兵士長「トレードメンタルを強化すれば勝率が上がる!?

 

 

本当にそんなことが起こるのか?

 

 

ここでは相場に関わる者であれば一度は聞いたことがあるだろう、トレードメンタルについて考えてみよう。」

 

 

 

 

 

【トレードメンタル考察】

そもそも「メンタル」とは何だろう?

 

 

形がないし、数値化もできないものなのでよく分からないが、「心の強さ(?)」のことだろうか。

 

 

 

心が弱いからトレードで勝てないのだろうか?

 

 

 

初心者のうちは形のないものに悩む人も多いだろうが、トレードメンタルの正体が分かれば問題も解決に向かうだろう。

 

 

 

かつて負け組だった頃の私も、メンタル本を読み漁った経験がある。

 

 

 

その時の私は、「メンタルが弱いから勝てない」と少なからず思っていた。

 

 

 

 

暗中模索の手探り状態だった私はメンタル強化によって勝ち組への道を探していた。

 

 

 

 

しかし、現実はとてもシンプルだった。

 

 

 

 

勝てるようになった今の私からして言えば、あの頃の自分が勝てなかったのは決してトレードメンタルのせいではない。

 

 

 

 

手法が弱かった。

 

 

 

一番の原因は間違いなくそれだ。

 

 

 

トレードメンタルは実戦経験の中でしか養えないものだから、メンタル単体で鍛えることはできない。

 

 

 

 

はっきりと言おう。

 

 

勝率が低いのは手法が弱いからであり、メンタルが弱いと感じるのは実戦経験が足りないからだ。

 

 

しかし、強い手法で戦えば勝率も収益も上がり自信がつく。

 

 

 

高い勝率・収益に基づいた、この「根拠のある自信」こそがメンタルが強いという意味だろう。

 

 

 

 

したがってメンタルだけ鍛えようとしても無駄だ。

 

 

 

「ポジポジ病」でも言ったが、形なきもののせいにしているうちは、まだ本当の原因に気付いていない。

*ポジポジ病にお悩みの方は以下の記事参照↓

株式投資◆ポジポジ病を治す方法とは?◆克服対策講座 

 

 

そもそもトレードメンタルなどあってないようなもの。

 

 

 

像がアリと戦うのにメンタルなど必要ない。

 

 

逆にアリが像に勝てないのはメンタルが弱いからでは決してない。

 

 

 

 

もう少し分かりやすく言うと、竹やりで機関銃に向かっていっても勝てない。

 

 

それはメンタルのせいではなく武器が弱いだけだ。

 

 

 

圧倒的に強い者が弱い者を倒すのにメンタルなど必要ない。

 

 

 

そして、相場で戦う個人に関して言えば、強い者とは強い手法を知り、実戦経験豊富な者のことである。

 

 

 

以上のことからも分かるように、もしあなたが相場初心者で勝てないのであれば、メンタルで悩んでいる場合ではない。

 

 

 

強い手法を知ること。

 

 

 

そして1日でも早く、実戦経験を積むこと。

 

 

 

それ以外にない。

 

 

 

 

兵士長「勝てない原因を色々なもののせいにしたいかもしれないが、本当に勝ちたいなら現実を見ることだ。

 

 

竹やりと機関銃の例でも分かるように、人間そのものの能力にたいした違いはない。

 

 

勝敗を分けるのは使う武器、相場においては手法の差によるところが大きい。

 

 

丸腰で相場に出ればあっと言う間に巨人の餌食(カモ)になるだけでなく、強い手法で武装している個人にもやられることになるぞ。

 

 

 

また、トレードメンタルはマインドセット(考え方)とは意味が異なるので注意するように。」