兵士長「トレンドとは流行のこと。

 

リアル世界でも様々なものが流行っては消えてゆく。

 

ブームとはそのほとんどが一過的なものであり、長く続くものはあまりない。

 

相場でもこれとよく似た現象があるので見てみよう。」

 

 

 

 

【トレンド銘柄に注意!】

人の心は移ろいやすく、欲は留まるところを知りません

 

 

そういった人の行動習性を反映するかのように、相場では定期的に根拠なき熱狂が巻き起こっています。

 

 

 

「トレンド銘柄」とは相場参加者の欲望の的にされ、一時的に資金が流入する銘柄のことを指します。

 

 

 

これまで様々な銘柄がトレンド銘柄として一世を風靡しましたが、その活躍期間は短く、熱が冷めれば魔法が解けた株価は本来の水準へと静かに身をひそめることになります。

 

 

 

 

【トレンド銘柄の例】

少し前の事になりますが、訪日外国人の数が急増したことを受け、ラオックス(8202)という銘柄で祭りが開催されました。

 

 

 

熱狂冷めやらぬ相場ではラオックスを知らぬ者はおらず、ラオックスと言えばアゲアゲ銘柄とばかりに資金を投入していました。

 

 

 

実際、約1年でラオックスの株価は10倍以上に跳ね上がっていきました。

 

熱狂中のトレンド銘柄↓

 

 

無敵の銘柄ラオックス。

 

 

この銘柄は青天井。

 

 

どこまでも上昇していくものだと誰もが信じていました。

 

 

 

 

 

 

しかし、バブル相場はそう長くは続きませんでした。

 

 

魔法が解けたトレンド銘柄↓

 

 

約10ヶ月後、魔法が解けたラオックスの姿がそこにありました。

 

 

 

上昇前の水準に帰ったラオックスの株価を見てふと思ったことがあります。

 

 

 

1年かけて上昇し、1年かけて元に戻る。

 

 

そこにあったのは何だったのだろう?

 

 

 

 

意味はあまりなさそうだ。

 

 

 

とすれば、熱狂だけか?

 

 

 

根拠なき熱狂とはこのことなのか。

 

 

 

 

以上のような銘柄をトレンド銘柄といいますが、このタイプの銘柄はマネーゲームの対象にこそなれ、資産構築には向きません。

 

 

 

祭りが終わったトレンド銘柄の株価は底を打ったままピクリとも動きません

 

 

 

次にまた祭りが始まる保証はありませんし、いつの日になるか見当もつきません。

 

 

 

 

移り気な人の心は次の銘柄に向かったようです。

 

 

 

 

この時代を相場で過ごした人ならみんな知っていたラオックス。

 

 

これから相場に参入してくる人は誰も知らないラオックス。

 

 

 

トレンド銘柄の儚さと人々の熱狂の後をチャートに残して時代のスターは去っていきました。

 

 

 

 

【トレンド銘柄ラオックスの記憶】

 

熱狂と祭りの後の静けさや by兵士長

 

 

 

 

 

兵士長「あなたがスイングトレードによって資産構築を目指すのであれば、トレンド銘柄に手を出してはいけない。

 

 

相場を知らない初心者がこのタイプの銘柄に捕まったら悲惨なことになる。

 

 

下手に上昇途中で買いを入れ、ホールドしたまま出口戦略がなければ、資金は塩漬け状態になってしまう。

 

 

 

そして最もやっかいなのが、このタイプのトレンド銘柄は銘柄を変え、次々と出現していくうえ、市場の注目を集めやすく、初心者を惑わす『猫じゃらし効果』を備えているところにある。

*「猫じゃらし効果」参照記事↓

株式投資勉強会◆テクニカル分析初心者の失敗事例①◆

 

 

 

華やかな上昇を見せつけられて、魅せられてしまったら悲劇はまぬがれない。

 

一過性の熱狂に巻き込まれないように注意しよう。」