第一次仮想通貨バブルが弾けて1年以上が経過しました。

「ビットコインは終わった。」

「根拠なき熱狂だったんだ。」

おそらく多くの人がこのように思っていることでしょう。

それを象徴するかのように、現在のビットコイン価格は40万円を切っています。

高値で掴んだ人は大きな含み損を抱えて絶望しているかもしれません。

JKミカJKミカ

もう上がらないんじゃないの?

兵士長兵士長

それはどうかな。

しかし、これはあくまで「投機対象」としての見方でしかなく、本当の意味で仮想通貨バブルが始まるのはこれからなのです。

この記事では、

・なぜ仮想通貨に投資すべきなのか?

・どの仮想通貨が狙い目なのか?

を説明します。

仮想通貨に投資すべき理由

仮想通貨が個人投資家にとってビッグな投資対象となる理由は次の3つです。

仮想通貨を狙う理由

・一撃100倍が狙える

・機関投資家の参入

・実需による価格上昇

 

一撃100倍が狙える

私はいつも「株ではコツコツ資産を作るべきだ」といっています。

その理由は、株式市場では一撃で100倍~200倍のリターンを得るのは困難だからです。

それどころか、大きな利益を狙って大きなリスクをとり、ほとんどの人は資金を溶かしてしまいます。

兵士長兵士長

株で財を成した人はコツコツ堅実な戦いを続けた人が多いぞ。

しかし、仮想通貨市場ではこの限りではなく、少ないリスクで大きなリターンが狙えます。

JKミカJKミカ

どうして?

兵士長兵士長

まだ未成熟な市場だからだ。

何百年もの歴史をもつ株式相場とは違い、仮想通貨は出来立てホヤホヤの市場です。

2017年には一時的な投機熱から暴騰が起きましたが、これは「ポコッ」と泡が出たくらいのこと。

仮想通貨が社会に普及していない現状、本格的な価格上昇は始まってもいません。

JKミカJKミカ

どうしてそう思うの?

兵士長兵士長

仮想通貨技術は革命レベルだからだ。

技術革新が起きる時は大富豪でいうところの「革命」を起こす最大のチャンスです。

これはかつてインターネットが普及し始めたときに似ています。

「ネットなんか詐欺だ」

「日本人みたいに警戒心の強い民族がネット上でクレカ決済なんかするはずがない」

当時はこのようにいわれていました。

しかし、世論ほど当てにならないものはないことは現状を見れば明らかです。

・ネット通販は当たり前

・スマホでゲームに課金

当時いち早くネット市場に参入した人は大富豪になっていますよね?

「志高く」で有名な孫正義さん

楽天グループの三木谷さん

兵士長兵士長

ネットバブルに乗った人たちだ。

まだまだ仮想通貨を持っている人は少ない今が参入のチャンスでしょう。

 

機関投資家の参入

投資を考える上で忘れてはならない存在は「巨人」です。

*巨人=機関投資家

2017年はあれほど盛り上がった仮想通貨市場ですが、実はまだ市場に巨人は参加していません。

なので、次のチャートに巨人はあまり関与していないのです。

JKミカJKミカ

どうして分かるの?

兵士長兵士長

奴らは色々な縛りがあるからな。

巨人は個人とは違うため、「何だか儲かりそうだから・・」みたいな理由で顧客の資金を動かすことはできません。

さらには巨人が参入できるようなインフラが整ってはいませんでした。

しかし、2017~2018年頃までに一通りの事件が起き、市場の浄化および巨人が求める水準のインフラが整備されてきました。

これから社会に普及することが予想される仮想通貨市場に巨人のマネーが流れ込むことが予想できるのです。

 

実需によるリアルな価格上昇が見込める

インフラなき状態では「仮想通貨=投機対象」としか見られておらず、その有用性は無視されていました。

しかし、ブロックチェーンを含めた仮想通貨の技術は社会的にも非常に役立つ技術です。

*ネット上で価値のやり取りができるなど

2019年から2020年の東京オリンピックに向けて、仮想通貨は「実用性のある通貨」という見方がなされるでしょう。

実際に使えて便利なものを人間が手放すはずがないので、これからは「実需」が生まれるものと予想できるのです。

 

おすすめの仮想通貨

それでは具体的にどの仮想通貨に投資すれば良いのか?

ここでは私のおすすめコインをランキング形式で紹介します。

 

1位:リップル

現時点で最も破壊力を持っているのが「リップル」というコインです。

リップルは色々な面で他のコインとは違いますが、リップルについて語ると長くなるので簡単に理由を書いておきます。

・各国の銀行が参加している

・Google先生が出資している

リップルを使った送金プロジェクトは各国のメガバンクを巻き込んでもうすでにスタートしています。

値段も安いリップルは一撃100倍が狙える仮想通貨なのです。

 

2位:ビットコイン

堂々の第2位は仮想通貨のボス(基軸通貨)としての役割を果たすビットコインです。

圧倒的な知名度を誇り、一般にも普及しやすい仮想通貨は需要が高まる可能性大です。

他のコインより値段は高めですが、少しずつでも積み立てると良いでしょう。

 

3位:イーサリアム

時価総額も大きく、メジャーコインの1つであるイーサリアムは「スマートコントラクト」で有名です。

 

注意点①:誰も知らないような草コインには手を出さない方が無難

ICOも含めると仮想通貨は数千種類もあります。

この中から偶然「当たり」を引き当てて資金を1000倍にするのは結構なバクチになります。

また、誰が発行したか分からないようなコインは価値が0になる恐れも十分あります。

リップルやビットコインなどの知名度が高く、その地位を確立しているメジャーコインを選ぶべきでしょう。

 

注意点②:余剰資金で投資することが大切

仮想通貨は激アツ投資対象ですが、いつ上昇するのか?本当に上昇するのか?は定かではありません。

リスクを取り違えることのないよう注意が必要です。

 

おすすめの取引所

仮想通貨は取引所選びも重要です。

私は次の3点を重視しています。

【取引所選びのポイント】

・金融庁公認

・セキュリティーが強い

・使いやすさ

現状、イチオシは【GMOコイン】 です。

操作が簡単なことに加え、万全のセキュリティー対策がなされています。

*もちろん金融庁公認

私はGMOコインでリップルなどのチャンスコインを買い増しています。