兵士長「ここからはスイングトレードに必要な知識、考え方について学んでいく。

 

デイトレで身につけた知識も生きてくるが、資産構築にはスイングトレード特有の考え方が必要となるため、基本事項から学習をはじめよう。」

 

 

 

 

【スイングトレードとは?】

スイングトレードとは数日~数ヵ月の間、ポジションを保有する売買スタイルのことです。*場合によってはそれ以上の期間ホールド(保有)したり、ポジション量を調節することもあります

 

 

 

スイングトレードの技術を身に付けることで得られるメリット時間効率や投資効率が格段に上昇することにあります。

 

 

 

デイトレのようにモニターを凝視する必要もなく、自由な時間を確保できるため、仕事で時間がない人でも参戦可能な投資スタイルがスイングトレードになります。

 

 

また、貯蓄型投資法とはスイングトレードをベースにした資産構築法のことなので、この投資手法を使うためにはスイングトレードについての理解が必要です

 

 

 

スイングトレードは、1日で売買を完結するデイトレードとは異なり、日をまたいでポジションを保有するトレードスタイルであり、時間軸を長めに設定するからこそできる戦略があります。

 

 

その特徴を生かした戦術を組み込むことで勝率を極端に高めることが可能となるのです。

 

 

そして資産とは、ほぼ100%負けない売買を何度も繰り返すことで構築されていきます。*再現性をもって何度も勝ち続けることが本当の実力です

 

 

 

 

 

【デイトレ、スキャルピングとは別のゲーム】

投資には2種類のジャンルがあります。

 

 

①マネーゲーム

 

②資産構築型

 

 

デイトレやスキャルピングは①に入ります。

 

一方、スイングトレードは考え方次第では①にも②にも入る性質をもっています。

 

 

 

①マネーゲームとは対戦相手の行動を予測し、ハズレたら損切りで対処する投資戦略のことを指します。

 

 

 

②資産構築型とは対戦相手の動きがどのようなものであっても、ほぼ絶対勝てるように設計された投資手法をもって戦うことを意味します。

*「ほぼ」というのはどんな大企業であっても、倒産など予測不能な事態が起きる確率が0ではないためです

 

 

 

いずれのタイプにもメリットとデメリットがあり、どちらが良いかは人によって異なります。

 

 

 

①マネーゲームのメリットはプレーヤーが強ければ資金を急増させることができる点にあります。

 

デメリットは長い時間、モニターの前に拘束されたり、実力がないプレーヤーは一瞬にして退場に追い込まれてしまう点です。

 

 

 

②資産構築型の投資戦略は資金を急増させることはできませんが、時間的自由、安定した精神状態、そしてほぼ100%の勝率を得ることができるというメリットをもっています。

 

 

 

考え方や性格の違い、また向き不向きによって結果が異なるため、同じ株式トレードとは言ってもどちらが良いか一概に決めることはできません。

 

 

いずれのジャンルが合うかは人それぞれなので、実際に資金を投入して確かめてみる以外に手はないでしょう。

 

 

 

 

【巨人の存在】

これまでにも巨人(大口投資家)の存在については述べてきましたが、スイングトレードになってももちろん巨人は存在します。

 

 

 

それどころか、仕掛けが日足単位や情報レベルの大規模なものに変化し、トラップにかかれば大きな損害を被ることになります。

 

 

 

デイトレ戦略でも学んだように、巨人が何をしてくるのかを知り、ワナを避けることはスイングトレードでも必要です。

 

 

 

ただ、どのような事態が発生したとしても資金管理ができていればひとまずは大丈夫でしょう。*株式投資は有限責任の前提で行われているものです

 

 

もしあなたが投資初心者であれば、少資金でトレードしたり、負けないことに集中し、相場経験を優先した方が良いでしょう。

 

 

 

 

兵士長「資産構築型のスイング戦法を極めれば、ほぼ確実に資金を増やすことができる。

 

まずはスイング特有の知識を学ぶところからはじめよう。」