【上昇トレンド銘柄を狙う】

上昇トレンドをフォローする時は『押し目』を狙うのが基本ですが、押し目には何パターンか種類があります。

 

ここでは前回とは形が異なる押し目の狙い方を見ていきましょう。

 

 

 

【チャンスパターン】

高確率で上昇を開始するチャート形が存在するのは確かであり、テクニカルチャート分析では、いかにチャンスパターンに入っている銘柄を発見できるかが勝負です。

 

 

ここでは中・上級者向けのチャート形を紹介します。

 

 

 

 

 

【なぜその銘柄を観察するのか?】

ここで紹介する銘柄は前日派手な上昇を見せ、市場の注目を集めていました。

 

 

デイトレードでは価格の上下動が激しい銘柄を狙っていくのが基本戦略なので、市場の注目を集めトレーダーたちが強く意識する銘柄を狙います。

 

 

 

相場参加者の多くが注目している銘柄であれば、その分、売買代金も増え、より多くの資金が流入すると考えられます。

 

 

 

そして大きな資金の出入り・取引があってこそ、チャンスパターンのチャート形は、よりいっそう信憑性を増すのです。

 

 

 

(問題)それでは次のチャートを見てください。どこがチャンスパターンなのか分かるでしょうか?

 

 

 

これは上昇トレンド中に出現する典型的なチャートパターン、「取って付きカップ」です。

 

 

この形は、有名な株式投資本、「オニールの成長株発掘法」の中でも取り上げられているほどオーソドックスなチャート形です。

 

 

しかし、相場経験が浅い初心者では気付きにくく、形成段階で察知することは難しいかもしれません。

 

 

 

 

 

【仕掛けのタイミング】

ではどこで仕掛けるのが良いのでしょうか?

 

 

カップの底では早すぎますし、第一そこではこのチャートパターンに気付くことはできません。

 

 

何の根拠もないところに資金を投入するのはバクチですから、仕掛けを打つ時は必ず、何を狙っての投資なのか自分の中ではっきりと認識した上で行動することが大切です。

 

 

このチャート形の出現に気付くのは、早くても、「取ってが付いていない」カップが出現しつつある辺りでしょう。

 

 

 

 

この段階で、あなたが考えることは、

 

①この銘柄は本日の注目銘柄であり、資金が流入しやすい状況にある。

 

②上昇トレンド中に出現する、「取って付きカップ」が形成されているようだ。

 

③相場環境はどうか?悪くないならこの銘柄を「買い」で攻める価値はありそうだ。

 

④最も投資効率が良い仕掛けポイントが出現したら勝負しよう、そうでなければ見送って、また次のチャンスを待てばいいだけだ。

 

 

 

そして、あなたは誰よりも有利な地点で勝負に行けるように取引画面を立ち上げ、クリック1つで資金を投入できる状態にして、成行きを見守ります。

 

 

 

そして待つこと十数分、チャート上には明確なシグナルが出現しました。

 

 

仕掛けは次のようになります。

カップが形成され、陰線で調整された後、切り返しの陽線が終値を付け、「取って」の部分が確実に作られた瞬間がエントリーのタイミングです。

 

 

ここから買い方優勢となれば株価は続伸しますし、そうでなければよく分からない形のチャートになるでしょう。

 

 

いずれにせよ、ベストタイミングで仕掛けが打てたら、あなたはすぐさま返済注文の画面を作り上げ、株価の動向を見守るだけです。

 

 

 

 

 

【返済注文で利益確定】

相場経験が長く、リアルタイムの値動きに冷静に対応できる中・上級者であれば、上図のような、一括仕掛けの分割利確戦略が良いでしょう。

*利確戦略はあくまで一例です。

 

 

一括投入した資金の、半分を利確①で確定させ、もう半分を利確②で確定させるなどの利確戦略を取るとよいでしょう。

 

 

分割して利確する理由は、「利確①」の地点ではリスクレワード比が3未満と小さいからです。

 

 

勝負に出たからにはリスクレワード比を3以上には持っていきたいのですが、ここから続伸する保証がないため、とりあえず半分だけ利確しておいて、もう半分で上昇の可能性に備えるというものです。

 

 

ただしこれは、中・上級者用の戦略であり、相場経験の浅い人にはおすすめできません。

 

 

この戦略を実現させるためには、

 

①チャンスパターンを察知する洞察力

②高い勝率

③トレード中の冷静さと正確な判断力

 

が必要となるからです。

 

 

こういった戦略があることを、1つのトレード例として知っておくことはレベルアップのために良いでしょうが、初級者には別の戦略(順張り+ピラミッティング投資法)が良いでしょう。

 

 

 

 

 

兵士長「『取って付きカップ』も上昇トレンド中によく出現するチャート形であり、『取って』の部分を押し目と考えることができる。

 

 

テクニカルチャート分析ではいかにチャンスパターンを発見できるかが勝負であるため、典型パターンには即座に反応できるようにしておこう。」