「現物株だけを売買したい!」

「安心・安全な現物株の売買だけをして配当金生活がしたい!」

 

このように思っている方もいると思います。

 

 

現物株への投資であれば投資額以上の損失が出ることがないので、リスク管理もしやすく、最も安全な取引スタイルといえます。

 

 

では、現物株の売買をする場合、手数料がお得な証券会社はどこなのでしょうか?

 

 

主要ネット証券の取引手数料を表にしてみました↓

 

 

10万円まで

20万円まで

30万円まで

50万円まで

100万円まで

SBI証券

90円

105円

250円

250円

487円

GMOクリック証券

95円

105円

260円

260円

470円

マネックス証券

100円

180円

250円

450円

1,000円

松井証券

無料

300円

300円

500円

1,000円

楽天証券

90円

105円

250円

250円

487円

ライブスター証券

80円

97円

180円

180円

340円

カブドットコム証券

90円

180円

250円

250円

990円

*松井証券のみ手数料体系が特殊なため、1日の約定代金合計額を表示しています

 

 

ちなみに、SBI証券には10万円以下の取引手数料が無料になる「アクティブプラン」もあります。

*SBI証券には2種類の手数料体系がある

出所:SBI証券

*20万円以上の取引になると、「アクティブプラン」より「スタンダードプラン(上表の手数料体系)」の方がお得になります。

 

 

このように見てみると、現物株だけで取引をする場合には次のことが分かります。

 

・10万円以下の場合はSBI証券松井証券 が1番お得

・10万円以上の場合はライブスター証券 が1番お得

 

 

ちなみに、100万円の現物取引をする場合では、

最も手数料が安いライブスター証券(340円)と、

最も手数料が高いマネックス証券・松井証券(1,000円)では

手数料に3倍近い差があることが分かります。

 

 

その差、なんと660円!

 

 

660円の差を甘く見ているとどのようなことになるのか試算してみると、次のようになります↓

 

1回取引をするだけで660円も差がつくので、

2回取引をすると1,320円

3回取引をすると1,980円

4回取引をすると2,640円

5回取引をすると3,300円

6回取引をすると3,960円

7回取引をすると4,620円

8回取引をすると5,280円

9回取引をすると5,940円

10回取引をすると6,600円

100回取引をすると66,000円もの差が出るのです。

 

 

「てか、100回も取引しないでしょ?」と思うかもしれませんが、

実はそんなこともありませんよ。

 

 

株の買い時(エントリーチャンス)が分かるようになると頻繁に売買を繰り返すことになります。

 

 

たとえば市場が混乱状態にある時は大きな利益を上げるチャンスが何度も訪れます。

 

その理由は株価が意味のない上下動を繰り返す場面が何度もあるからです↓

*投資戦略については「③株式投資で資産作り」で解説しています。

 

 

このような場面では、買い→売りを短い間隔で何度も繰り返すことになるので手数料にも大きな差が出てきます。

 

 

投資で勝つためには資金を分割する「分割売買」が基本ですから、この1銘柄だけで10回~20回は売買することも十分ありえます。

*赤枠で囲まれた期間の売買合計

 

そんな時に手数料を甘く見ていたら、知らないうちにじわじわと利益が減ってしまうことになります。

ただでさえ利益からは税金を差し引かれるので、手数料のような「固定費」にはシビアになることをおすすめします。

 

 

それでは最後にこの記事の内容をまとめておきます↓

 

現物株だけを売買する時、

・10万円以下の売買はSBI証券松井証券 が1番お得

・10万円以上の場合はライブスター証券 が1番お得

 

 

そして、手数料も積もれば山となるため、あなたの取引スタイルに応じた証券会社を利用することはとても大切です。