入るのが遅れた人はまだホールドしていて、翌日の上昇でさらに利益を伸ばそうと考えていることが多々あります。

 

窓際係長窓際係長

株価が上がってるのを見たら、つい買いたくなってしまって・・

兵士長兵士長

それは「追っかけ商い」という負け組の行動パターンだぞ。

 

そして、そんな人はたいてい次のような赤線2本で挟まれた価格帯に逆指値注文を仕込む傾向があります。

なぜそのような行動をとるのでしょうか?

 

 

それは「もし株価が下げてきたら怖いから」です。

 

 

いくらストップ高に張り付いているといっても場中に下げない保証はないので、投資家たちは利確or損切り注文を上図の価格帯に仕込んでおくのです。

 

窓際係長窓際係長

・・・。なんか行動がバレてますね。

兵士長兵士長

バレバレだぞ。

 

あなたも似たようなことをした経験があるかもしれません。

 

 

もちろん同じようなことをする人は大勢存在し、相場の巨人たちはそんなこと百も承知なのです。

 

相場の巨人相場の巨人

分かりやすい奴らだな。

 

 

あなたは普段、エントリーする時に、彼ら巨人たちの存在を意識していないかもしれません。

 

しかし、こういった場面では彼らは極めて危険な存在であり、何を仕掛けて来るのか知っておく必要があります。

 

新卒OL新卒OL

あのお猿さん、何かしてきそうですね。

兵士長兵士長

まあ、チャンスだからな。

 

相場の巨人はその巨額の資金量にものを言わせ、一時的に株価を操作することができます。

 

そして、個人投資家の魂胆など全て筒抜け状態であり、どの価格帯に逆指値注文が溜まっているのかも知っています。

 

 

もし彼らがこの銘柄の株価を明日も吊り上げるつもりでいるのなら、上昇後に売り圧となる、現在買いホールド中の個人投資家は極めて邪魔な存在です。

 

 

相場の巨人相場の巨人

個人に邪魔されたらオレの儲けが減るからな。

 

株価を上昇させるためにも、また、より高い値段で利益を確定させるためにも、邪魔な存在は消しておかなければなりません。

 

相場の巨人相場の巨人

ちょいと仕掛けるかな。

 

一方個人投資家はそんなことはつゆ知らず、一安心して明日の上昇に期待していることでしょう。

 

窓際係長窓際係長

明日も上昇することに賭けてみます。

兵士長兵士長

偶然に頼っているようだと終わるぞ。

 

このような時、人は自分に都合の良い未来を想像するものです。

 

「明日もストップ高になったら大儲けだ」などと妄想しながら茶をすすっているかもしれません。

 

 

 

しかし、相場はそんなに甘くはないのです。

 

 

 

場が引ける30分程前、その時は訪れました。

兵士長兵士長

来るぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

相場の巨人襲来!

 

 

 

 

その時、チャートに大陰線出現。

 

 

 

 

 

こういったスパイクはよく見かける光景ですが、もちろん偶然出ているわけではありません。

 

 

 

これこそが相場の巨人が得意とする仕掛け、通称ストップ狩り」です。

 

 

 

このスパイクにより、個人投資家たちの逆指値注文は全て作動。

 

 

 

巨人にとっての邪魔者は一掃されたことになります。

 

相場の巨人相場の巨人

ストラーイク!!

兵士長兵士長

・・・。

窓際係長窓際係長

私のポジションが・・・

兵士長兵士長

あまりに無防備すぎたようだな。

 

邪魔者がいなくなったことを確認すると巨人はどうするか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一転、上昇に向かいます。

 

 

 

しかも、再び邪魔者が買いを入れないように一瞬のうちに急上昇。

 

 

 

チャート上では次のようになります。

 

 

 

 

実に見事なものです。

 

 

ブルーインパルスのパイロット並みのテクニックで邪魔者一掃。

 

 

次の日も当然のように株価は上昇していきました。

 

 

窓際係長窓際係長

また負けてしまいました・・。

兵士長兵士長

何の工夫もない戦略では奴らの思う壺だ。

 

個人の動きは彼らに筒抜けになっていると肝に銘じておくべきです。

 

JKミカJKミカ

何か対策はないの?

兵士長兵士長

奴らの行動パターンを熟知することが必要だ。

 

株式市場は新規に参入した個人が退場を繰り返し、巨人がその利益を享受している状態にあります。

 

しかし、そんな残酷な株式市場で生き残る個人もいます。

 

 

生き残る個人と退場する個人。

 

その違いは知識です。

 

 

何も知らない無防備な状態で相場に資金を投入すると、一瞬で奴らの餌食になってしまいます。

 

 

しかし、相場の真実を知り、巨人の行動パターンを知ってしまえば結果は変わります。

 

・ムダな損失を回避できる

・何が起きているのか分かるので、ビビらなくなる

・奴らの動きを利用して利益が得られる

 

 

まさに「知っているかどうか」が運命を分けるのです。

 

窓際係長窓際係長

どうやって学べばいいんでしょう?

兵士長兵士長

オレは次の古文書から学んだぞ。

これは「デイトレード」と書いてありますが、相場の真実を知り、巨人の行動を把握するためには最適の書です。

 

この本を読めばエグすぎる相場の真実を垣間見ることができるでしょう。

 

兵士長兵士長

これを読めば、相場で何が起きているか理解できるだろう。

窓際係長窓際係長

手数料並みの安さ(398円)ですが、役に立つのですか?

兵士長兵士長

読んでみれば分かる。オレはとっくに読んでいるぞ↓

新卒OL新卒OL

兵長もちゃんと勉強してたんですね。

兵士長兵士長

もちろんだ。生き残るために知識は大切だからな。

窓際係長窓際係長

2冊あるようですが?

兵士長兵士長

もう1冊は姉妹本だ。余裕があるなら読んだ方がいいぞ。

姉妹本↓

この2冊は私が読んだ中でも質・コスパともに最高品質でした。

ただし、この本はAmazonが運営しているkindleという電子書籍でしか読めません。

 

 

「電子書籍kindleって何?」という場合は以下の体験談が参考になりますよ↓

Amazonの電子書籍kindleを使ってみたら世界が変わった件

 

 

(追伸)

ここで紹介した2冊の電子書籍はAmazonが運営する「kindle unlimited」というサービス利用者であれば無料で読めます。

 

kindle unlimitedには30日間の無料お試し期間があるので、これを使えば2冊とも無料で読むことができます。

 

いずれも値段の割には内容が濃いので、高い投資本を買うよりよほどためになりますよ。