投資初心者でポジポジ病にお悩みの方はいませんか?

 

 

本日はポジポジ病克服の対策講座行いたいと思います。

 

 

ポジポジ病とは主に株式投資初心者の間で猛威を振るう、相場における流行病のことです。

 

 

かくいう私も初心者の頃、この病に感染したことがあります。

 

 

 

チャート画面を見ると、心の奥から湧きあがってくる投資家魂。

*実際にはただのギャンブル魂でしたが・・・

 

抑えられない衝動。

 

 

そしてチャート上にチャンスを見つけると、クリック、クリック、エントリー。

 

 

 

 

そして、そのポジションは・・・見事に損切り。

 

 

 

しかし、「まだチャンスはあるはず」とチャートを凝視し、

 

 

その結果、チャンス発見。

 

 

 

今度こそ勝てる!

 

 

エントリー!

 

 

 

結果は・・・またもや損切りだ~。。。orz

 

 

 

しかしまだチャンスは・・・

 

(以下同文)

 

 

 

 

これの事でしょ?あなたがお悩みのポジポジ病って。

 

 

 

この病は何回もポジションを持ち、売買を繰り返してしまう、そして負けるばかりして資金を溶かしてしまう恐ろしい病です。

 

 

 

 

感染者はひどく悩み、モニター画面の前に、「1日3取引まで」、「本当のチャンスを待て」などと書いて貼り付けたりします。

 

 

 

 

しかし、そんなことではポジポジ病は治りません。

 

 

 

この病の根本的な原因は何でしょう?

 

 

 

次のような例をご覧ください。

 

 

 

株式投資初心者のA君は現在ポジポジ病に悩んでおり、自分がポジションを取りすぎることを治そうと、取引画面の前に、「1日3取引まで!」と書いて貼っています。

 

 

 

しかし、場が寄り付き、チャートが動き始めると、

 

 

高鳴る鼓動、抑えられない衝動。

 

 

 

そして気が付けば、

 

1回目→損切り

2回目→トントン

3回目→損切り

4回目→損切り

5回目→利益

6回目→損切り

7回目→損切り

8回目→トントン

9回目→損切り

10回目→損切り

トータル収支 -53,264

 

これで朝からテンションダウン。

 

 

A君:「またやっちまった。オレ、ポジポジ病だ。。。

 

となるわけです。

 

 

 

 

しかし、次のような結果ならどうでしょう。

 

 

 

1回目→利益

2回目→トントン

3回目→利益

4回目→利益

5回目→利益

6回目→損切り

7回目→利益

8回目→トントン

9回目→利益

10回目→利益

トータル収支 +53,264

 

 

取引回数は同じ10回であり、「1日3回」を守れていないどころか、3倍以上のオーバートレードですが、A君の反応は違うものになるでしょう。

 

 

 

A君:「オレは天才トレーダーだ!億トレーダーになる日も近いな!

 

 

 

でも10回はやり過ぎじゃないの?

 

 

ポジポジ病なんじゃないの?

 

 

 

A君:「でも勝てる取引はしないとダメでしょ?チャンスに飛び込んでこそ利益は得られるんだぜ!」

 

 

 

以上、A君の反応は、

 

負けた→ポジポジ病のせい

 

買った→自分は天才トレーダー

 

 

 

 

つまり、取引回数の問題ではなく、トレードで負けた事をポジポジ病のせいにしているだけです。

 

 

 

 

ポジポジ病は存在しません。

 

 

あなたはポジポジ病ではありません。

 

 

あなたの手法が弱いだけです。

 

 

 

 

1日100回取引しても勝てば、「それは必要な取引だった」で済みます。

 

 

 

本当の被害者はポジポジ病の方です。

 

負けたことを存在しない病気のせいにして片付けてはいけません。

 

 

 

 

あなたがポジポジ病という架空の病を克服するためには「勝つこと」が必要であり、そのための唯一の手段は「強い手法を身に付ける」ことです。

 

 

 

存在しない病に悩むのはやめて、トレード手法向上を目指し、鍛え直せばよいのです。

 

 

 

いつかあなたが勝てるようになった時、ポジポジ病のことを懐かしく思う日が来ることでしょう。