【投資家の岐路】

相場に対する考え方や関わり方は人それぞれです。

 

 

 

そして、誰がどのように振る舞っても自由。

 

 

 

相場は残酷な世界ではありますが、思想・良心の自由および行動の自由は保障されています。

 

 

 

 

長年相場と関わってきて思うのは、資金の投入方法は大きく2つに分けられるということです。

 

 

 

 

それは、マネーゲーム資産構築。

 

 

 

 

【マネーゲームとは?】

デイトレスキャルピングはマネーゲーム的な性格をもっており、強い人は鬼のように強く、力の差は歴然と結果に反映されます。

 

 

 

 

他者の行動先読みや瞬間的な判断力など、センスにも近い能力が必要となりますが、極めれば資金を急増させることができます。

 

 

 

 

この手の投資はポーカーや麻雀のようなテーブルゲームに似ています。

 

 

 

 

捨て牌を読み、対戦相手が何をしているのか察知し、それに対し最善の手を打っていくことで勝利を掴む。

 

 

 

 

相場ではチャート形や板読みに徹することで対戦相手(主に巨人)が何をしているのか察知し、その動きに便乗する形で利益を得る。

 

 

 

 

 

何も考えずに勝負しても、長い目で見れば絶対に勝てないところなどそっくりです。

 

 

 

 

 

デイトレだけでなく、スイングトレードであっても考え方とやり方次第ではこちら側の部類に入ります。

 

 

 

 

テクニカル分析や仕手株狙いの資金一括投入タイプの投資がそれに該当します。

 

 

 

 

資金急増を狙う人はこういった投資を好む傾向がありますが、弱ければ口座は一瞬にして吹き飛んでしまいますし、勝ち組でも資金の増減幅が大きく安定性に欠けるなどデメリットもあります。

 

 

 

それに時間がない人には向かないし、強靭なメンタリティーを必要とします。

 

 

 

 

【資産構築型とは?】

一方、資産構築型の投資手法は時間がない人でも参戦可能です。

 

 

 

 

このタイプの投資方法では資金を急増させることはできませんが、安定したリターンを継続的に得ることができるというメリットがあります。

 

 

 

銀行に預け入れる感覚に似たものがあり、慣れれば精神的にも楽です。

 

 

 

 

 

このタイプの投資は、主にスイングトレードから中・長期型の投資手法が該当します。

 

 

 

 

スキャルピングやデイトレに比べ、センスや瞬発力は必要なく、資金の出し入れも落ち着いた状況のなか、ゆっくりと行うことができます。

 

 

 

ただじわりじわりと資産を増築していくだけです。

 

 

 

 

以上のように2つの投資手法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、人の性格や考え方、ライフスタイルによる向き、不向きも影響してきます。

 

 

 

 

うさぎのようなセンスと瞬発力で資金急増を狙うなら前者を、カメのようにゆっくりでも確実に資産を構築するなら後者をそれぞれ選択すると良いでしょう。