兵士長「一攫千金を狙って投資の世界に足を踏み入れる者がおり、勝ち組投資家の華やかなイメージが先行しすぎて、夢と現実の区別がついていない者が多く存在する。

 

 

現実離れしたリターンを望むと、それは投資ではなくバクチになってしまうので、以下の内容をよく理解し、実現可能な投資行動が取れるマインドを身に付けよう。」

 

 

 

 

【現実的な投資行動】

どの世界でもそうですが、株の世界にもカリスマ投資はいます。

 

テレビやネットなどで紹介されている超有名トレーダーを1人ぐらいは知っていることでしょう。

 

 

 

中には元本100万から100億単位にまで増やした人もいるようです。

 

 

 

しかし、ここであなたが認識すべきなのは、天才のマネはできないということです。

 

 

天才のマネをして、年間何百%というリターンを狙えば、凡人の口座は簡単に吹き飛んでしまうでしょう。

 

 

 

 

YouTubeなどを見て、自分も同じことをしようと考えた場合、その思想はあなたの投資行動に影響を及ぼします。

 

 

それもほぼ間違いなく悪影響を。

 

 

 

私を含め、凡人が資金を急増できるゲームはバクチ外になく、もし増えることがあっても、それは一瞬だけです。

 

 

 

バクチを打って大成した人を私は聞いたことがありません。

 

 

 

こういった投資ゲームでの資金の増加推移はとても穏やかな上昇曲線を描くのが普通であり、あなたがこれからすることは博打ゲームではありません。

 

 

 

ありえないような増加ではなく、現実的な資金増加前提に考えていかないと手法そのものも使うことはできないでしょう。

 

 

 

短期間で資金を急増させることに成功する人も中にはいるでしょうが、これには非常に大きなリスクが伴います。

 

 

 

リスクとリターンはトレードオフの関係にあるため、これは避けられないことです。

 

 

 

大きな利益を狙うから、リスクをとるのは仕方がないと思うかもしれませんが、大半の初心者がやっていることは投資ではなく、運任せのただのバクチ。

 

 

 

それに比べ、天才はバクチを打っていません。

 

 

彼らは考えながら資金をシフトしていますので、そもそもやっていることが違います。

 

 

 

無理なことを決行すれば、その反動は容赦なく襲いかかってきます。

 

 

それは天才のマネがどんなものか、考えてみればはっきりするでしょう。

 

 

 

野球界・・・160㎞の速球を投げるピッチャーのマネができるか?

 

 

 

陸上界・・・100mを9秒台で走る短距離選手のマネができるか?

 

 

 

答えは分かると思います。

 

 

到底努力で何とかなるようなレベルではないですし、ほとんど全ての人はマネできません。

 

 

 

これは相場の世界でも同じことです。

 

相場界・・・100万→100億

 

 

 

これはあまりに現実離れしており、天才だけが成し得る偉業です。

 

 

 

天才トレーダーの思想は一部ネット上に公開されており、どのようなものなのかある程度知ることができます。

 

 

 

しかし、あなたは決してマネしてはいけません。

 

 

 

私の言っている手法というのは、普通の人でも十分習得可能なものであり、現実的な利益を上げていくためのものです。

 

 

 

あなたがこれから相場に参加する初心者ならば、まず負けないこと

 

 

そして実践経験の中で手法の練度を高めていくことから始めてください。

 

 

 

 

兵士長「内容は理解できただろうか?

 

これは当たり前のことだが、経験が浅いうちはどこまでが現実的な考えなのか分からなくなる者もいる。

 

 

この辺りの感覚は後に行う実戦訓練で養うことになるので問題ない。

 

 

ここでは自分は凡人だという事を認識し、天才のマネをするのではなく、しっかりと現実を見据えた手法で相場に臨むことを確認しておこう。」