この世界には頑なにクレジットカードを嫌う「現金族」という人種がいます。

・彼らはなぜクレカを嫌うのか?

・なぜ現金払いを続けるのか?

この記事では現代社会のキャッシュレス化の流れに逆行する現金族に関する調査結果について考えたいと思います。

実際の調査結果

それではこれから「現金族」に関する調査を始めたいと思います。

まずはジャパンネット銀行の調査結果を見てみましょう。

出所:ショッピングでの支払いに関する意識調査を実施

調査結果によると、現金族はクレカを使わない理由として主に次の3つを主張しているようです。

クレジットカード反対の理由

①使いすぎの心配

②セキュリティーリスク

③審査が不安

一見もっともらしいように思えますが、冷静になって考えると疑問が出てきます。

 

①使いすぎの心配

現金でも使う人は使うのでは?

逆にクレカになったら支出が数字で明確に把握できるので、しっかり金銭管理できるのだが・・

 

②セキュリティーリスク

セキュリティーなんてあってないようなものでは?

大手企業から個人情報がバンバン流出していることは知っているはずだが・・

ちなみに、クレカには盗難保険が付いていて不正利用された時の負担は免除されます。

*適切に申請した場合

 

③審査が不安

どういうことだろう?

落ちたらどうしようってことかな?

女の子に振られたらどうしようってことと同じ感覚なのかな・・?

ちょっと理解ができません・・

 

現金族の主張考察

以上のように現金族の主張を考えてみても、合理的だとは思えませんよね?

それもそのはず。

実は、基本的に「理由」とは何でもよいのです。

*理由は後付けであることは株式投資をしたことがあれば分かるはず。

 

・何かをしたいからAという理由を付ける

・何かをしたくないからBという理由を付ける

 

行動が先にあり、理由は後付け

感情が先にあり、理由は後付け

 

これが世の常なのです。

それでは、実際になぜ現金族はクレカを使わないのか?

その理由を考察してみましょう。

 

現金族がクレカを嫌う真の理由?

私が立てた仮説によると、現金族がクレカを使わない理由は次の3つです。

現金払いを続ける理由

①慣性の法則

②変化への不安(痛みの回避)

③メリットを感じない(快楽不足)

なぜこのように考えたのか?

その理由を説明します。

 

①慣性の法則

ここでいう「慣性の法則」とは「慣れている行動を続ける」ということです。

人間はラクをするようにできているため、変化することを嫌う性質をもっています。

現金族における慣性の法則とは、「物心ついた時から現金払いだったから、そのスタイルを続けている」というものです。

慣れていることを続けるのは楽ですから現金族は現金を使い続けるというものです。

 

②変化への不安(痛みの回避)

また、人は痛みを避ける性質をもっているため、変化にともなう不安を避ける目的で現金を使い続けているというものです。

クレジットカードという未知の物体を財布に入れてお金のやりとりをすることに不安があるのでしょう。

現金と商品を物々交換する従来の方法を放棄して、お金を電子化することを避けているものと考察できます。

 

③メリットを感じない(快楽不足)

そして、人は快楽を求めて行動する性質を持っています。

・楽しいこと

・うれしいこと

・気持ちいいこと

人は快楽というメリットがあれば恐るべき行動力を発揮します。

しかし、現金族はクレジットカードを使うメリットをあまり実感できていないものと思われます。

窓際係長窓際係長

クレカは便利ですよね。

兵士長兵士長

使ってみないと分からないだろうな。

「クレカを使って何かいいことあるの?」

おそらくこのような感覚でいるのでしょう。

そして、メリットがないと人は動きませんから現金族は現金払いを続けているというわけですね。

 

以上、私が提唱している3つの仮説をまとめると次のようになります。

 

現金族がクレカを使わない理由まとめ

【慣性の法則】

人はラクをするようにできており、同じことを続けることは人にとってラクな行動。

【痛みの回避】

人は痛みを避け、快楽を求めるように行動する性質を持っている。

これまで現金を使い続けていた現金族はこれまで通り現金を使い続けるのがラク。

そして、何が起きるか分からない未開の地(クレカ)に足を踏み入れるのは不安(痛み)なので行動しない。

【快楽不足】

クレカを使うメリットが実感できないので、わざわざ痛みを伴ってまで行動パターンを変える気はない。

この仮説が正しいかどうかを検証する術はありませんが、人のもつ性質&行動パターンを知れば納得できるものと思われます。

ちなみに、クレカの仕組みがよく分からない場合は次の記事を参照してみましょう↓

初めてクレジットカードを作る人は知っておくべき!クレカで失敗しないための全知識

そして、クレジットカード払いをするメリットが今一つ分からない場合は次の記事が参考になりますよ。