【配当金=不労所得】

配当金は株主の権利であると同時に、不労所得の代表格です。

 

配当金だけで生活費をカバーできる状態になればもう労働する必要もなく、この状態は相場兵団の目標でもあります。

 

 

そしてこの状態を構築するためには、株式による資産運用&ビジネスによる元本の増加が必要であることはブログ趣旨でも述べた通りです。

 

 

 

ビジネスで稼いだ資金を株式に換えていき、配当金を増額していくために押さえておくべき重要事項は次の3つです。

 

 

①銘柄の選び方

 

②含み損に対する考え方

 

③投資手法

 

 

この3つは配当金生活を送るにあたって必須の考え方であり、貯蓄型投資法の基盤を成すものです。

*貯蓄型投資法とは資産構築に特化した投資手法のことです。

 

 

相場がどのような波に見舞われようとも、決して崩壊することのない「盤石の投資戦略」に必須の3要素を見ていきましょう。

 

 

 

 

【①銘柄の選び方】

配当金で生活するためには長期に渡り現物株をホールドすることが必要で、不労所得を生み出してくれる現物株は資産そのものです。

 

 

そして、資産として保有する銘柄は倒産しにくい超優良株が望ましく、安定した土壌の上に資産を構築する必要があります。

 

 

目先の利益を狙って経営状態が不安定な銘柄を買った結果、倒産でもされたら全てが水の泡になってしまうからです。

 

 

選ぶべきは、安定した経営基盤をもつ東証1部上場企業の中で配当金が高いものが候補に挙がります。

*貯蓄型投資法では、まずは配当金よりも資金効率の良い「売買差益」を狙います。売買差益+配当をダブルで狙っていく銘柄選択方法については別記事参照。

 

 

 

 

【②含み損に対する考え方】

*含み損については逆転の発想が必要になります。

 

多くの投資指南書に「損は早く切れ」と書いてあるため、損切りは当然のことと思われている風潮があります。

 

また感情的な判断から、含み損に対してネガティブな印象を持っている人が多いことでしょう。

 

 

しかし、資産として株式をホールドする時に含み損が発生するのは当たり前のことであり、含み損が出る度に損切りで対応していたら投資資金はあっと言う間に減少してしまいます。

 

 

投資初心者にとって含み益状態の銘柄を保有する場合と比べ、含み損状態の株式をホールドするのはあまりいい気分ではないかもしれません。

*含み損に対する正しい認識ができれば何も感じなくなります。

 

 

そしてあまりにも大きな含み損を抱えてしまうと恐怖に襲われたり、モニターを見なくなったりする人が出てくるため、「含み損に対する正しい考え方」および「含み損をコントロールする術」が必要になります。

 

 

含み損の許容量や性格は人それぞれなのでここは③投資手法と合わせて考えることになります。

 

 

極端に含み損を嫌うのではなく、含み損をコントロールしつつ、うまく含み損と付き合っていくことが資産構築型投資法の肝となるのです。

 

 

 

 

【③投資手法】

配当金生活を狙った株式売買は資産構築を目指したものであり、決してマネーゲームではありませんから、資産構築専用の投資手法に従って売買するのが最も効果的です。

 

 

資産構築に特化した投資手法を貯蓄型投資法と呼び、このブログでは主にこの手法を身に付けるための知識を公開しています。

*マネーゲームとは異なり、センスや才能・損切りは必要ありません。

 

 

この手法は配当金と同時にキャピタルゲイン(売買差益)も狙っていきます。

 

配当金に比べ売買差益による利益は資金効率が良く、資産の増加も早いため、資金を株式の形に変える時には貯蓄型投資法を使い、戦略的に行うことが望ましいのです。

 

 

 

以上の3点をまとめると、配当金生活を送るためには資産として①長期間ホールドしてもOKな銘柄を選択し、②投資資金を株式の形に変えていく時にはキャピタルゲイン(売買差益)によるリターンを優先的に狙っていくのが最も効率的。

 

そして、その時には③絶対に負けない強力な投資手法をベースに売買を行うことが前提条件となります。

 

 

 

資産構築にあたって最も効果的な「貯蓄型投資法」を実践する時に有効な銘柄の選び方は以下記事参照↓

株◆資産を増やす銘柄の選び方◆貯蓄型投資法①