これから株式投資を始める初心者がしてしまう最大の失敗は、勉強熱心な者ほど陥りやすい。

 

 

投資初心者用の入門本を買い、学習をしようとする態度は間違っていないが、問題は市販の本を買って学習した程度では体系立った技術を身に付けることができない点にある。

 

 

 

確かに一部の天才は独学でも勝てるのかもしれない。

 

 

 

しかし、大半の凡人は独学で仕入れた知識を基に、相場にリアルマネーを投入して損をする。

 

 

 

おそらく、「勝てる」と思ってのことだろうが、全くの見当ハズレ。

 

 

 

これは初心者時代の私のことであるが、株式投資入門本を何十冊読み漁ったところで結果は何も変わらなかった。

 

 

 

ざっと見積もっても、投資本だけに十数万は使った計算になる。

 

 

 

さらに買った本を読む時間、実に何百日。

 

 

 

 

はっきりと言おう。

 

 

 

本への出費と読書時間はほぼムダだった。

 

 

 

 

浪費そのもの。

 

 

 

現在の私からすれば、なぜもっと早く気付かなかったのかと思う。

 

 

 

受験勉強をした時も、車の免許を取った時も、資格を取った時も、全て授業料を払って教えてもらったことに。

 

 

 

 

なぜ株式投資だけは独学で臨んだ?

 

 

 

独断で行った?

 

 

 

これは紛れもない驕り、自身のセンスを過信した故の愚行だった。

 

 

 

 

そして私は自らが犯した過ちが何であるかを知るために、相場に約300万の授業料を支払うことになった。

 

 

 

そのお金は私が長期間、社畜として働いて貯めたものだった。

 

 

 

そんな私に断言できることがある。

 

 

 

株式投資初心者がしてしまう最大の間違い。

 

 

 

それは、独学で投資を開始してしまうことである。

 

 

 

本屋に並んでいる本を読んだぐらいでは絶対に勝てない。(天才除く)

 

 

 

これは勝てるようになった今だから言えることであるが、本から具体的な投資技術は学べない。

 

 

 

 

芸能人のゴシップネタとは違い、強力な手法に関する情報は無料でタレ流されていたりはしない。

 

 

 

立ち読みで稼げれば誰も苦労しないのである。

 

 

 

よって、これから株式投資を始めるつもりなら、まずは強力な手法を仕入れること。

 

 

 

これができるかどうかであなたの投資損益は決まる。

 

 

 

 

相場という戦場において、本から仕入れた竹やりレベルの武器で、強力なマシンガンのような手法と戦うつもりならもう止めはしない。

 

 

 

結果は見えている。

 

 

 

しかし、これはあくまで武器の差であり、個人の能力に差があるわけではない。

 

 

 

 

私には相場経験こそあるが、手法を使用禁止にされたらもう終わり。

 

 

 

初心者と変わらない。

 

 

 

私に残された手段は、運否天賦のバクチ手法のみとなり、そこからの相場寿命は短いだろう。

 

 

 

偉そうなことを言っているが、私はただの凡人。

 

 

 

稼げるのは手法のおかげ。

 

 

 

 

投資と言っても実際にしていることは強力な手法に基づく取引を淡々とこなしているだけ。

 

 

 

 

ワクワクもドキドキも特にない、もはやルーティーンワークと化した作業を指して投資と言っている。

 

 

 

結局、一番楽しかったのは勝てなくて必死に解決の糸口を模索している時だったのかもしれない。

 

 

 

弱い自分を鍛えるために相場と向き合う日々が、ドラクエでレベルを上げる時の苦行に似ていたが、それも今は昔の物語。

 

 

 

 

でもまあいいか、勝てるなら。

 

 

現実とはおそらくこんなものなのだろうから。