「投資するなら株?不動産?」

「どっちが安全に稼げるの?」

株と不動産はどちらも投資対象になっている「資産」です。

JKミカJKミカ

どっちも稼げそうね?

兵士長兵士長

適当に選ぶとキケンだぞ。

どちらも同じように感じるかもしれませんが、両者には決定的な違いがあります。

そこで、この記事では「投資初心者がはじめにすべき投資対象(株or不動産)とその理由」を説明します。

初心者が選ぶべき投資とは?

まず結論からいうと、資産作りの土壌として最適な場所が「株式相場」

つまり、不動産よりも「株」の方が安全で確実性が高いといえます。

JKミカJKミカ

どうして株式投資で資産を作るの?

兵士長兵士長

相場には投資初心者に最高の環境が整っている。

では、なぜ資産作りに株式投資が最適なのか?

その理由は次の3つに集約されます。

株式相場で資産を育てる3つの理由

①少額の資金で開始できる

②リスクコントロールが簡単

③ネット上で完結するので手間いらず

JKミカJKミカ

どういう意味?

兵士長兵士長

これから説明していくぞ。

①少額の資金で開始できる

資産作りに最も大切なのは、正しい知識に加え「あなたの投資家としての経験値」です。

資産作りは運まかせのギャンブルゲームとは違うため、「投資家自身の成長」が必要です。

AボーイAボーイ

投資経験を積めってこと?

兵士長兵士長

そう!相場というフィールドに出てレベル上げをするんだ。

あなた自身が成長するためにはある程度の時間がかかります。

*すぐに大金を手にできるのはギャンブルの特徴ですが、そのお金はいずれ消えてしまいます。

したがって、本当に資産形成を目指すのであれば今すぐにでも経験を積むべきなのです。

ただこの時に問題なのが、投資資金が少ないこと。

元手がなければ経験を積むことができず、いつまで経っても経験値0のままです。

AボーイAボーイ

たしかに経験を積まないと成長しないよね。

兵士長兵士長

実際にお金を扱う訓練が必要だ。

しかし、株式投資ならこの状況を簡単に打開することができます。

証券口座を開設して少額の資金を投入すれば準備はOKです。

兵士長兵士長

大金を持っていても少額から始める方が良いぞ。

後は当サイトで紹介している方法に従って取引すれば、すぐにでも経験を積めます。

不動産その他の投資に比べ、少額の資金で素早く開始できることが株式投資のメリットです。

そして、たとえ少額でも実際に株式を保有することであなたの意識は確実に変わります。

株の勉強を始めると同時に、相場での出来事も他人事ではなく、「あなた自身のこと」として経験できます。

つまり、まずは株式相場に関わり、たとえ少額の資金量でもあなたが「投資家」となることが大切なのです。

JKミカJKミカ

つまり、まずは実践経験を積めってことね?

兵士長兵士長

そういうことだ!株式投資は運だけで勝ち続けることはできないからな。

 

②リスクコントロールが簡単

投資をギャンブルと勘違いしている人は多いですが、投資やビジネスとは「どれだけ儲かるか?」ではなく、「どれだけのリスクをとるか?」が大切です。

つまり、投資の本質はリスクをコントロールするところにあります。

兵士長兵士長

強い投資家はリスクコントロールがとても上手いぞ。

不動産投資は始めるのに大きな資金が必要であることに加え、リスクのコントロールが難しいことがネックです。

不動産投資のデメリット

・大金が必要

・リスクコントロールが困難

フルローンを組んで不動産投資をする人がいますが、これはあまりに危険な賭けと言っても過言ではありません。

それは投資の本質であるリスクがコントロールできない状態を自ら作り出す行為だからです。

ローンとは借金であり、購入した不動産が空室その他のリスクに直面し、キャッシュフローがショートしてしまうとゲームオーバーになります。

実際にこのような事態に直面する人もいますが、それは投資の本質であるリスクコントロールができていなかったからです。

AボーイAボーイ

レバレッジの掛け過ぎってやつだよね?

兵士長兵士長

上手くいかなかった場合(リスク)を考えることが大切だ。

対する株式投資にも当然リスクはあります。

資産構築に特化した投資手法を用いればほぼ絶対に勝てますが、投資先企業に倒産orそれに準ずる自体が発生すればアウトです。

JKミカJKミカ

投資先の企業が潰れたら借金になってしまうの?

兵士長兵士長

余力内の投資であればその心配はない。

経営基盤の安定した超大型企業の倒産確率はほぼ0ですが、「万が一」が発生した場合でも株式投資は有限責任という特徴をもっています。

AボーイAボーイ

有限責任って何?

兵士長兵士長

損するのは投資した額までってことだ。

余剰資金による投資でリスク量をコントロールすれば借金になる心配もありません。

*借金は複利がマイナスに作用する「負債」の代表格

不動産経営で取るリスクに比べてリスクがコントロールしやすいことに加え、株式投資にはほぼ絶対に勝てる手法が存在します。

しかし、ほとんどの人はこの手法の存在を知らず、「何となく」投資しているのが現状です。

兵士長兵士長

繰り返すが、投資は運だけで勝ち続けることはできないぞ。

多くの人は投資の目的も定まらないまま相場に資金を投げ込んで、ギャンブルゲームをしている状態にあるのです。

さらには損切りは良いことだと勘違いしているばかりか、感情の虜になって支離滅裂な投資行動を取っています。

*投資目的&投資戦略が不明瞭な状態では何がしたいのか分からないような行動になってしまいます。

兵士長兵士長

ギャンブルの勝敗を握っているのは「運」だ。

「資産作りvsギャンブルゲーム」ではそもそもやっていることが違います。

これは言ってみれば、株式相場という同じフィールドで違うゲーム(堅実な資産運用vs運任せのギャンブルゲーム)を行っている状態です。

ギャンブルゲーマーを相手に資産作りができることは株式投資の大きな魅力です。

 

③ネット上で完結するので手間いらず

投資初心者の中には、「本業が忙しくてあまり時間がない!」という人もいるでしょう。

不動産投資なら、経営方法の学習時間に加え、実際に物件を見に行く時間も必要になります。

高い手数料を要する手続きもあり、キャッシュフローについての知識も必要になります。

しかし、株式投資であれば面倒な手続きはほとんどなく、全てをネット上で完結できます。

*ネット証券は手数料も安い

時間や場所を制限されることなく資産作りできることも株式投資の魅力です。

 

まとめ

以上、株式相場で資産作りを行う理由をまとめると次の3点です。

株が良い理由

①少額の資金で開始できる

②リスクコントロールが簡単

③ネット上で完結するので手間いらず

JKミカJKミカ

なるほど、そういうことね!

兵士長兵士長

理解できたようだな。

このような理由から、初心者が資産作りを開始するのであれば株式投資が最適といえます。

ちなみにあの天才投資家であるcisさんもその著書の中で「不動産投資は罰ゲーム」といっています。

やはり面倒な手続きが多い割に稼げず、リスクが大きいことが理由のようですね。