「株式と社債って何が違うの?」

「どっちを買えば儲かるのだろう・・」

 

 

株式と社債は少し似ているので、どっちに投資すれば正解なのか迷うかもしれませんね。

 

 

しかし、実際に投資行動をとる前には株式と社債の違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

 

この記事では株式投資と社債投資の特徴から、メリット・デメリットについて解説していきます。

株式と社債の共通点

 

株式も社債も「企業の資金調達方法」という点では同じです。

 

企業が事業を行うためには多くのお金が必要なので、株式や社債を発行して投資家からお金を集めるのです。

 

しかし、株式投資と社債投資はその仕組みが違うため、次で説明するように様々な違いが出てくるのです。

 

 

株式と社債の違い

 

株式と社債とは何が違うのか?

 

株式を買った場合と社債を買った場合の大きな違いは次の点です。

 

株式と社債の違い

・株式を買った人は会社のオーナーになる

・社債を買った人は会社にお金を貸している

 

つまり、会社のオーナーになるための投資(株式)なのか、会社にお金を貸すための投資(社債)なのかが大きな違いになります。

*売買差益を狙って株を買う人も多いです。

 

そして、そもそもの目的が違うため、投資家がとるリスクやリターンにも違いが出てくるのです。

 

 

株を買った人

株を買った人は会社のオーナーになりますから、経営に口出しできる立場になります。

 

定期的に開かれる株主総会で発言力を持つようになるのです。

*発言力の強さは持っている株数に比例する

 

会社が儲かればその分多くの配当をもらえますし、株価が上がれば資産は増えていきます。

 

しかし、業績が悪化すれば配当金0円となることもありますし、株価が下がれば資産は目減りしていきます。

 

 

社債を買った人

「社債を買う」とは「会社にお金を貸す」ということです。

 

社債を買った人は会社にお金を貸しているだけですから、経営に口出しすることはできません。

*会社のオーナーではないため

 

 

しかし、会社が赤字でも利息がもらえますし、元本も返ってきます。

 

ただし、会社の業績が良くても利息は一定金額であり資産が増えていくこともありません。

 

 

株と社債の違いまとめ

 

・株式を買うとは会社のオーナーになること

・社債を買うとは会社にお金を貸すこと

 

・株を買うと会社の経営に口出しできる

・社債を買っても会社の経営には口出しできない

 

・株で得られる利益は会社の業績に関係している

・社債で得られる利益は会社の業績とは関係ない

 

・株式は(社債に比べて)ハイリスクハイリターンな投資

・社債は(株式に比べて)ローリスクローリターンな投資

 

 

株式投資と社債投資の目的、メリット・デメリットは理解できたでしょうか?

 

ちなみに、株式投資は社債投資よりもハイリスクではありますが、強力な手法を身に付ければ勝ち組に入ることは難しくありません。

 

 

もしあなたが株式投資の初心者であれば、株で儲ける方法の全体像から確認しましょう↓

株式投資の始め方!成功者に学ぶ正しい資産作りの極意を5Stepで解説

 

 

そして具体的な投資戦略は次のページにまとめてあります↓

③株式投資で資産作り