長期投資の基本は「分散投資」です。

JKミカJKミカ

長期投資ではどうして資金を分散させるの?

兵士長兵士長

もちろん合理的な理由がある。

1つの銘柄への集中投資ではなく、資金を分散させることにはいくつかのメリットがあります。

分散投資のメリット

・壊滅的なダメージを避けられる

・投資メンタルへの影響

 

・壊滅的なダメージを避けられる

どんなに優良な企業でも「絶対」はありません。

モノカルチャー経済が不安定なように、集中投資は資産が大きなリスクにさらされている状態です。

ましてや長期投資はその状態が長期間続くので、いつかは何かを喰らう可能性が高まります。

危険な行動は一瞬たりとも取らないことが基本です。

 

・投資メンタルへの影響

資金を分散することで「損小利大」を実現しやすくなります。

これは資金を分割することで投資メンタルがうまく機能するからです。

 

例えば手持ちの資金を1つの銘柄に投入すると、その銘柄の上下動ばかりが気になり、結果として感情を動かされやすくなります。

・含み損が気になる

・利益を確保したくなる

このような状態になるのはよろしくありません。

JKミカJKミカ

典型的な負け組メンタルね。

兵士長兵士長

余裕がなくなると大抵負けるからな。

つまり、投資で勝つためには、

・「万が一」が起きても大丈夫

・感情が動かない(冷静な対応)

が必要不可欠なのです。

*実際に投資の勝ち組は驚くほど冷静に「理性で」行動しています。

 

以上のような理由から、「長期投資では分散投資」が基本なのです。

*逆に、分散投資のデメリットは資金を急増できないことくらいのものです。

この辺は人によると思いますが、私の経験上、資金の急増狙いは百害あって一利なしです。

長期投資ではポートフォリオを組んで、全体でプラスにもっていく感覚を身につけましょう。