「株の売買には信用取引を使って、積極的に利益を狙いたい!」

 

「現物株より手数料がお得な信用取引を活用したい!」

 

 

現物株よりも投資戦略の幅が広がる「信用取引」をメインにする方も多いと思います。

 

 

そして、信用取引は正しい使い方をすれば資産増加のスピードを高めてくれるのもまた事実です。

 

そこで、この記事では主要ネット証券の信用取引手数料を表にしてみました↓

 

 

10万円まで

20万円まで

30万円まで

50万円まで

100万円まで

SBI証券

90円

135円

180円

180円

350円

GMOクリック証券

96円

140円

183円

183円

259円

マネックス証券

95円

140円

190円

190円

355円

松井証券

無料

300円

無料

300円

無料

500円

無料

1,000円

無料

楽天証券

90円

135円

180円

180円

350円

ライブスター証券

80円

80円

80円

80円

80円

カブドットコム証券

97円

145円

194円

194円

820円

SMBC日興証券

無料

無料

無料

無料

無料

*松井証券のみ手数料体系が特殊なため、1日の約定代金合計額を表示しています

 

 

信用取引を使うときにはSMBC日興証券が断然オトクな「手数料完全無料」となっています。

 

さらには、松井証券 も「1日信用取引」を行う場合に限り、売買手数料が完全無料になります。

*1日信用取引=当日中に反対売買まで完了することが必要(デイトレ用)

 

 

ちなみに、SBI証券には、10万円以下の取引手数料が無料になる「アクティブプラン」もあります。

*SBI証券には2種類の手数料体系があり、20万円以上の取引になると「アクティブプラン」より「スタンダードプラン(上表の手数料体系)」の方がお得になります。

 

 

このように見てみると、信用制度だけで取引をする場合には次のことが分かります↓

 

信用取引の手数料について

・SMBC日興証券なら手数料完全無料

・松井証券なら手数料完全無料でデイトレできる

・10万円以下の取引ならSBI証券でも手数料完全無料

 

 

ちなみに、100万円の信用取引をする場合

最も手数料が安いSMBC日興証券(無料)と、

最も手数料が高い松井証券(1,000円)では

1売買あたり1,000円の差があることが分かります。

 

 

 

1,000円の差を甘く見る人はあまりいないと思いますが、この手数料の差を無視して取引を続けたらどのようなことになるのか試算してみました↓

 

1回取引をするだけで1,000円も差がつくわけですから

2回取引をすると2,000円

3回取引をすると3,000円

4回取引をすると4,000円

5回取引をすると5,000円

6回取引をすると6,000円

7回取引をすると7,000円

8回取引をすると8,000円

9回取引をすると9,000円

10回取引をすると10,000円

100回取引をすると100,000円(10万円)もの差が出るのです。

 

 

あまりに大きな金額差が出るので正直少しビビってます。

「固定費を甘く見ていると、こんなにも大きな差になるのか・・」と思いました。

 

 

ちなみに、信用取引を使っての売買であればすぐに100回くらいの取引回数になります。

 

とくにデイトレードをする人は同じ資金を何回転もさせますから、2~3日で100回以上売買する人もザラにいると思います。

*デイトレーダーが手数料を無視していたら、利益が吹っ飛んでしまいます。

 

 

信用取引で得た利益であっても税金は差し引かれるので、「固定費」を安く抑えることはとても大切ですね。

 

 

それではこの記事の内容をまとめると次のようになります↓

 

信用取引だけを売買する時、

SMBC日興証券なら売買手数料が完全無料

・デイトレするなら松井証券 の「1日信用取引」を使うのもアリ

 

 

そして、信用取引手数料が積もれば大きな山となるため、あなたの取引スタイルに応じた証券会社を利用することはとても大切です。