兵士長「仕手筋という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

仕手筋とは巨額の資金を使って株価を吊り上げてくる者、つまり巨人のことだ。

 

彼らの目的は安いところで株を買い占め、株価を吊り上げた後の高値圏でその株を売り抜けることにより莫大な利益を手にすることだ。

 

 

仕手株とは巨人による攻撃対象となった銘柄のことであり、その値動きを見ることで巨人の存在を身近に感じることができる。

 

 

仕手戦に興味があるものは以下の内容をよく理解しておこう。」

 

 

 

 

 

【仕手株の専門書】

巨人の作りだす値動きに便乗し、短期間で大きな利益を上げるためには仕手戦に特化した知識と考え方が必要になります。

 

 

 

仕手戦は大きな利益が狙える半面、大きなリスクを取ることになるので、無防備な行動を取ると危険です。

 

 

 

相場に参入したての初心者はその値動きの華やかさに惑わされ、大打撃を受けることも少なくありません。

 

 

仕手戦に臨むのであれば仕手戦専門の知識を身に付けることが不可欠ですが、次の書を読むことで必要最低限の知識を得ることができます。

 

 

 

*仕手戦の専門書↓

 

 

著者の中原圭介さんは優れた個人投資家の1人であり、仕手戦を専門にして戦った経験をもっています。

 

 

 

 

そのため仕手戦について、非常に詳しい解説が記されています。

 

 

 

仕手筋(巨人)の正体から始まり、巨人がどのようにして株を買い集め、情報操作を行い、高値圏で売り抜けるのか。

 

 

 

そしてそれを見抜き、巨人のしていることを把握する方法、及び値動きへの便乗方法が詳細に解説してあります。

 

 

 

チャートと売買譜、及び売買時の考え方も記されているため大変参考になります。

 

 

 

華やかな値動きの表面部分に惑わされるのではなく、その値動きを作り出している者(巨人)の狙いを把握し、正しい戦法をもって戦うことが肝要です。

 

 

 

 

兵士長「売買高ランキングに突然現れ、市場で目立った動きをする銘柄があると思うが、そのうちのいくつかは巨人の仕業だ。

 

 

そして誰もが気付いた時にはもう遅く、奴らは売り抜けの段階に入っているという寸法だ。

 

 

この巨人の思惑を見抜き、利用することで資金量の少ない個人投資家でも短期間で大きな利益を出せるのが仕手戦最大のメリットだ。

 

 

しかし、相場初心者が仕手戦に関わるのは止めた方がいいというのが私の個人的な見解だ。

 

 

 

仕手戦は巨人の懐に飛び込んでいくことに他ならないため、高い戦闘技術と冷静な判断力が必要となる。

 

 

 

相場経験豊富な投資家ならいざ知らず、参入したての訓練兵が仕手戦に巻き込まれるとロクなことにはならないだろう。

 

 

 

それに我が相場兵団はあまり巨人と関わることを良しとせず、『いかに巨人との関わりを避けるか』を考えている。

 

 

センスを必要とせず確実に資産を構築する方法で相場と関わっているわけだ。

 

 

 

結局どちらが正しいかは分からない。

 

 

 

投資家本人の向き不向きもあるし、結果は誰にも分からないからだ。

 

 

 

ここでは一見華やかに見える値動きの裏には巨人が関わっているという事を知っておくだけで十分だ。」