仮想通貨取引所のコインチェックがハッキングを受け、約580億円分のNEM(XEM)が流出した事件がありました。

結果、盗まれた人は補償してもらえたようですが、これは決して他人事ではありません。

この記事では仮想通貨を安全に保管する方法について説明します。

仮想通貨は預けていても自己責任

株や銀行預金と違い、仮想通貨は取引所から盗まれた場合も自己責任です。

 

・買って預けたら安心:×

・買った後も自己責任:〇

 

銀行感覚で預けっ放しにした仮想通貨が流出しても誰も保証してくれません。

*取引所によっては一部保証制度あり

JKミカJKミカ

でも取引所って安全なんでしょ?

兵士長兵士長

それは甘い考えだな。

 

取引所に仮想通貨を預けるリスク

多くの人が勘違いしていますが、取引所は決して安全な場所ではありません。

それどころか、多くの資金が集まっている取引所は常にハッキングの脅威にさられています。

セキュリティーが突破されたらあなたの大切な資金は簡単に流出してしまうのです。

 

GMOコインは安全性バツグンの取引所

どうしても取引所に預けておきたい場合は「GMOコイン」がおすすめです。

GMOコインはGMOインターネットグループが運営しており、万全のセキュリティー対策がなされているからです。

GMOコインのメリット

・コールドウォレットで保管

・サイバー攻撃への対策

JKミカJKミカ

コールドウォレットって何?

兵士長兵士長

ハッキングできないように、仮想通貨をオフラインで保管する方法だ。

GMOコインへの登録方法は以下記事参照。

 

絶対にハッキングされないハードウェアウォレットとは?

絶対にハッキングされないように、自分で仮想通貨を保管する方法が「ハードウェアウォレット」です。

ハードウェアウォレットにも種類がありますが、Ledger Nano Sがおすすめです。

USBメモリに似ていますが、これは仮想通貨を保管するための「財布」です。

とくに保有量が多い仮想通貨はこの財布に入れて、自宅や金庫に保管するのが一般的です。

また、なくしてしまった時のために2つ購入してデータをバックアップしておくとより安全です。

購入するのであれば2本セットがオススメです。

 

まとめ

キャッシュレス社会が到来してますます自己責任が重要になってきます。

 

・銀行≠仮想通貨取引所

 

このことをしっかり認識して、あなたの大切な資産を守りましょう。