「ふるさと納税って何?」

「お得なサービスらしいけど、どうやって使うの?」

ふるさと納税がお得なサービスなのは知ってるけど、面倒だから使ってないってことはありませんか?

ふるさと納税は得しかないサービスなので使わないと大損です。

この記事ではふるさと納税の仕組みから使い方まで分かりやすく説明しているので3分もあれば理解できると思いますよ。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは?

まず、ふるさと納税とは日本の各市町村に寄付するとお礼がもらえる制度のことです。

*寄付=納税のこと

【ふるさと納税の例】

・北海道根室市に1万円寄付する

→天然貝柱1.1kgがもらえる

・秋田県大館市に1万円寄付する

→あきたこまち10kgがもらえる

・佐賀県唐津市に1万円寄付する

→特上ハンバーグが10個もらえる

「寄付」といってもタダでお金をあげるわけではなく、「税金対策の一環として納税する」って意味ですよ。

つまり、普通に納税すると何ももらえませんが、ふるさと納税で納税すると返礼品がもらえるのです。

*返礼品=寄付した市町村の特産品

どうでしょう?

活用しない手はありませんよね。

 

自己負担額は2,000円のみ

「でも1万円寄付して米10kgって割に合うの?」と思うかもしれませんね。

しかし、ふるさと納税で寄付したお金の自己負担額は2,000円のみです。

・全額自己負担:×

・自己負担額は2,000円のみ:〇

年間に米、牛肉、貝柱など多くの返礼品をもらっても、自己負担額は2,000円なのです。

つまり、「ふるさと納税=2,000円の自己負担で様々な返礼品がもらえるお得な納税スタイル」といえます。

 

寄付可能な上限金額アリ

「それなら市町村に寄付しまくって返礼品をもらいまくればいいじゃん!」と思うかもしれません。

でも、ふるさと納税には寄付可能な上限金額が設定されており、上限金額を超えた分は全額自己負担になってしまいます。

*上限金額は年収等によって決まる

【10万円が上限金額の場合】

・10万円までの寄付

→自己負担2,000円のみ

・10万円を超える寄付

→自己負担2,000円+超過額

*いずれも所得税+住民税9万8千円減額

なので、ふるさと納税を使う場合は事前に「納税可能な上限金額」を調べる必要があります。

 

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税の基本が理解できたら次は具体的な作業手順について説明します。

ふるさと納税は次の5Stepで簡単にできます。

ふるさと納税の5Step

Step1.納税可能額を調べる

Step2.好きな返礼品を選ぶ

Step3.自治体に寄付をする

Step4.返礼品が届く

Step5.納税分の税金を減額してもらう

 

Step1.納税可能額を調べる

上限可能額を超えて寄付したら損するので、まずは自分の納税可能金額(上限金額)を調べましょう。

次のサイトを使えばあなたの納税可能額が簡単に分かりますよ。

ふるさと納税サイト|さとふる

 

納税可能額は年収ベースで決まっています。

・年収300万:約3万円

・年収500万:約5万円

・年収1000万:約10万円

*家族構成等によっても決まります。

年収が高い人は納税可能額も多い一方で、年収が少ないとふるさと納税制度自体が使えない状況です。

 

【余裕を持たせることが大切!】

冒頭でもお伝えしたように、ふるさと納税では上限を超えた寄付金は自腹になってしまいます。

なので、納税可能上限ギリギリまで寄付するのではなく余裕を持たせておくことをおすすめします。

・上限ギリギリまで寄付:キケン

・上限から余裕を持たせる:安全

余った枠がもったいない気がするかもしれませんが、リスクをとるよりマシだと思います。

*税金に詳しい場合は攻めてみるのもアリですが

 

Step2.好きな返礼品を選ぶ

自分の納税可能額が分かったら次は好きな返礼品を選ぶ段階です。

食品から家電製品まで何でもそろっているので、どんな物がもらえるのか?を確認してみましょう。

ふるさと納税サイト|さとふる

 

「さとふる」では1万円の寄付でもうれしい返礼品がそろっています。

・黒毛和牛2.2kg

・マスカット

・うなぎの蒲焼

・お米

・ビール

ちょっとスマホをポチポチするだけでお得な返礼品がもらえるので、たとえ納税可能額が少なくてもふるさと納税はオススメです。

一時期は返礼品合戦が過熱していましたが、最近はちょっと落ち着いてきた感じですね。

 

Step3.自治体に寄付をする

ほしい返礼品が決まったらいよいよ納税していきます。

現在はふるさと納税サイトでスマホorPCをポチポチするだけで簡単に手続きできます。

ふるさと納税サイト|さとふる

 

【カードで払うと実質無料】

納税にはクレジットカードが使えるので、ポイントも獲得できます。

 

・銀行振込:手数料を取られる

・郵便振替:手数料を取られる

・クレジットカード:ポイントがもらえる

 

銀行振込や郵便振替では損するので、支払いにはクレジットカードがおすすめです。

例えば楽天カードで20万円納税すれば2000ポイントもらえるので、ふるさと納税の自己負担分の2,000円を実質無料にできますよ。

 

【納税期限が近い場合はクレカ払い一択】

ふるさと納税の納税期限は各年度の12月31日までです。

タイミング的にギリギリであれば銀行振込や郵便振替では間に合いません。

一瞬で納税できるクレジットカード払いを使うことになります。

 

Step4.返礼品が届く

納税まで完了したら、後は返礼品が送られてくるので放置しておけばOKです。

どれくらいの期間で届くのか?は選んだ返礼品次第です。

*注文時に「発送時期」を確認しておきましょう

また、Amazonのように配達日を指定することはできないので、出張等で長期間留守にする場合などは自治体と相談することをおすすめします。

 

【発送先を変更できる】

返礼品は自宅以外にも発送できます。

返礼品ごとに発送先を指定できるので、実家にコメを送るor友人にビールを送ったりできます。

 

Step5.税金を減額してもらう

最後は納税した分だけ税金を減額してもらう作業です。

税金を減額してもらう方法は2つあります。

・確定申告する

・ワンストップ特例制度

*確定申告が面倒な場合は「ワンストップ特例制度」を使うと簡単です。

 

・確定申告する場合

普段から確定申告している人は寄付した自治体から「寄付証明書(控除証明書)」が届くので、それを提出すればOKです。

寄付した自治体の数だけ寄付証明書が届くので、それをかき集めて「ふるさと納税で○○円寄付しました」といえば税金を減額できます。

どれだけ多くの自治体に寄付したとしても、寄付金額の上限までであれば自己負担額は2,000円になります。

窓際係長窓際係長

私は確定申告したことがないのですが・・。

兵士長兵士長

それなら「ワンストップ特例制度」を使うと良いぞ。

確定申告に慣れていない人は次の「ワンストップ特例制度」を使うとラクですよ。

 

・ワンストップ特例制度の場合

ふるさと納税で寄付する市町村の数が5つ以下であればワンストップ特例制度が使えます。

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。

※6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

出所:さとふる

つまり、確定申告は(面倒なので)したくないけど、ふるさと納税制度は使いたい人に向けた制度です。

 

【ワンストップ特例制度の使い方】

ワンストップ特例制度を使うときには、寄付する度に手続きが必要です。

JKミカJKミカ

これはこれで面倒じゃない?

兵士長兵士長

慣れれば簡単だし、確定申告よりマシだぞ。

詳しい申請方法については次のページが参考になります↓

さとふる

ワンストップ特例制度の申請用紙に必要事項を記載して郵送すればOKです。

*ふるさと納税したい自治体が6つ以上の時は確定申告するしかありません。

以上がふるさと納税の仕組み&手順になります。

 

以下、誤解しやすい項目ごとに補足説明を行います。

 

よくある質問Q&A

Q:納税期限はいつまで?

各年度の納税期間は1月1日~12月31日までです。

・2019年のふるさと納税

→2019年1月1日~12月31日

・2020年のふるさと納税

→2020年1月1日~12月31日

・2021年のふるさと納税

→2021年1月1日~12月31日

このようになっており、納税可能額もその年の収入に応じて決まります。

年が明けるとその年度の納税枠は消えてしまい、新年度に繰り越すことはできませんのでご注意ください。

株式投資でいうところのNISA枠に似ていますが、ふるさと納税は得しかない制度なので使わない手はありません。

まだどの自治体にも寄付していない場合は当年度の12月31日までに手続きを完了しておきましょう。

 

Q:自分と全く関係ない自治体に寄付してもいいの?

「ふるさと納税は自分と関係ある自治体にしか寄付できないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

・自分と何らかの関係性が必要:×

・全く知らない自治体に寄付できる:〇

全国どの自治体でも寄付できるので、ほしい返礼品で選んでOKです。

ただし、現在住んでいる自治体(住民票登録のある自治体)へふるさと納税する時には注意が必要です。

税金の減額はありますが、一部の自治体では返礼品がもらえない可能性があるからです。

どうしても寄付したい場合には、現住所の自治体に問い合わせることをおすすめします。

 

Q:自己負担の2,000円は寄付する度に必要なの?

ふるさと納税の自己負担金2,000円は1年に1回だけです。

10個の自治体に寄付しても、100個の自治体に寄付しても自己負担金は2,000円だけなのでご安心ください。

・1つの自治体に寄付

→自己負担金は2,000円

・10個の自治体に寄付

→自己負担金は2,000円

・100個の自治体に寄付

→自己負担金は2,000円