兵士長「貯蓄型投資法では勝率を100%に近似し、確実に資産を構築するための戦法を取る。

 

 

それなりに学ぶこともあるが、基本となる戦術は3つの原則に集約できる。

 

ギャンブルやマネーゲームとの違いを意識しながら見ていこう。」

 

 

 

 

【基本戦術の3原則】

ここでは貯蓄型投資法の原則となる考え方と戦術の解説を行います。

 

 

 

相場を銀行のように利用し、確実に資産を構築するためには、ギャンブルはもちろんのこと、マネーゲームをも卒業する必要があります。

 

 

 

相場初心者が考えているような方法とは大きく異なるため、始めは違和感があるかもしれませんが、利益を重ねていくうちに真に強い手法がどんなものであるか理解できるでしょう。

 

 

 

この手法を構成する、数ある戦術の中で、最も大切なものを基本戦術の3原則と呼び、これら3つをその他全ての戦術の土台と位置付けています。

 

 

 

 

【基本戦術の3原則】

 

①株価を予想しない

初心者は値動きを予想しようとするが、プロは値動きは予想できないと知っている

 

 

②資金を分割する

初心者は資金を一括投入するが、プロは資金を分割して売買する。

 

 

③有利なゲームをプレイする

相場に出ると、初心者は丁半バクチを始めるが、プロはプロ棋士のように振る舞う

 

 

 

 

戦術は個別にあるのではなく、実戦の中では一体となって用いるものなので、(①+②+③)から生じる、初心者とプロの違いをまとめると、

 

 

「初心者は資金を一括投入し、丁半バクチに出るが、プロは資金を分割し、勝てる布陣を配置する。」

 

となります。

 

 

 

これにより、相場の中では、

 

初心者=ギャンブラー

プロ=プロ棋士

 

という役割分担が出来上がります。

 

 

 

初心者は株価が上がるか下がるかを懸命に予想し、資金を一括BET。

 

 

対するプロは株価が上がっても下がっても勝てるように資金を分割して投入。

 

 

 

プロが行う資金配置のことを建玉と言います。

 

プロは株価を予想せず、建玉操作に徹することで確実に利益を積み上げていきます。

 

 

この建玉操作こそが手法最大の特徴であり、高い防御力と安定した利益の源泉となっています。

 

 

 

このことからも分かるように、初心者とプロは同じフィールドで違うゲームをプレイしています。

 

 

プレイ時間が長くなればなる程ギャンブラーがプロに勝てるわけはないのです。

 

 

 

 

兵士長「この投資法はもともと負けないように設計されており、防御力は最強レベルである。

 

 

極めて高い防御力を実現可能にしているのが基本戦術の3原則であり、その他の小技は3原則の上に成立するものである。」