「商品が全く売れない・・。」

「ちゃんと読まれてるのかな?」

 

アフィリエイトしている商品が売れないことには必ず原因があります。

 

・まだアクセスがない

 

これならすぐに分かります。

JKミカJKミカ

アクセスがないなら売れなくて当然だもんね。

兵士長兵士長

これなら誰でも理解できるだろう。

アクセスを集める方法は、検索キーワードをしっかり意識して「ユーザーに役立つ記事」を書いていくことです。

 

しかし、問題なのは

 

・アクセスはあるのに売れない

 

このパターンです。

 

この状態は何が原因なのか気付きにくく、行動を変えにくいという弊害があります。

JKミカJKミカ

お客さんはいるのに売れないってことだよね?

兵士長兵士長

このパターンなら、何かやらかしている可能性が高いぞ。

この記事では「アクセスがあるのに売れない原因」について説明します。

売れない広告を選んでいる

アフィリエイト広告にはアタリとハズレがあります。

・アタリ:成約しやすい

・ハズレ:全く売れない

「どんな広告でもちゃんと文章を書けば売れるのでは?」と考えがちですが、実は全くの逆。

 

売れない広告はどんなに頑張っても絶対に売れません。

JKミカJKミカ

文章が上手な人が記事を書いてもダメなの?

兵士長兵士長

売れない広告にはもっと根源的な問題があるんだ。

トップアフィリエイターがガチンコで記事を書いても売れないものは売れません。

 

なので、あなたがすべき最も現実的な対策はただ1つ。

 

・売れない広告とは関わらないこと

 

これに尽きます。

 

そうではなく、

売れるものを売る」

 

これがアフィリエイトの基本です。

JKミカJKミカ

どうすれば「売れる広告」って分かるの?

兵士長兵士長

明確なデータがあるぞ。

売れる広告かどうかは「EPC」と「確定率(承認率)」を見ます。

これらの数値は各ASPが持っている極秘データであり、最も確実性が高い広告選別方法です。

 

ただ、A8.netではゴールド会員以上にならないと見ることができないのでそれまでは勘になります。

*インフォトップでは最初から見れます。

 

 

広告属性が合ってない

売れる広告に「濃い見込み客」からのアクセスを流せば、すぐに成約が取れます。

JKミカJKミカ

「濃い見込み客」って?

兵士長兵士長

「商品を買う意欲が高い」ってことだ。

例えば、ダイエットサプリを買う気満々の人は「ダイエットサプリ おすすめ」と検索します。

 

しかし、「ダイエット ジム」と検索してきた人にサプリは売れません。

*たまたま売れるかも?と偶然を狙うのはやめた方がいいです。

 

このように、一見似ているようでも「属性が異なるアクセス」からは成約が取れません。

 

まあ、これくらいの差ならまだましなのですが、中には全く違う属性のアクセスにアフィリエイトしていることがあるので注意が必要です。

*実際にやってみたら分かりますが、ほぼ絶対に売れません。

 

 

文章構成が意味不明

成約を取るための条件は上で説明した2点が基本です。

 

・売れる広告

・属性の合ったアクセス

 

これが出来ていれば、文章は最低限の情報でも成約が取れます。

JKミカJKミカ

文章は適当でもイイの?

兵士長兵士長

普通レベルの文章が書ければOKだ。

もちろん素晴らしい文章が書けるに越したことはありませんが、最低限の情報が伝われば成約は取れます。

 

しかし、あまりに文章構成がチグハグだと読者が混乱してしまいます。

 

「何が書いてあるのか意味不明だぞ・・。」

 

怪奇文章は読者にマイナスの影響を与えてしまいます。

 

・不信感

・警戒感

・読む気のダウン

 

このような事態を防ぐため、検索ユーザーにとって分かりやすい文章構造を心掛けましょう。

 

 

売込みが強い

人は売り込まれることが嫌いです。

 

・売り込みすぎ

・バナーの貼り過ぎ

 

こういったことをするとユーザーの購買意欲が低下します。

 

あなたがすべきことは商品を買わせることではなく、「ユーザーの問題を解決すること」です。

 

・売り込む:×

・解決策の提示:〇

 

商品はユーザーが悩みの解決に必要だと判断すれば勝手に買っていきます。

*売り込む必要はなく、紹介しておけばOKです!

 

本格的なセールスレターを書くのであれば「コピーライティング」を学んだ方が成約率は上がります。

*私はThe Million Writingという教材でコピーライティングを学びました(コスパ最高)↓

しかし、もともと「強い広告」に「属性の合ったアクセス」を流せば普通に成約できます。

 

まずは難しいことは考えず、「売り込まない事」を意識してみましょう。

 

 

成約からの距離が遠いアクセス

成約からの距離とは「アクセスの質」を考えるということ。

 

たとえば、「ダイエット サプリ おすすめ」と検索してきた人はすでにダイエットサプリを探しています。

この場合は、いきなりサプリランキングをぶつけていけば成約します。

 

しかし、「ダイエット 方法 おすすめ」と検索してきた人にいきなりサプリランキングをぶつけてはダメです。

 

なぜなら、この人は「ダイエットの方法」を探しているから。

JKミカJKミカ

ダイエットの方法はサプリだけじゃないもんね。

兵士長兵士長

この場合はいきなりサプリを紹介してもムダだ。

ダイエットの方法を探している人にサプリを紹介するのであれば、成約までには段階が必要です。

 

Step1.ダイエットの方法を色々紹介

Step2.その中でもサプリがおすすめである理由を説明

Step3.サプリランキング

 

このような順序を踏むことが必要です。

 

成約までの距離が遠いアクセスに対しては商品が売れにくいので、もっと直接的なキーワードを探しましょう。

 

 

まとめ

アフィリエイトしている商品が成約しないことには必ず原因があります。

成約しない理由

・売れない広告を選んでいる

・広告属性が合ってない

・文章構成が意味不明

・売込みが強い

・成約からの距離が遠いアクセス

新卒OL新卒OL

どれが原因でしょう?

兵士長兵士長

1つずつ見直してみよう。

 

つまり、アフィリで大切なことは

 

・売れる広告を選ぶ

・キーワードでターゲットを絞る

・役立つ情報を分かりやすく書く

 

この3つができれば最低限の成約は取れます。

 

要点が理解できれば成約への距離が近づくでしょう。